映画board

あまりにも悲しい映画3選:洋画編

『ラブレス』(2017)

https://www.imdb.com/title/tt6304162/mediaviewer/rm3152881664?ref_=tt_ov_i

作品情報・あらすじ

公開:2017年
製作国:ロシア/ドイツ/フランス/ベルギー
監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
出演:マルヤーナ・スピヴァク/アレクセイ・ロズィン ほか

12歳の少年アレクセイ(マルヤーナ・スピヴァク)は、一流企業に勤める父と美容サロンを経営する母を持つ。
綺麗な家に住み、何不自由ない生活かと思われたが、実は両親は離婚間近。
さらには息子を愛せない父と母は、息子をどちらが引き取るかで、日夜喧嘩を繰り返していたのだ。
ある時、その一部始終を目撃してしまったアレクセイは、誰からも必要とされていないことを悟り、姿を消してしまう。
息子が失踪したことに何日も気付かなかった父と母は、ようやく捜索を開始するが、果たしてアレクセイは無事なのだろうか?
そして、息子が消えたことで彼らが見つける答えとは・・・。

予告編・見どころ

ロシアの鬼才アンドレイ・ズビャギンツェフが、カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞し、アカデミー外国語映画賞にもノミネートされた作品。
全体を通して突き刺すような寒空と痛々しく暗めの映像が目を惹く一本。
息子を愛せなかった両親が、息子が消えたことで、何を思うのかというのがテーマです。
心理描写が強めであり、登場人物たちの心情を掴むのに若干の努力を有しますが、息子が失踪してもなお、真剣に探す気配もなく、自らを愛してくれる愛人の元へと向かう父と母に対して、怒りを通り越して呆れてしまう。
なかなか胸糞悪い映画であり、苛立ちが募ることは避けられない。
邪険にしていた息子が失踪したことで、父と母がどのような態度を示すのか。
安心感か、喪失感か、それとも・・・ラストの感じ方、答えは人それぞれだと思います。

恋人にしたい俳優 人気ランキング
次のページ : 大切な娘がゾンビになってしまったら・・・

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

かげろうお銀

その昔、女優として幾つかの舞台に立ち、ニューヨークで演技講師をしていました。現在...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/7/19 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ ドラマ アクション スパイダーマン:ホームカミング ミステリー・サスペンス マーベル かわいい ホラー

Pick Upピックアップ