映画board

旅がテーマのおすすめ映画9選!楽しい旅から地獄の旅までおすすめを紹介!

菊次郎の夏

菊次郎の夏

菊次郎の夏

1999年/日本/121分

作品情報 / レビューはこちら

らすじ
幼い頃に父親を亡くし、今はおばあちゃんとふたりで浅草に暮らしている小学校3年生の正男にとって、夏休みはそんなに楽しいものではなかった。学校の友達はみんな家族で旅行に出かけてしまうし、サッカークラブもお休み、おばあちゃんも仕事で昼間は家にいないのだ。そんな時、彼は遠くの町にいるお母さんに会いに行く決心をする。絵日記と宿題と僅かな小遣いをリュックに詰めて、家を飛び出した正男。そんな彼の気持ちを知った近所のおばさんが、夫で遊び人の菊次郎を同行させることにした。目指すは愛知県豊橋市。ところが、根っからの遊び人の菊次郎は競輪場に寄り道したり、タクシーを盗んだり、トラックの運ちゃんとトラブルを起こしたり、ホテルの人たちに迷惑をかけたりと、行き当たりばったりの旅を展開。

出典元:https://eiga-board.com/movies/31593

フィルモグラフィーのほとんどをバイオレンス映画が占める鬼才・北野武の監督作の中でも最も平和で緩くていとおしい内容のロードムービー。

久石譲の名曲「Summer」があまりにも有名で流れるだけでエモい気分になってしまうし、不器用だけど優しいおじさんと孤独な少年の旅というだけでグッとくる。

お笑いBIG3・たけしのあえてのめちゃくちゃゆるいギャグ描写の脱力感、不思議なあったかさ、旅の往路と復路の目的の変容などしっかりした作りながらも唯一無二のカルト感もある巨匠の代表作です。

グリーンブック

グリーンブック

グリーンブック

2018年/アメリカ/130分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
1962年、アメリカ。ニューヨークのナイトクラブで用心棒を務めるイタリア系のトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、粗野で無教養だが、家族や周囲から愛されている。“神の域の技巧”を持ち、ケネディ大統領のためにホワイトハウスで演奏したこともある天才黒人ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)は、まだ差別が残る南部でのコンサートツアーを計画し、トニーを用心棒兼運転手として雇う。正反対のふたりは、黒人用旅行ガイド『グリーンブック』を頼りに旅を始めるが……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/91098

60年代、公民権運動間近のアメリカで、イタリア系の肉体労働者と黒人インテリピアニストが友情を結んだ実話を『メリーに首ったけ』『愛しのローズマリー』のファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリーが映画化し、アカデミー作品賞を受賞したヒューマンドラマコメディ。

過去作でもコメディの中に差別意識の問題を盛り込んできたファレリー印の演出を真っ向から黒人差別を描いた作品に盛り込みつつ、誰が見ても楽しんで笑えてほっこりして感動できるウェルメイドな映画に仕上げている。

頭でっかちに「差別はだめだ!」と叫ぶのではなく、人種の壁を超えて旅を楽しむ二人と対比してくだらない差別意識で愚行を繰り返す白人たちのバカバカしさを笑いに変えて見せているのがさすが。

幸福の黄色いハンカチ

幸福の黄色いハンカチ

幸福の黄色いハンカチ

1977年/日本/108分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
欽也が島勇作と逢ったのは、春の陽差しの強い網走の海岸であった。欽也は自分の車で、北海道の広い道をカッコイイ女の子を乗せて、ドライブするのが高校時代からの夢で、嫌な仕事も無理をして勤め、金をためて新車を買い求めた。東京からフェリーで釧路港へ、そして、あざやかな緑の根釧原野を欽也の赤い車は、ラジオの軽快なリズムに合わせて、ひた走った。欽也は網走の駅前で、一人でふらりと旅に出た朱実と知り合う。朱実は列車食堂の売り子で、同僚から誤解を受けて、やけくそになって旅に出たのだった。朱実は欽也の車に乗せてもらったものの、海岸で不意に欽也からキスを求められて、車から飛び出した。逃げ出した朱実をかばい、鋭い目付で欽也を睨んだ男、それが島勇作であった。欽也から見た勇作は、なんともいえない、いい男だった。しかし、欽也は啖呵を切った行きがかり上、勇作に挑むが、軽くあしらわれてしまう。そんなことがきっかけで、三人の旅は始まった。

出典元:https://eiga-board.com/movies/18741

山田洋二と高倉健の代表作にして、そして桃井かおりと武田鉄矢の出世作、邦画史に残る万人に愛される人情ドラマの傑作。

倍賞千恵子が黄色いハンカチを用意して待っているラストシーンばかり有名だが、未熟な男(武田鉄矢)と傷心の女(桃井かおり)が、壮絶な人生を送ってきた男(高倉健)との旅を通して徐々にひかれあっていく別軸のラブストーリーも大きな見どころ。

山田洋二の喜劇演出も冴えわたり、決してお涙頂戴だけにならないように絶妙なバランスで作られているからこそあのラストが効いてくる。

【ランキングboard】あなたが選ぶナンバーワンは?
次のページ : 旅がテーマのおすすめ映画②

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

whitestonetaichi

映画大好き会社員。副業でいくつか媒体に記事書いてます。 2018年ベストはアンダーザ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

shym-o

2021/10/24 09:54

見終わって

3

「空白」

Koutarou Kurimoto

2021/10/04 19:19

試写会行きました!

5

「神在月のこども」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/10/18 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 アクション おすすめ映画まとめ ミステリー・サスペンス ドラマ スパイダーマン:ホームカミング ゴジラ キング・オブ・モンスターズ コメディ ホラー

Pick Upピックアップ