映画board

Birthday!

アン・リー

松坂桃李は間違いなく日本映画界を背負っていく俳優になると『いのちの停車場』成島出監督が語る

何か1つの答えを提示するのではなく、ご覧になった方に委ねる

――本作に関わることになったきっかけからお聞かせください。

僕が監督を務めた『孤高のメス』を吉永小百合さんが気に入ってくださって、一緒に映画を作りましょうという話になり、主人公が医者の原作を探していたんです。ところがこれだと思える原作に出会えず、そのときは『ふしぎな岬の物語』になりました。その後も医者ものを探していたところ南杏子さんの著書と出会い、企画がスタートしました。

(C)2021「いのちの停車場」製作委員会

――原作を読んでどのような構想が浮かびましたか。

作品のメインテーマは在宅医療。『孤高のメス』は大学病院が舞台でしたが、『いのちの停車場』は在宅でがんばっている患者さんとその家族の話です。そこに吉永さんが寄り添っていくのは映画になると思いました。

――吉永さんとはどのように白石咲和子という人物を作っていきましたか。

吉永さんはシナリオを読み込んで、現場に入ったときには“白石咲和子”という人物になり切っていました。後は現場でみんなとセッションするようにすり合わせていきました。

(C)2021「いのちの停車場」製作委員会

――医者としての所作は難しそうでしたか。

救急医と在宅医、それぞれ医療指導の方に教えていただきました。吉永さんもかなり特訓していましたね。『ふしぎな岬の物語』のときはコーヒーの入れ方に何カ月も取り組んでこだわっていましたが、今回は注射器や血圧計といったものを全部持ち帰って、自宅でも練習されていました。

ご本人は「私、器用じゃないから」とおっしゃるのですが、吉永さんほどの方でもそうやって熱心に練習されることはそれを見た若い俳優陣たちにいい影響を与えていると思います。

(C)2021「いのちの停車場」製作委員会

――前半は患者さんの話が中心ですが、次第に咲和子本人が抱える問題にクローズアップしていきます。そしてラストは原作とは違い、観客に答えを投げかける形を取られました。

これは吉永さんも含め、(製作総指揮の)岡田裕介さん、プロデューサーみんなですごく悩みました。
最初は岡田さんが「吉永さんは最近、いい人ばかりを演じてきたので、『天国の駅 HEAVEN STATION』のようなパンチのある映画にしたい」といい、吉永さんも覚悟を決めてくれて、咲和子をぎりぎりまで追い込むという明快な答えに向かって準備をしていました。

しかしコロナ禍では家族であっても面会もできず、亡くなってもお葬式さえできない。遺骨が入った骨壺だけが帰ってくる。そんな状況の中で咲和子が父親の看取りについて、どんな決断をするのか、我々としても答えが出せなくなったのです。

監修していただいた先生が“病院での診療が教科書に載っている基本問題ならば、在宅医療は応用問題。患者さんの痛みと苦しみをどう緩和させていくのか、患者さんに合わせて対処法を考えることが求められる”と言っていました。在宅医療の対処法が患者さんの数だけあるように、映画も何か1つの答えを提示するのではなく、ご覧になった方に委ねることにしました。

(C)2021「いのちの停車場」製作委員会

【観て損なし!】出会ってよかったと満足できるおすすめアニメ50選 (2021年版)
次のページ : 成島出監督から見た俳優・松坂桃李は?

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  9枚

Writer info

ほりきみき

映画の楽しみ方はひとそれぞれ。ハートフルな作品で疲れた心を癒したい人がいれば、勧...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Koutarou Kurimoto

2021/10/04 19:19

試写会行きました!

5

「神在月のこども」

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/10/18 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ アクション 邦画 ドラマ ミステリー・サスペンス ホラー スパイダーマン:ホームカミング ゴジラ キング・オブ・モンスターズ コメディ

Pick Upピックアップ