映画board

ハリウッド随一の実力派俳優シャイア・ラブーフの演技がスゴイ出演作3選

シャイア・ラブーフは、1986年6月11日アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれた。
幼少期に友人がTVに出演し収入を得ていることに憧れ、スタンダップコメディアンとして活動を開始。
1998年に俳優デビューを飾ったシャイアは、『X-ファイル』や『ER 緊急救命室』といった人気ドラマへのゲスト出演を経て、ディズニー・チャンネルで放映されたコメディ・ドラマ『おとぼけスティーブンス一家』の主演に抜擢。一躍、お茶の間の人気者となった。
その後は、『トランスフォーマー』シリーズや『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)などで‘‘スティーヴン・スピルバーグの秘蔵っ子’’として有名になった。
あれから時は過ぎ、シャイア・ラブーフは35歳を迎え、実力派俳優として今なお進化を続けている。
ここでは、そんなシャイアの名演が光る出演作3作品に迫る。

発達障害の弟を演じたキャリア初期の名演!『マイ・ブラザー・エディ』(2002)

『マイ・ブラザー・エディ』(2002)

https://www.imdb.com/title/tt0296251/mediaviewer/rm1496304897?ref_=tt_ov_i

未だデビューして間もないシャイアの名演が光る作品として、まず『マイ・ブラザー・エディ』を挙げたい。
発達障害の双子の弟を持つトゥルー(クララ・ブライアント)は、弟のエディ(シャイア・ラブーフ)ばかりが特別扱いされる生活にうんざりしていたが、エディがより生活しやすい環境を作りたいと思っていた。
そんな中、TVに出たいトゥルーの元に、番組制作のチャンスが巡ってくる・・・。

シャイア・ラブーフという俳優を‘‘お騒がせ俳優’’と思っているファンは少なくない。
しかし、本作でのシャイアの名演を観れば、その印象はガラリと変わることだろう。
『ギルバート・グレイプ』(1993)におけるレオナルド・ディカプリオを筆頭に、発達障害を抱える役柄を演じ、高い評価を得てきた俳優は数多くいる。
だが、その誰をも凌駕する見事な演技を魅せるのが、本作のシャイアなのだ。
動作や目の動きなど細部にまで徹底的に役になりきっており、言葉が出ないほどの感動を与えてくる。
もはやこれは演技ではなく、そこにエディとして存在していると言っても過言ではない。
故に筆者がシャイア・ラブーフ出演作の中で最も推したい作品が、本作なのである。

【時間を作ってでも読みたくなる!】おすすめ漫画45選(2021年版)
次のページ : シャイア・ラブーフという俳優の才能が遺憾なく発揮されたTVシリーズ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  6枚

Writer info

zash@Sunset Boulevard

子供の頃から洋画と海外ドラマに精通し、その知識を活かして、2016年より海外ドラマbo...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/9/13 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ アクション スパイダーマン:ホームカミング ゴジラ キング・オブ・モンスターズ ドラマ ミステリー・サスペンス かわいい ホラー

Pick Upピックアップ