映画board

『HOKUSAI』 伝説の浮世絵師の破天荒な生きざまと絵への執念を柳楽優弥&田中泯が熱演する伝記映画

『HOKUSAI』あらすじ(ネタバレなし)

©️2020 HOKUSAI MOVIE

江戸時代、町人文化が花開いた文化文政の頃。喜多川歌麿(玉木宏)や東洲斎写楽(浦上晟周)を世に出した版元の蔦屋重三郎(阿部寛)は、勝川春朗(柳楽)という絵師と出会う。才能はあり絵にかける情熱もあるのだが、自分が描きたいものを描きたいように描くという主義ゆえに周囲と対立し、兄弟子を殴るなどして師匠の勝川春章から破門され、食うに困る貧乏生活を送っていた。重三郎に引き合わされた歌麿からは彼の絵に足りないものを、年若い写楽からは絵に対する姿勢の弱さを指摘されるが、まさに核心を突かれた春朗は反論できない。苦悩した彼は放浪の旅に出て、たどり着いた海で何かを悟る。江戸に戻った彼は、「江島春望」を描き上げて重三郎のもとに持参する。「描きたいものを描きたいように描いただけ」という彼は吹っ切れて自信に満ちていた。名前も「葛飾北斎」に改めていた。美人画全盛の時代に風景画で勝負を挑もうとする北斎。しかしそれは他に例がない、彼にしか描けない絵だった。北斎がようやく開眼したことを喜んだ重三郎だったが、それで安心したのか程なくして急死してしまう。
北斎はそれからも、幅広いジャンルで独特の作風の作品を発表し続け、押しも押されぬ人気絵師となった。そんな彼を妻のコト(瀧本美織)は懸命に支え、子宝にも恵まれた。そんな中で北斎は、妖怪ものの読み物の挿絵の仕事を通じて柳亭種彦(永山瑛太)とその作品に出会い、魅了される。武士ながら創作意欲を抑えることができず、次々に作品を発表し続ける種彦。その情熱が形になったかのような文章につられるように、北斎の筆もどんどん進んだ。彼らの出会いはまさに運命的なものだった。
それから20数年。70歳を過ぎた北斎(田中)はすでにコトも亡くしていたが、絵を描く意欲だけは衰えていなかった。しかし、脳卒中で倒れた北斎は一命こそ取り留めたが、絵筆を満足に握れなくなってしまった。ところが、そんな体験をしたからこそ見えるものがあるという思いに駆られた北斎は、娘のお栄(河原れん)が止めるのも聞かず全国を旅してまわり、さらに創作への意欲を高めていく。
そんな中、種彦が発表した『偐紫田舎源氏』が大評判となるが、この作品が暗に幕府を批判したものとされた。圧力にも屈せず執筆を続けた種彦だったが、それは自身やその家の立場を危うくすることでもあった…。

©️2020 HOKUSAI MOVIE

PR | Paravi独占配信オリジナルドラマ『東京、愛だの、恋だの』大人女子へ贈る恋愛の“処方箋”【ネタバレあり】
次のページ : 現代にも通じるクリエイターとしての生きざま

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  5枚

Writer info

上妻 祥浩

熊本県出身・在住。地元の新聞・雑誌・テレビ・ラジオ等で新作映画の解説の仕事を行な...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Koutarou Kurimoto

2021/10/04 19:19

試写会行きました!

5

「神在月のこども」

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/10/11 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ 邦画 アクション ドラマ ミステリー・サスペンス スパイダーマン:ホームカミング ホラー ゴジラ キング・オブ・モンスターズ コメディ

Pick Upピックアップ