映画board

【地上波洋画劇場】アメコミ映画の礎を築いた先駆者的作品『バットマン』(1989)

【地上波洋画劇場】とは、地上波洋画放送全盛の時代とは異なり、いまやTVで映画を楽しむ機会が減ってしまった全日本人にもう一度、映画の楽しさを再発見してもらいたい一心で始まった企画である。
ここでは、「午後のロードショー」や「金曜ロードSHOW!」、「土曜プレミアム」などで放送が予定されている作品の見どころや鑑賞の際のポイントを紹介していく。

今宵の【地上波洋画劇場】で取り上げる作品は、「午後のロードショー」にて2021年6月15日に放送予定となっている、1989年公開の映画『バットマン』。

アメコミの老舗DCコミックスが誇る「バットマン」とは?

アメコミ界の老舗ブランドDCコミックスを代表する「バットマン」は、1939年に、ボブ・ケインとビル・フィンガーの手によって生み出され、ディテクティブ・コミックスの1939年5月号にてデビューを飾った。

Batman Vol.1

https://dc.fandom.com/wiki/Batman_Vol_1

1940年には単独作品『バットマン』が発刊され、今なお愛され続けるシリーズがスタート。
デビュー当初はシリアス傾向の作品であったが、しばらくしてコメディ路線へと路線変更、さらにその後はシリアス路線に戻るなど、幾度となく雰囲気を変え、ファンに新鮮味を与えてきた。

1966年には『怪鳥人間バットマン』としてTVシリーズ化もされ、コミックスを読まない視聴者からの支持も集め、1986年には鬼才フランク・ミラーが手掛けた『バットマン:ダークナイト・リターンズ』で、その人気は最高潮に達した。
実写映画としては、1989年にティム・バートン監督による映画『バットマン』が公開され、『バットマン リターンズ』(1992)、『バットマン フォーエヴァー』(1995)、『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』(1997)と2、3年のスパンで新作映画が続々と公開。
一時の休息期間を経て、2005年からはクリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト・トリロジー』が公開となり、その時代その時代で、アメコミ映画の在り方を変える役割を果たしている。
そのほか、『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)、『ジャスティス・リーグ』(2017)といったDCエクステンデッド・ユニバースでも活躍し、2022年には新たな単独映画『ザ・バットマン』の公開を控えている。

【続きが気になっても安心!】最後まで一気に読める完結漫画おすすめランキングTOP30
次のページ : ティム・バートン版の『バットマン』はアメコミ映画界に革命をもたらした一本

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  6枚

Writer info

zash@Sunset Boulevard

子供の頃から洋画と海外ドラマに精通し、その知識を活かして、2016年より海外ドラマbo...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/7/19 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ ドラマ アクション スパイダーマン:ホームカミング ミステリー・サスペンス マーベル かわいい ホラー

Pick Upピックアップ