映画board

ディズニーが新進の映像作家を支援するプロジェクト「Launchpad」珠玉の短編6作品レビュー

コロナ感染拡大により人々の価値観が大きく変わろうとしている現在、企業の評価は資産や売り上げだけではなく、そのフィロソフィーに共感できるかが大きな鍵となる時代になってきた。
マーベルやスター・ウォーズなどのフランチャイズや、ピクサーやディズニークラシックなど大ヒットアニメを世に送り続け、映画業界とそれに関わるビジネスに君臨するコングロマリットという印象が強かったディズニーが新たに取り組んだのが、新人の発掘そして育成という投資と社会貢献を兼ね備えた新しいプロジェクトだ。
このプロジェクトが持つ意味は、ここ最近、ルーカス・フィルムやFOXなど完成形を買収して巨大化してきたディズニーの方針から大きく転換する大きな一歩だと感じる。

©2021 Disney

短編映画は、尺が短いからこそ映画を作る側、そして観る側にとっても明確なメッセージが伝わりやすいという一面がある。
今年のアカデミー賞短編実写映画部門で最優秀賞を受賞した『隔たる世界の2人』も、タイムループというユニークな要素を加えながらも、ジョージ・フロイドさん殺害事件を機にアメリカで沸き起こった黒人差別と警官の暴力に抗議する社会運動「Black Lives Matter」を想起させるテーマが明確なストーリーだった。

Disney Launchpad第1弾となる今回は、「発見」がテーマ。
1,100人を超える応募者から選出されたアジアや南米をルーツにもつ新進気鋭の6人の映像作家が、人種・ジェンダー・異文化など多様性をテーマにユニークな視点で描き、各話約20分弱の短編が収録されている。

©2021 Disney

(後列左から)モキシー・ペン、ハオ・ズン(前列左から)アクサ・アルタフ、アン・マリー・ペイス、ジェシカ・メンデス・シケイロース、ステファニー・アベル・ホロヴィッツ

自分とは異なる他者を理解し尊重し合う事の大切さを描いた6本の短編を観て、ディズニーの新しいプロジェクトに向けた意気込みを是非感じとってほしい。

【ランキングboard】あなたが選ぶナンバーワンは?
次のページ : 作品紹介

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  15枚

Writer info

本間 美由紀

映画と海外ドラマが好き

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Koutarou Kurimoto

2021/10/04 19:19

試写会行きました!

5

「神在月のこども」

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/10/11 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ 邦画 アクション ドラマ ミステリー・サスペンス スパイダーマン:ホームカミング ホラー ゴジラ キング・オブ・モンスターズ コメディ

Pick Upピックアップ