映画board

長い構想期間を経て、綾野剛の名越、成田凌の伊藤にたどり着いたと『ホムンクルス』 清水監督が振り返る

<作品概要>

原作は山本英夫の同名コミック。2003~2011年に『ビッグコミックスピリッツ』で連載され、累計発行部数が400万部を超える。

メガホンを取ったのは「呪怨」シリーズ、「犬鳴村」など国内外で活躍する清水崇監督。主人公の名越を綾野剛が演じた。成田凌、岸井ゆきの、石井杏奈、内野聖陽らが名越を戸惑わせる個性豊かな登場人物として脇を支える。

メインテーマ「Trepanation」はプロデューサー/ソングライターである常田大希を中心に構成され新世界スタイルバンドとして話題のmillennium paradeが書き下ろした。そしてmillennium paradeにも参加するermhoi、江﨑文武が劇中音楽を担当。様々なジャンルの楽曲提供をする2人が初めて映画の劇中音楽を制作し、本作の独特な世界観を彩っている。

<あらすじ>

一流ホテルとホームレスが溢れる公園の狭間で車上生活を送る名越(綾野剛)。そこに突然、奇抜なファッションに身を包んだ研修医・伊藤(成田凌)が目の前に現れる。「頭蓋骨に穴を空けさせて欲しいー」突然の要求に戸惑う名越だったが、“生きる理由”を与えるという伊藤の言葉に動かされ第六感が芽生えると言われるトレパネーションを受けることに。

術後、名越が右目を手で覆い、左目だけで見たのは、人間が異様な姿に変貌した世界だった。その現象を「他人の深層心理が、視覚化されて見えている」と説く伊藤。彼はその異形をホムンクルスと名付けた。ホムンクルスと化した人々の心の闇と対峙していく中で、名越の過去が徐々に紐解かれ、自らの失った記憶と向き合うことに。果たして名越が見てしまったものは、真実なのか、脳が作り出した虚像の世界なのか?取り戻した記憶に隠された結末とは?!

(PR)夏休み目前!親子で大満足の恐竜映画『ディノ・キング 恐竜王国と炎の山の冒険』がおすすめ
次のページ : 映画化のきっかけは?

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  12枚

Writer info

ほりきみき

映画の楽しみ方はひとそれぞれ。ハートフルな作品で疲れた心を癒したい人がいれば、勧...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

株式会社doroguba(ドログバ)

2021/05/14 22:32

おもしろかったです

5

「名探偵コナン 緋色の弾丸」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/6/14 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 ゴジラ キング・オブ・モンスターズ ドラマ アメコミ ミステリー・サスペンス おすすめ映画まとめ マーベル アクション ホラー スパイダーマン:ホームカミング

Pick Upピックアップ