映画board

【独占インタビュー】『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』ジェニファー・コベット&ブラッド・ロウ

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』 ジェニファーコーベット(プロデューサー&ヘッド・ライター) & ブラッド・ロウ(スーパーバイジング・ディレクター&プロデューサー)

――今日はお時間ありがとうございます。そして、素晴らしいシリーズ、おめでとうございます。

ジェニファー・コーベット(以下J):サンキュー。

ブラッド・ロウ(以下B):サンキューソーマッチ。

――この質問は、ジェニファーへのものです。『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』は、『クローン・ウォーズ』からの続きものになります。この新しいシリーズでは、どのような物語を期待したらよいでしょう?

J:あなたたちが期待出来る、または、私たちが目指したのは、『クローン・ウォーズ』と同じレベルのエピックなストーリーテリングなの。ビジュアル的には、とても似たルックスになっているわ。そして、明らかに、私たちは、クローンのストーリーを続けていて、それは違う時代になっている。戦争は終わったの。そして今、帝国が台頭してきているの。(このシリーズでは)バッド・バッチが、彼らがいるこういった新しい環境にどう反応するかや、彼らが今起きている銀河の変化にどう対処していくかを掘り下げていくの。

『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』

© 2021 TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. ディズニープラスで配信中

――この質問はブラッドへのものです。このシリーズを製作する際に、デイブ・フィローニやジョン・ファブローとなにか話し合いをされましたか?もしそうであれば、彼らとどんなことについて話しましたか?

B:僕らは、この作品で、僕らが手がける全てのアニメ作品同様、デイブ・フィローニととても密接に仕事をした。僕らはジョンにも会った。彼は素晴らしい人だけど、このプロジェクトで、僕らは彼とは日常的に仕事をすることはなかった。でも、デイブは、僕らがやっているあらゆることで不可欠だった。彼は僕とジェンにとっての師なんだ。彼は、僕らがあらゆるアイディアを立ち上げる際に手助けしてくれた。彼はずっと、僕らに意見をくれた。だから彼は間違いなく、とても(この作品に)関わっていたよ。そしてそのことは、僕らがこういった『スター・ウォーズ』のストーリーを語る手助けをする上で、僕らにとても大きな安心感を与えてくれたんだ。彼は素晴らしいよ。

【2021年以降】実写化が予定されているディズニー映画21作品まとめ
次のページ : 「バッド・バッチ」の魅力とは?

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

zash@Sunset Boulevard

子供の頃から洋画と海外ドラマに精通し、その知識を活かして、2016年より海外ドラマbo...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Kenta Koyama

2021/04/30 20:09

5

「ノマドランド」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/4/26 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ ミステリー・サスペンス アクション 邦画 かっこいい セクシー アメコミ かわいい ホラー

Pick Upピックアップ