映画board

『エヴァンゲリオン』シリーズ興行収入&観客動員、最高記録を更新!

大ヒット公開中の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が、『エヴァンゲリオン』シリーズ興行収入・観客動員の最高記録を更新中だ。

4月11日(日)には庵野秀明(総監督)、鶴巻和哉(監督)、前田真宏(監督)、そして碇シンジ役・緒方恵美の登壇による舞台挨拶が新宿バルト9にて行われた。『エヴァンゲリオン』シリーズでの監督陣の舞台挨拶は史上初であり、今後も予定されていないことから、“最初で最後”の監督陣舞台挨拶ということで、登壇する新宿バルト9のシアター9は約3分で完売。さらに、全国328の映画館が参加という大規模な同時生中継も実施。全国からこの“ラストチャンス”に注目が集まった。

舞台挨拶の中では、庵野総監督から「スタッフの代表として、みなさまにお礼を言う最後のチャンスかな、と思って出ることにしました」「こういったニッチな(分野の)ロボットアニメで100億を目指せるというのはありがたいこと」と、シリーズ最高の記録を支えてくれた方々への御礼が述べられ、それを受けてSNS上では、「庵野秀明を100億の男へ」、「碇シンジを100億の男へ」というような声があがり、大きな反響を見せている。

加えて、宇多田ヒカルによる本作のテーマソング「One Last Kiss」をはじめとして、これまで宇多田さんが『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズへ提供してきたテーマソングのすべてが収録されたEPが、発売1ヶ月たった中でありながら、4月10日付のオリコンデイリーアルバムランキングで1位となる異例の再浮上を見せるなど、多方面で『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の熱狂・勢いはいまだに続いている。

さらに、TikTokで10日夜に行われた『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開記念スペシャルLIVE(高橋洋子、緒方恵美、TikTokクリエイターしんのすけ出演)では『エヴァンゲリオン』公式アンバサダーをつとめる高橋洋子が代表曲『魂のルフラン』『残酷な天使のテーゼ』などを歌い上げたのち、主人公・碇シンジ役、緒方恵美とのトークを展開。TikTokクリエイターしんのすけによる熱い『シン・エヴァ』の感想も述べられ、総視聴数はなんと13万人以上を記録。若い世代を中心として、多くの注目を集めている。

音楽・イベント・舞台挨拶、『シン・エヴァ』一色の週末となったこの4月10日(土)・11日(日)2日間の成績は興行収入2億6520万3150円、観客動員数16万807人を記録。公開初日からの35日間累計で興行収入74億2624万3700円、観客動員数484万8041人となり、興行収入・観客動員ともにシリーズ最高記録を更新中だ。

シン・エヴァンゲリオン劇場版』は大ヒット公開中

(C)カラー

映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド

【あの人は今】佐藤健主演『仮面ライダー電王』メインキャストの当時と現在の活躍に迫る

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  5枚

Writer info

映画ランドNEWS

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Kenta Koyama

2021/04/30 20:09

5

「ノマドランド」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/5/6 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

あの人は今 洋画 かっこいい セクシー おすすめ映画まとめ ホラー 邦画 ドラマ かわいい アクション

Pick Upピックアップ