映画board

映画『トランスフォーマー』最新作 『トランスフォーマー/ビースト覚醒』22年日本公開決定!

2007年、マイケル・ベイ監督、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮によって、記念すべき1作目が製作され、空前の大ヒットを叩き出した『トランスフォーマー』。その後、シリーズ化され、全6作品の世界累計興行収入は48億4700万ドル(約5331億円※1)を突破!パラマウント・ピクチャーズ作品史上の歴代世界興収ランキングでは1-3位とトップを独占する※2、まさにハリウッドを代表する、記録的大ヒット超大作となった本シリーズ。

その待望の最新作が4年ぶりとなる22年に公開が決定!そして、オリジナルタイトル『Transformers: Rise of the beasts』の発表に合わせて、同時に邦題タイトルも解禁となった。

今作で、シリーズ初めてタイトルに“ビースト”のワードがつき、シリーズファンに絶大なる人気を誇り、当時としては画期的な全編3DCGによるTVアニメーションとして大きな話題を呼んだ「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」(97-98)を想起させる。
果たして『トランスフォーマー』にビースト参戦なるか!?その全貌解明が待たれる。

本作では、シリーズ全作品のプロデューサーであるロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラが製作を行い、監督を担当するのは、『クリード 炎の宿敵』(18)のスティーブン・ケイブル・Jr。出演者には北米で大ヒット中『イン・ザ・ハイツ』(21)に主演していることでも話題のアンソニー・ラモスや、本年度アカデミー作品賞にノミネートされた『ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償』(21)で重要な役を演じたドミニク・フィッシュバックが発表されている。

この新たな幕開けで、シリーズの独創的なビジョンをどのように“トランスフォーム”させていくのか、続報に是非ご注目を!



※1 1ドル110円換算(2021年6月21日現在)
※2 2021年現在、1位『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』、2位『トランスフォーマー/ロストエイジ』、3位『トランスフォーマー/リベンジ』、北米および全世界配給を共に行った作品対象


「トランスフォーマー/ビースト覚醒」
日本公開:2022年

【2021年】おすすめ 恋愛映画 歴代ランキング TOP40 邦画・洋画

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

KanaKo

映画・海外ドラマライター 時にインタビューや記者会見といったイベントの取材も...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

shym-o

2021/10/24 09:54

見終わって

3

「空白」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/11/22 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ ミステリー・サスペンス アクション スパイダーマン:ホームカミング ドラマ ゴジラ キング・オブ・モンスターズ イラスト アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

Pick Upピックアップ