映画board

【ネタバレ有り】『ジョン・ウィック』シリーズ過去3作を復習!作品の裏社会を考察!

キアヌ・リーブス主演、ガンフーアクション映画『ジョン・ウィック』シリーズ4作目の公開延期

本当であればもうすぐ公開していたはずのシリーズ4作目『ジョン・ウィック:チャプター4』。

丸一年延期になったところを観ると撮影も終わっていないかもしれませんね。

5作目の制作ももう決まっているだけに、残念に思われている方も多いでしょう、私もその一人です。

同時に上映予定だった『マトリックス』シリーズの新作も撮影中止になっているようです。

昨今は公開延期や、配信での公開等映画周辺の環境も変わってきております。


ですが、この延期も好機に変えてしまいましょう!

まだ観ていない方も、シリーズ最新作に間に合いますよ、しっかり予習して臨む事が出来ます!

この記事では『ジョン・ウィック』シリーズをまだ観ていない人にも、もう全作観ているファンの方にもシリーズの世界観を面白く解説する記事になります。

キアヌ・リーブス演じるキャラクタージョン・ウィックって何者なの?

ガンフーって?

作中の裏社会はどうなっているの?

コンチネンタル?首席連合(ハイテーブル)?誓印?ルスカ・ロマ?

4作目はどんな話になるの?

こんな疑問を解決してくれる記事になりますので、新作公開前にチェックしておいて頂ければと思います!

(記事中盤以降にはネタバレを含みます。)

映画タイトルにもなっているジョン・ウィックってどんな人?

キアヌ・リーブス演じる主人公ジョン・ウィック。

キアヌ・リーブスと言えば『マトリックス』シリーズが今まで代名詞でしたが、ここ最近は『ジョン・ウィック』シリーズもキアヌの代名詞になりつつあります。

『マトリックス』同様今作も得意なアクションシーンが魅力の作品です!

それではまず主人公ジョン・ウィックについて掘り下げていきましょう。

その為にはまず1作目のあらすじが必要ですね。

ジョン・ウィックの紹介(シリーズ1作目あらすじ)

1作目の4年以上前までは伝説の殺し屋として裏社会で活動していたジョン・ウィック。

1作目の時点では既に裏社会からは足を洗っている、それは最愛の妻ヘレンに出会ったからだ。

ヘレンと二人での普通の生活をする為、ジョンは”達成不可能とされたミッション”を達成し、その暁に足を洗う事が出来た。

今までジョン・ウィック以外に裏社会から抜けられた者はいない。

ヘレンと二人での”普通の”生活はジョンにとってかけがえのない時間だった。

しかし、ヘレンは病を患っており、二人の生活は4年程で終わってしまうのである。

生きる希望を失ったジョンの元に、突然子犬と手紙が届く。

それは自分の最後を予期したヘレンからの贈り物であり、手紙には「あなたには愛する人が必要よ、あなたの親友より ヘレン」と書いてあった。

デイジーの花をあしらった手紙、子犬にはデイジーと首輪もされており、「ヘレンらしい」と子犬と二人で前を向いて生活していく事を決めた。

ジョンは車も好きであり、ある日愛車であるフォード・マスタング・BOSS429(69年製)で出掛けた帰りにガソリンを入れていた。

そこにロシア系の若者共が現れ、その一人がジョンに「その車を売ってくれ」とせがむ。

ジョンは「値を付けるものじゃない」と一言で立ち去った。

その晩、子犬デイジーが吠え起きたジョン。

ジョンがリビングに降りていくと、影から人が現れ殴られてしまう。

その若者らは愛車マスタングを盗もうとする強盗だった。

吠えていた子犬デイジーは撲殺され、愛車も奪われたジョン。

生きる希望をまたも奪われたジョンの復讐が始まる。

【ジョン・ウィックアクションシーン】ガンフーとは?

『ジョン・ウィック』シリーズは多彩なアクションも魅力です。

日本の時代劇を模したような殺陣から、西部劇のような1対1でのガンファイト、カーアクションもしかりですが、一番目に付くのはジョンが扱う銃と体術を組み合わせた戦い方ではないでしょうか。

これは香港映画を源流とするガンフー(Gun-fu)という独自のアクション。

文字通り、銃×カンフーと言ったところでしょうか、尚且つジョンはかなり寝技も多用します。

銃ではありませんが、ヌンチャクを使うブルース・リーに通ずるところがありますね!

ジョンは作中で複数人を一人で相手にする事が多く、おそらく伝説の暗殺者として名を挙げていた頃からの名残でもあるのでしょうが、銃で倒しつつ敵の数を減らし近付き、2,3人をカンフーで処理するというのが基本スタイル。

また、複数人を相手にする際には敵の武器によって倒す順番も大事になる為、銃で1撃で倒すのではなく、足を打って足止めしている間に近接の敵をカンフーで倒す等の動きも多く見受けられます。

ジョンはわざと敵を残して利用したりもしますね。

作が進むごとに銃だけではなく、ナイフやその場にあるものや敵の武器・身体を使い工夫して敵を倒すアクションも多くなってきます。

スピード感のあるカット割が目立つ映画ではないので、このガンフーが合ってこそ『ジョン・ウィック』シリーズのスピード感が成り立っているといっても過言ではありません。

ジョンが、バンバン打ちまくって反動関係なく敵をばったばったとなぎ倒していく姿は爽快です!

この”ガンフー”、先程も少し触れましたが1980年代後半の香港映画が源流になっているようです。

それこそ『マトリックス』シリーズもこのガンフーをSFテイストにした雰囲気ですよね。

それもそのはず『ジョン・ウィック』シリーズはスタントマンであり、スタントコーディネーターであるチャド・スタエルスキの初監督作品。

チャド監督は『マトリックス』シリーズのアクションにも関わっています。

他にも『ミッション・インポッシブル』シリーズや、『ダイ・ハード』シリーズ、『リベリオン -反逆者-』、最近だと『デッド・プール』シリーズ等もこのガンフーの系譜を踏んでいるかと思います。

これらのガンアクション映画に共通するのは「お前弾何発撃ってんねん」というツッコミですよね。

しかし、それを回避してくれるのが絶妙なさじ加減のコメディ感。

むしろバカ真面目にこれをやっている方が弾の数なんて気にせずにアクションの凄さだけで観る事が出来ますよね。

『ジョン・ウィック』シリーズもこのコメディ×バカ真面目感を含んでおり、戦闘シーンなのにクスッと笑ってしまうシーンもあります。

是非この独自のガンフーを上手く使ったジョンのアクションシーンを堪能して頂きたいです!

暗殺者ジョン・ウィックのニックネーム ブギーマン、ババヤガとは?

伝説の暗殺者として恐れられていたジョン・ウィック。

1度足を洗う前はブギーマンやババヤガというニックネームで恐れられてもいました。

ブギーマンは典型的なシーツを被っているような幽霊・怪物を連想させる伝説や伝承上の存在のことだそうです。

『ナイトメア・ビフォアー・クリスマス』の登場キャラクターであるウギー・ブギーが連想される人も多いのではないでしょうか。

あのブギーは中身が虫でしたが、実際の伝承上のブギーマンも実体がないものとして描かれる事が多いようです。

他に「ブギーマン」というタイトルの曲もたくさんありますね。

語源も様々あり、国によっても描かれ方が様々です。

一方ババヤガは民話に登場する魔女を表します。

ババヤガが女性を表す言葉だったのは意外でした。

スラヴ人がキリスト教に改宗させられた際に元々信仰していた神が邪神や悪魔に置き換えられていった事によって生まれた存在のようです。

『ジョン・ウィック』シリーズの字幕では”ババヤガ”と表記されていましたが、日本語では”バーバ・ヤーガ”と表記される事が多いようです。

字幕の文字制限によってババヤガと短く表記したのでしょうか。

共通して言える事は、「様々な国での色々な意味を持つ悪魔」である事でしょう。

『ジョン・ウィック』シリーズも様々な人種が出てきます。

1作目ではロシアマフィアとの戦い、2作目ではイタリア系犯罪組織、3作目ではモロッコに行く場面があったりと様々な国がストーリーに絡んできますが、誰もがジョン・ウィックを伝説の暗殺者として認知しています。

後にわかる事ですが、世界中にジョン達のような殺し屋がいる事も考えると、ブギーマンやババヤガ等のニックネームは頷けますね。

こういう伝承には過剰表現が含まれそうですが、ジョン・ウィックについては「むしろ過小評価されている」という劇中のセリフもあります。

ジョン・ウィックvsニューヨークにいる全ての暗殺者でどちらが勝つかは五分五分程の実力、、、次元が違う強さですね、ジョン・ウィックは、、、 

恋人にしたい俳優 人気ランキング
次のページ : 『ジョン・ウィック』シリーズの裏社会について考察

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

RA-SAITO

SFやサスペンスにハマり、映画鑑賞が趣味に。 今ではざっくばらんに気になる作品を鑑...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/8/2 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 アクション ドラマ おすすめ映画まとめ スパイダーマン:ホームカミング かわいい ミステリー・サスペンス マーベル アメコミ

Pick Upピックアップ