映画board

スパイ映画に革命をもたらした『ジェイソン・ボーン』シリーズを観るべき順番とは?

①『ボーン・アイデンティティ』(2002)

https://www.imdb.com/title/tt0258463/mediaviewer/rm3995080704/?ref_=tt_ov_i

何者かにより銃で撃たれ負傷した一人の男が、マルセイユ沖で打ち上げられる。
その後、目覚めた彼は自分の名前もわからず、何者であるかもわからない記憶喪失に陥っており、唯一の手がかりは皮膚の下に埋め込まれていたマイクロカプセルのみ。
そこにはスイスのチューリッヒ銀行の文字が記されており、男は自らの正体を求めて、スイスを目指す・・・。

その後のスパイ映画に多大な影響をもたらした、傑作スパイ・アクション第1作。
そもそもの物語の始まりが描かれます。
それまでアクション重視の作品が多かったスパイ映画というジャンルの中で、本作以降、それまでよりもリアリティに富んだドラマ性重視のスパイ映画が数多く製作されるようになりました。
「007」シリーズにおける「カジノ・ロワイヤル」以降の作品は本作を手本としていると言えて、その他の「スパイ」と名のつく作品はほとんどがこの映画に倣っている物が多いといえます。
そこまでの影響をもたらした作品として名高いのが本作です。
CIAの冷血なスパイが自らのアイデンティティを求め、葛藤する姿は、映画界に大きな功績を残したと言えるでしょう。

②『ボーン・スプレマシー』(2004)

https://www.imdb.com/title/tt0372183/mediaviewer/rm519504384/?ref_=tt_ov_i

「トレッドストーン計画」からの脱出に成功したジェイソン・ボーン(マット・デイモン)は、記憶が戻らず自分が何者かわからない日々を送りながらも、愛するマリー(フランカ・ポテンテ)とインドで平穏な暮らしをしていた。
ところが、謎の暗殺者に命を狙われ、マリーが死んでしまう・・・。

前作『ボーン・アイデンティティ』は、リアリティ且つドラマ性に富んだ内容で、好評を博し、一気にスター映画シリーズへとのし上がりました。
そういった革新的な作品の続編というのは、大抵失敗に終わることが多いのですが、本作には、そのような心配は無用。
ちなみに''スプレマシー''とは、「主権」という意味があり、ここからはボーンが主導権を握るという意味が込められているように思います。
前作よりも緊張感とスピード感のある展開を魅せており、書類の確認や登場人物たちが調べ物をしている場面でさえも、スラスラと進んで行き、全く飽きさせません。中だるみする場面が一切ないのです。
また、政府の陰謀説や秘密論を炙り出すかのごとく展開されるストーリーは、より説得力があり、ドラマ性にも富んでいます。

オススメ映画を動画や記事でご紹介!【オススメ映画特集】
次のページ : シリーズ3作目と4作目はどちらから見てもOK!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  7枚

Writer info

かげろうお銀

その昔、女優として幾つかの舞台に立ち、ニューヨークで演技講師をしていました。現在...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/9/13 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

かわいい 洋画 邦画 スパイダーマン:ホームカミング ミステリー・サスペンス おすすめ映画まとめ ゴジラ キング・オブ・モンスターズ アクション アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー ドラマ

Pick Upピックアップ