映画board

パニックホラー 映画おすすめ10選!全世界が大惨事の大規模ホラー!

宇宙戦争

宇宙戦争(2005)

宇宙戦争(2005)

2005年/アメリカ/114分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
アメリカ東部のある町。その異変は突然起こった。雲ひとつない晴天だったのが、何の予兆もなく天候は崩れ、強風がうなり声をあげる。上空では激しい稲光が交錯し、その一つは地上にまで達した。やがて大地は揺れ、禍々しくも、邪悪な裂け目がその表面を覆った。その場に居合わせた労働者のレイ(トム・クルーズ)は、自分たちに襲いかからんとする“何者か”の存在を敏感に感じとり、別れた妻との間の二人の子供、息子のロビー(ジャスティン・チャットウィン)と幼い娘レイチェル(ダコタ・ファニング)の元へと急ぐ。そして彼は知る。次々と起きた不可思議な超常現象が、更に想像を超えた形へと変化し、世界の16ヶ国で同時に人々に襲い掛かってきたことを。平和な時は一転して失われ、世界中の人々の心は恐怖で満ちあふれた。今、人類が未だかつて想像すらし得なかった“侵略者”たちが操る巨大な“トライポッド”が、人類の前にその姿を現すのだった。侵略者たちの前に戦う術を持たない無力な人間たち、世界中で難民と化す無数の人々、極限の恐怖が全世界に広がり、地球のかつての支配者を追い詰めていく。愛するものが次々と消えていくとき、人類に残されたのは愛と勇気だけだった。

出典元:https://eiga-board.com/movies/37090

H.G.ウェルズの名作SF小説を巨匠スピルバーグが大スター、トム・クルーズを主演に迎えて全力で作り上げた渾身のSFパニックホラー。

トム・クルーズですら突如現れた異星人たちには何の抵抗もできず逃げ惑うというひたすら恐怖をあおる内容で、冒頭のとある絶妙なトライポッド出現シーンから最後まで死の恐怖が常に付きまとい、凄惨な場面が続く映画になっている。

人々が灰にされ、川が血で染まり、抜け殻のように人々の服が空から降るなど、終末的イメージがてんこ盛りで、忘れがたい。

アイアムアヒーロー

アイアムアヒーロー

アイアムアヒーロー

2016年/日本/127分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
漫画家アシスタントの鈴木英雄(大泉洋)は35歳で、彼女とは破局寸前。しかし彼の平凡な毎日は、ある日一変する。英雄が徹夜仕事を終えアパートに戻ると、彼女は異形の姿になっていた。謎の感染によって人々はZQN(ゾキュン)という生命体に変貌を遂げ、街に溢れ出す。日本中が感染パニックに陥るなか、標高の高いところでは感染しないという情報を頼りに、英雄は富士山に向かう。その道中で、女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・ヤブ(長澤まさみ)と出会った英雄は、彼女たちとともに生き残りをかけた極限のサバイバル挑む……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/84605

花沢健吾が描いた日本初の本格ゾンビ漫画「アイアムアヒーロー」を、『GANTZ』『図書館戦争』の佐藤信介が映画化した邦画屈指のゾンビパニックホラー。

冒頭の主人公のうだつが上がらない日々を丁寧に描きつつ、その中にゾンビパンデミックの予感をちりばめ、ある地点で大爆発させる演出がドはまりしており、町中が一気にゾンビだらけになる場面は心底恐ろしいし、藤原カクセイが渾身の技術の粋を集めた恐ろしすぎるゾンビメイクも注目ポイント。

そして、クライマックスでは英雄が覚醒し立ち上がってからのバトルも熱く、アクション映画としてもかなりハイレベルな映画だった。

ゴジラ

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81bi3HduC8L._SX300_.jpg

原水爆実験の影響で、大戸島の伝説の怪獣ゴジラが復活し、東京に上陸。帝都は蹂躙され廃墟と化した。ゴジラ抹殺の手段はあるのか・・・。

出典元:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B4%E3%82%B8%E3%83%A9-%E5%AE%9D%E7%94%B0-%E6%98%8E/dp/B00JO61F64/ref=sr_1_7?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%82%B4%E3%82%B8%E3%83%A9&qid=1620182912&sr=8-7

日本を代表する世界的怪獣スター・ゴジラが登場した記念碑的名作で、SF映画としても硬派かつ怪獣パニックとしてものすごく怖い内容になっている作品。

重厚なモノクロ映像、伊福部昭の音楽、街を壊す際に逃げ惑う人々を見ているゴジラの目線、容赦なく死んでいく民衆たち、ばらまかれる放射能、そしてゴジラを倒す手段として使われるある兵器の凶悪すぎる機能…。

徹頭徹尾シリアスで、恐ろしい怪獣ホラーといってもいいくらいの名作です。

グエムル 漢江の怪物

グエムル 漢江の怪物

グエムル 漢江の怪物

2006年/韓国/120分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
2000年。在韓米軍基地では化学物質を下水へ大量投棄していた。漢江へ流れ出す大量の化学物質。その6年後。パク・カンドゥ(ソン・ガンホ)たちパク一家は、漢江の河川敷で行楽客相手の売店を営んでいた。そこに突如、河底から巨大な怪物“グエムル”が現れ、河川敷に集う行楽客を襲った。次々に怪物の餌食にされていく人々の中に、カンドゥの娘・ヒョンソもいた。犠牲者の合同葬儀で数年ぶりに一同に会するパク一家。カンドゥとその妹・ナムジュ、弟・ナミル、老父・ヒボン。在韓米軍は“グエムル”と応戦した米軍兵士からウイルスが検出されたと発表。パク一家はグエムルを宿主としたウイルスに感染している可能性があるとされ病院に収容された。検査中のカンドゥの携帯にヒョンソから電話がかかって来る。まだ生きているのだ。しかし警察は官僚的な対応をするばかりである。パク一家は病院から脱走し独自にヒョンソ捜索を始めた。

出典元:https://eiga-board.com/movies/37218

韓国発の独特なモンスターパニック映画。

『パラサイト 半地下の家族』でアカデミー監督となったポン・ジュノ初のモンスターホラーで、当時の韓国映画界の興行記録を塗り替えただヒット作品でもある。

人を食べるのにちょうどいいサイズのでかすぎない怪物が、日中にヌルっと日常に侵食するかのようにあっさり登場し、そのままあれよあれよの大惨事となる冒頭、そこから娘をさらわれて立ち上がる凸凹ダメダメ一家の珍道中のコメディ、そして在韓米軍や韓国政府のお粗末な対応やそもそもの元凶である環境破壊などなど、ポン・ジュノらしくエンタメと社会派が混ざった独自の面白さを持ったパニックホラー。

【ページをめくる手が止まらない】おすすめ小説30選(2021年版)
次のページ : おすすめパニックホラー②

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

whitestonetaichi

映画大好き会社員。副業でいくつか媒体に記事書いてます。 2018年ベストはアンダーザ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/7/26 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ アクション ミステリー・サスペンス ドラマ スパイダーマン:ホームカミング ゴジラ キング・オブ・モンスターズ かわいい 歴史

Pick Upピックアップ