映画board

【地上波洋画劇場】すべてのサメ映画の原点にして頂点!『JAWS/ジョーズ』(1975)

【地上波洋画劇場】とは、地上波洋画放送全盛の時代とは異なり、いまやTVで映画を楽しむ機会が減ってしまった全日本人にもう一度、映画の楽しさを再発見してもらいたい一心で始まった企画である。
ここでは、「午後のロードショー」や「金曜ロードSHOW!」、「土曜プレミアム」などで放送が予定されている作品の見どころや鑑賞の際のポイントを紹介していく。

今宵の【地上波洋画劇場】で取り上げる作品は、「午後のロードショー」にて2021年4月30日に放送予定となっている、1975年公開の映画『JAWS/ジョーズ』。

いかにして『JAWS/ジョーズ』は誕生したのか?

『JAWS/ジョーズ』は、1974年に出版されたピーター・ベンチリーによる同名小説を原作としている。
企画発足当初、ユニバーサル・ピクチャーズのプロデューサーは、映画『老人と海』(1958)などで海洋冒険映画を手掛けることに定評のあったベテラン監督ジョン・スタージェスを監督に起用することを考えたが、当時、駆け出しだった『男の出発』(1972)の若手監督ディック・リチャーズにオファーを出すことになる。
ところがそのリチャーズも紆余曲折を経て、結局降板することになり、最終的に『JAWS/ジョーズ』の企画自体に興味を示していた、当時26歳のスティーヴン・スピルバーグが監督に抜擢される運びとなった。

『JAWS/ジョーズ』(1975)

https://www.imdb.com/title/tt0073195/mediaviewer/rm1064386048?ref_=ttmi_mi_all_pos_332

この起用が大成功を収める要因となったことは言うまでもなく、巨大なサメの模型を作るなどのリアリティにこだわった撮影が功を奏し、圧倒的恐怖を醸し出す作品へと仕上がった。
しかし、撮影中は多くの苦難にも見舞われた。本作は、海で撮影が行われた最初の大作映画なのだが、それ故、サメの模型が海水によって幾度となく故障してしまう事態に見舞われたのだ。
そこでスピルバーグが思いついた巧みな対応策には驚かされる。なんと、極力、サメの姿を見せないようにしようとしたのだ。
この策もまた妙案となり、その後の恐怖映画の在り方さえ変えてしまったのである。

(PR)学びの秋を応援!楽しく学べる楽習教室、小学館の幼児教室「ドラキッズ」が秋の入会キャンペーンを実施中|アソビフル
次のページ : リゾート地が、あれよあれよと地獄絵図に変わる

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  6枚

Writer info

zash@Sunset Boulevard

子供の頃から洋画と海外ドラマに精通し、その知識を活かして、2016年より海外ドラマbo...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/9/21 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ アクション ゴジラ キング・オブ・モンスターズ ホラー ミステリー・サスペンス ドラマ かわいい スパイダーマン:ホームカミング

Pick Upピックアップ