映画board

名作から新作まで。おすすめ任侠映画7選

任侠映画の金字塔

仁義なき戦い

1973年に上映されて以来、「任侠映画の金字塔」として時代が大きく変わったいまでも、多くのファンを持つ「仁義なき戦い」。第二次世界大戦後の混沌とした日本社会の中で、ヤクザとして生きる男たちの裏切り合い、権力の奪い合いの抗争をリアルに描いたノンフィクション映画です。

本作を皮切りにシリーズ化し、その世界を生き抜いていくキャラクターたちのその後が描かれれています。今や、大御所俳優として存在感のある、菅原文太、松方弘樹、渡瀬恒彦らが、若手俳優ならではの勢いのある演技にも注目です。

盃と畳

その組への加入を意味する「盃の酌み交わし」は作中でもよく登場する

仁義なき戦いシリーズは深作欣二監督の元で公開された5作品の「仁義なき戦いシリーズ」と、同監督でキャスト・ストーリーを新たにした「新仁義なき戦いシリーズ」。そして、さまざまな監督が「番外編として描いた仁義なき戦い」がいくつか存在していますが、登場人物は毎度潔いほどに変わっていくので、連続して観なくても問題はなさそうです。

とはいえ、1973年公開のオリジナル作品「仁義なき戦い」は昔の映画ならではの演出や、リアルな描写で描かれているのでファンが多いのも納得、一見の価値ありです!

極道の妻たち

2作品目の「極道の妻たち」も任侠映画の名作シリーズのひとつ。男性が権力やカネを奪い合う極道の世界で生きる女性たちに焦点を当てた作品です。本作では裏社会で生きる男たちの妻として生きる中での、「切ない愛」がキーポイントとなっています。

女性同士の裏切り合いや戦いぶりを見ていると、なんだか男性同士のケンカよりも生々しい気がしてきます。そんな中でも中心キャラクターの岩下志麻や、かたせ梨乃はやはり美しくカッコ良くもあるのでとっても見応えがあってオススメの作品です。

涙を流す黒留袖の女性

「愛した男が極道だった」という言葉にある、悲しみの涙

極道の妻たち

極道の妻たち

1986年/日本/120分

作品情報 / レビューはこちら
【時間を作ってでも読みたくなる!】おすすめ漫画45選(2021年版)
次のページ : 現代版・任侠映画

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  7枚

Writer info

misanagi12

はじめまして、洋画、洋ドラマ大好きなmisanagi12です。英語の勉強とこじつけて、ほぼ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

株式会社doroguba(ドログバ)

2021/05/14 22:32

おもしろかったです

5

「名探偵コナン 緋色の弾丸」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/6/7 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 アクション ゴジラ キング・オブ・モンスターズ アメコミ 邦画 かわいい ラブロマンス ドラマ ミステリー・サスペンス ホラー

Pick Upピックアップ