映画board

Birthday!

イ・ダヘ

【イラスト紹介】『JUNK HEAD』『太陽は動かない』『ゴジラの逆襲』

ドン詰まりの地下世界で織り成す奇妙な生き物たちの宴『JUNK HEAD』

ストーリー

はるか未来。繁栄は極めたがその代償として生殖機能を失った人類は、新種のウイルスによる人口激減もあり、ゆるやかな絶滅の道を辿っていた。そんなドン詰まった現状を打破すべく、政府はマリガンという生き物が繁殖を続けている「地下世界」への調査員を募集し、この物語の主人公であるダンス講師がその調査員に選ばれる。
「この単調な生活にも飽きちゃったし、マリガン繁殖の秘密を解き明かして人類を救ってビッグな男になるぞー(・ω・)」とそれなりに使命感に燃えていた主人公だったが、地下世界に降りた途端、まったくの予想外の出来事に見舞われる。そしてそれはこれからこの主人公の身に降りかかる最低で最高の出来事のホンの「触り」の部分に過ぎなかった。

ひとりで始めて7年間

今作『JUNK HEAD』はアマチュアクリエイターの堀貴英さんが本業の内装業のかたわら1人で制作し始め、その後スタッフを増やしつつも完成まで実に七年かかったという「好きでなきゃやってられない」ストップモーションアニメです。好きでなきゃやってられないだけあって、画面の隅々にまで堀貴英さんの趣味とこだわりを感じました。繁栄している地上とは真逆の、吹きだまりのようなドン詰まりっぽさ漂う地下世界なのですが、探検してみたい遊び心にもあふれていて。世界観の奥行きがとにかくすごい。実に心地よい映像体験でした。

奇天烈だけどなんかかわいい子たち

この作品に出てくるキャラクターは人間はほぼほぼいなくて(主人公が唯一の人間だけど、その主人公も物語開始早々以下略)、「マリガン」と呼ばれる人間に遺伝子操作された奇妙な生き物たちと、そのマリガンですらない、ホントになんなのか謎な生き物たちがメインで出てくるんですが、みんな正直パッと見は「く、食われる」と思ってしまうような油断ならない造形をしてるものの、謎の愛嬌もあってなんかかわいいんですよ、実際食ってくる生き物もいるからホント油断はできないんですけど。

3バカ兄弟ラブ!

私の特にお気に入りはイラストにも描いた、黒づくめファッションに身を包んだ「3バカ兄弟」で、ちょっとおバカで無邪気で、あーなんかかわいいなこの子らー、とホッコリしてたら、終盤でこの子らに私の涙腺根こそぎ持ってかれました。もー、この子らー、もー、好きー、好きー。

興行収入(とパンフレットの売れ行き)次第で続編もあるそうなので、応援してます。

【あの人は今】竹内涼真主演『仮面ライダードライブ』キャストの当時と現在の活躍に迫る!
次のページ : 藤原竜也がまた大スクリーンでどてらい目に

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

妖介

絵描きのような者。映画情報サイトやツイッターなどで映画ネタ絵を好き勝手に描き散ら...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ユキノナーニー

2021/04/03 19:53

私はイマイチ!

3

「あのこは貴族」

2021/03/26 05:32

4

「アウトポスト」

清水久美子 Kumiko Shimizu

2021/03/11 23:12

女性同士で争う必要はない

5

「あのこは貴族」

Comment記事へのコメント

akichia(attack)

2021/04/19 00:20

てすとだよ

「てすとだよ」

Ranking動員数ランキング

2021/4/12 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Popular Tags人気のタグ

洋画 ミステリー・サスペンス アメコミ おすすめ映画まとめ アクション セクシー 邦画 きれい アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー ラブロマンス

Pick Upピックアップ