映画board

就活する人に見てほしい映画7選|転職7回を経験したライターが厳選…

自己PRが学べる?就活映画No.1『ナイトクローラー』(14)

仕事にあぶれたルー(ジェイク・ギレンホール)は、通りかかった事故現場で、凄惨な映像を撮ってはテレビ局に売る報道スクープ専門の映像パパラッチ、通称『ナイトクローラー』という稼業を知る。ルーは早速ビデオカメラを入手。警察無線を傍受し、事件や事故が起こるや素早く現場に駆け付け、現場の様子や被害者をカメラに収めていった。彼が撮った映像が高く売れる一方、テレビ局側の要求もエスカレート。ルーはより過激なものを求め、一線を超えていく。

出典元:https://eiga-board.com/movies/83448

ナイトクローラー

ナイトクローラー

2014年/アメリカ/118分

作品情報 / レビューはこちら

『サウスポー』や『プリズナーズ』でも知られるジェイク・ギレンホールが、無職から事故現場を撮影するパパラッチとして成り上がる狂気のサクセスストーリー。最初は定職に就けず、資材を盗んで日銭を稼ぐ日々を過ごしていますが、仕事に就きたい気持ちは就活生も刺激を受けるほど真っすぐ。資材を売った会社でいきなり自己PRを始めたり、事故の映像がお金になると知ると(盗んだ)自転車を売って機材をそろえ、撮影した映像を積極的にテレビ局に売り込んだりします。

仕事に対する姿勢は恐ろしいほど真っすぐですが、ちょいちょい犯罪をするのが玉に瑕(やがてちょっとでは済まなくなるのですが…)。とはいえ仕事に就こうとする姿勢、自分を売り込む勢いなど、何かと就活するうえで参考になるポイントは多数。面接のときは主人公・ルイスのように目は大きく開いて、相手を真っすぐ見るようにしましょう。

営業力が学べる?就活映画No.2『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(16)

1954年、アメリカ。52歳のレイ・クロック(マイケル・キートン)は、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。そんなある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはマック(ジョン・キャロル・リンチ)とディック(ニック・オファーマン)の兄弟が経営するハンバーガー店“マクドナルド”があった。合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得、契約を交わすのだった。フランチャイズ化は次々に成功していくが、利益を追求するレイと兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るため、兄弟との全面対決へと突き進んでいく……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/88564

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

2016年/アメリカ/115分

作品情報 / レビューはこちら

「飲食業界で就活したい!」そんな方にぜひ見てほしい映画が『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』です。マクドナルドの誕生秘話だけでなく「どのようにマックは全国に広がったのか?」など、事業拡大の背景や人間ドラマがわかる伝記映画となっています。冴えない営業マン、レイ・クロックがマックと出会い「フランチャイズ化」で成功を収める姿は、これから働く就活生にも刺さるはず。特に営業系で仕事を探す人にとって、面接のネタになりそうなくらい波乱万丈なストーリーが待ち受けています。

本作はビジネスマンが見ると興味深い内容ですが、クリエイターなど「何かを生み出す人」が鑑賞すると、ひたすら暗い気持ちになることも…。見る人によって感じ方が異なる作品でもありました。クリエイティブ関係の仕事を探している方はモチベーションが下がりかねないので要注意…。

上司に気に入られるコツ?就活映画No.3『アイリッシュマン』(19)

1940~50年代、全米最強の労働組合指導者として絶大な権力で名声を高めると共に、悪名を轟かせたジミー・ホッファ(アル・パチーノ)。野心的で権力に飢え、犯罪活動に深く関与していたホッファは、1960年代に入ると陪審員買収、贈収賄、詐欺の罪で有罪判決を受ける。5年後、刑務所を出所し、かつての栄光を取り戻そうとしたホッファは、その傲慢さと突飛さから、犯罪組織の取り巻き連中と敵対。一方、裏ビジネスを隠れ蓑に暗躍する裏社会のボス、ラッセル・バファリーノ(ジョー・ペシ)は、退役軍人で冷酷な殺し屋フランク・シーラン(ロバート・デ・ニーロ)を犯罪地下組織へと導く。シーランとホッファの仲を取り持ち、友情を育むことを勧めるバファリーノ。だが、それがすべての人間を壊滅的な結果へと導いてゆく……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/93185

アイリッシュマン

アイリッシュマン

2019年/アメリカ/209分

作品情報 / レビューはこちら

「マフィア映画を就活生に勧めるなんて…」と思われそうですが、このジャンルの映画は主人公が組織に入って成り上がっていく様子をしっかり描いているため、就活のモチベーションアップに繋がる内容が詰まっています。例えば『アイリッシュマン』の場合、しがない食肉配送ドライバーの主人公が、ひょんなことから知り合ったマフィアに上等な肉をこっそり横流しします。これを気に、マフィアに入ることとなった主人公は大物たちのために、せっせと下働きをするのです。みかじめ料の回収をしたり、ライバル組織の会社を爆破したり…。

就活も何がきっかけで採用になるかわかりません。邪魔者を消したり泥棒まがいなことをしたりしてはいけませんが、本作の主人公のように組織のニーズを知り、それに答えられるスキルを持っておけばスムーズな就活も可能でしょう。入社した後の立ち回りついても学べることが結構あります。

【ランキングboard】あなたが選ぶナンバーワンは?
次のページ : 就活試験が難しいとテンション下がりますよね…採用試験を捉えた映画

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  3枚

Writer info

ヤマダ マイ

映画をメインにライター活動をしています。記事を読んで映画に興味を持ってもらえたら...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

shym-o

2021/10/24 09:54

見終わって

3

「空白」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/11/22 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ ミステリー・サスペンス アクション スパイダーマン:ホームカミング ドラマ ゴジラ キング・オブ・モンスターズ イラスト アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

Pick Upピックアップ