映画board

「自分が持っている秘密ってなんだろう」と考えながら楽しく見られる作品と『ゾッキ』松井玲奈さんが語る

<作品概要>

ありふれた日常に巻き起こる、不思議な笑いに包まれたヒューマンコメディ。日本を代表する俳優であり、クリエイターとしても異能示す竹中直人・山田孝之・齊藤 工の三人が映画監督として共同制作を行う。

原作はミニシアターの公開ながら4万人動員の異例の大ヒットを産んだ『音楽』の作者であり、その独特な表現力が唯一無二の作家と称される天才漫画家大橋裕之の自費出版時代の幻となっていた作品集「ゾッキA」「ゾッキB」。およそ30編の短編作品の中から選ばれたエピソード8つを織り交ぜて構成し、舞台演出家・劇作家の倉持裕が脚本を書き上げた。

音楽監督を努めたのはアーティスト、シンガーソングライターのChara。本作の主題歌「私を離さないで」を俳優・シンガーソングライターとして活躍する息子・HIMIと共同制作し、初デュエットも披露した。

石坂浩二、松田龍平、國村隼を始めとする多彩なキャストが集結し、大橋氏の生まれ故郷・愛知県蒲郡市の全面的な支援を受けてロケを敢行し、制作された。

<あらすじ>

今日も地球は「秘密と嘘」で回っている。
ある女は、「秘密は大事に、なるべくたくさん持て」と助言する祖父が告白した、秘密の数に腰を抜かす。
ある男は、あてがないというアテを頼りに、ママチャリで“南”を目指す旅に出る。
ある少年は、成り行きでついた「嘘」をきっかけに、やっとできた友だちから“いるはずのない自分の姉”に恋をしたと告げられ、頭を悩ませる。
ある青年は、今は消息不明の父と体験した幼い日の奇妙な出来事を思い出していた。
そして、日々なんとなくアルバイトに勤しむひとりの少年は、“ある事件”が海の向こうの国で起こったことを知るーー。
寄せ集められた小さな話の数々。やがてまさかの感動のフィナーレへと突き進んでいく!?
なんだかわからないけど、明日がちょっと楽しくなる。

『ゴーストバスターズ』シリーズで活躍したキャストたちのその後18選【あの人は今・2021年版】
次のページ : 竹中直人監督ってどんな人?

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  19枚

Writer info

ほりきみき

映画の楽しみ方はひとそれぞれ。ハートフルな作品で疲れた心を癒したい人がいれば、勧...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

株式会社doroguba(ドログバ)

2021/05/14 22:32

おもしろかったです

5

「名探偵コナン 緋色の弾丸」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/6/14 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 ゴジラ キング・オブ・モンスターズ ドラマ アメコミ ミステリー・サスペンス おすすめ映画まとめ マーベル アクション ホラー スパイダーマン:ホームカミング

Pick Upピックアップ