映画board

やる気が出るおすすめ映画10選!仕事、創作、恋、見れば後押ししてもらえる名作たち

ホドロフスキーのDUNE

ホドロフスキーのDUNE

ホドロフスキーのDUNE

2013年/アメリカ/90分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
「エル・トポ」「ホーリー・マウンテン」で熱狂的な人気を博したアレハンドロ・ホドロフスキー監督は、1970年代半ばにSF小説『DUNE』の映画化に着手。フランスの漫画家メビウスやSF画家のクリス・フォス、後に「エイリアン」や「バタリアン」を生み出したダン・オバノン、デザイナーのH・R・ギーガー、音楽担当としてロック・バンドのピンク・フロイドらを迎え、キャストにサルバドール・ダリ、ミック・ジャガーらという豪華な面々が集結したものの、映画化は頓挫してしまった。膨大なデザイン画や絵コンテなどの資料や、監督、プロデューサーのミシェル・セドゥ、ギーガーらのインタビューを交えながら、幻となりながらも後世に多大な影響を与えた『DUNE』の製作過程について追う。

出典元:https://eiga-board.com/movies/72371

『エル・トポ』『ホーリー・マウンテン』の鬼才アレハンドロ・ホドロフスキーが70年代にフランク・ハーバードの『砂の惑星』を映画化しようとして失敗した知る人ぞ知る映画界の有名エピソードに迫ったドキュメンタリー。

企画で終わった映画がのちの作品に影響を与えた事実も面白いが、それ以上にこの映画のためにインタビューを受けて当時を振り返るホドロフスキーの姿が80代半ばながらとてもエネルギッシュで、老人が過去の思い出を振り返っている…のではなく現役としてかつて糧になった経験を話しているようなテンションと発言内容なのがとにかく面白いし、彼のエネルギーを受けて最高に勇気をもらえる作品。

クリエイター志望、夢を追いかけている人が見たら刺激受けまくり、勇気もらいまくり必至の大傑作ドキュメンタリー。

レゴムービー

レゴ(R) ムービー

レゴ(R) ムービー

2014年/アメリカ/100分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
レゴ(R)ブロックだけで作られている巨大都市ブロックシティで働くエメット(声:クリス・プラット)は、平凡で生真面目、どこにでもいる普通の青年だ。ところがある日、ワイルドガール(声:エリザベス・バンクス)と出会った彼はなぜか伝説のヒーローに間違われ、エメットこそが邪悪なおしごと大王(声:ウィル・フェレル)から世界を守ることのできる“選ばれし者”だと言われる。見知らぬ人たちの集団に入れられ、少々頼りないバットマン(声:ウィル・アーネット)や、不思議な力を持つ老人ウィトルウィルス(声:モーガン・フリーマン)たちと共に冒険の旅に出るハメになったエメットだったが、ヒーローとしての自覚も覚悟もまったくない。そんな彼が行く先々で大騒動を巻き起こす中、世界の終わりは3日後に迫っていた……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/73550

レゴが好きな人は世の中に多いが、レゴが好きすぎるクリエイターたちが結集して本気でレゴだけできた世界観を再現した狂気すら感じるレゴアニメ。

ド直球に楽しめる冒険エンタメながら、水、煙、風、何もかもレゴで再現しているという異常なこだわりの姿勢だけで感動ものだし、終盤にはとある意表を突いた展開が訪れる。

具体的には言えないが、レゴだけでなく独自の創意性を大事にすることの尊さ、自由に創作することの楽しさ、重要性、すべてを教えてくれて肯定してくれる号泣必至の展開が待っている。

桐島、部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ

2012年/日本/103分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
いつもと変わらぬ金曜日の放課後、バレー部のキャプテンで成績優秀、誰もがスターとして一目置いていた桐島が突然部活を辞めたというニュースが学校内を駆け巡る。桐島の恋人でさえ彼と連絡が取れないまま、桐島と密接に関わっていた生徒たちはもちろんありとあらゆる生徒に波紋が広がっていく。人間関係が静かに変化し徐々に緊張感が高まっていく中、桐島とは一番遠い存在だった映画部の前田(神木隆之介)が動き出す……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/54323

『パーマネント野ばら』『紙の月』『騙し絵の牙』の吉田大八監督の名声を高め日本映画界を代表する名作青春映画として評価を受けた『桐島、部活やめるってよ』。

いろんなタイプの青春を送る高校生たちの中心にいた学校のスター・桐島がバレー部をやめたことで起きる波乱を描く。

「何のために頑張るんだろう」「何のためにやるんだろう」「何のために生きるんだろう」と頭のいい生徒ほど考えがちな青春時代のリアルな悩みに、「意味なんかないけど好きなことをやるのは楽しい」と教えてくれる展開に勇気をもらえる。

クリード チャンプを継ぐ男

クリード チャンプを継ぐ男

クリード チャンプを継ぐ男

2015年/アメリカ/133分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
アドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)の父親は世界的に有名なボクシングのヘビー級チャンピオンだったアポロ・クリードだが、彼が生まれる前に死んでしまったため、父のことを何も知らない。それでも、明らかにアドニスにはボクシングの才能が受け継がれていた。アドニスは、父がタフな無名のボクサー、ロッキー・バルボアと死闘を繰り広げた伝説の戦いの地フィラデルフィアへ向かう。フィラデルフィアに着いたアドニスは、ロッキー(シルヴェスター・スタローン)を捜し出し、トレーナーになるよう頼む。。ロッキーは、ボクシングからは完全に手を引いたと断るが、かつての宿敵で、のちに親友となったアポロと同じ強さと決意をアドニスの中に見出し、トレーナーを引き受ける。若いボクサーを鍛え始めるロッキーを味方につけたアドニスは、タイトル戦への切符を手に入れるが……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/84774

映画ファンに長年愛される永遠の名作『ロッキー』シリーズの魂を継承し、新時代の青春ボクシングドラマの究極系としてアップデートされた傑作。

若き日のロッキーのように底辺にいるわけではなく、一流企業で働き、そのまま生きていても順風満帆な人生を送れるような男が、どうしても夢をあきらめきれずに戦いに挑む物語は、ハングリー精神が希薄だと言われる今どきの若者には逆に染みる。

自分が何者か証明したいというシンプルな願望が最高の形で成就されるラストの展開には涙腺崩壊必至。

【ページをめくる手が止まらない】おすすめ小説30選(2021年版)
次のページ : やる気が出る映画②

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

whitestonetaichi

映画大好き会社員。副業でいくつか媒体に記事書いてます。 2018年ベストはアンダーザ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/7/19 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ ドラマ アクション かわいい ミステリー・サスペンス ゴジラ キング・オブ・モンスターズ スパイダーマン:ホームカミング マーベル

Pick Upピックアップ