映画board

「私を捨てたら殺すわよ。分かってる?」切ない宿命を背負う“水の精”神話を基にした 『水を抱く女』

 

『水を抱く女』

 
3月26日(金)より新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開
© SCHRAMM FILM/LES FILMS DU LOSANGE/ZDF/ARTE/ARTE France Cinéma 2020
配給:彩プロ
監督・脚本:クリスティアン・ペッツォルト
出演:パウラ・ベーア、フランツ・ロゴフスキ、マリアム・ザリー、ヤコブ・マッチェンツ 
2020年/ドイツ・フランス/ドイツ語/90分/アメリカンビスタ/5.1ch/原題:Undine/日本語字幕:吉川美奈子
 
 

 
 
概要:
名匠クリスティアン・ペッツォルト(『東ベルリンから来た女』)が、魅惑的な“水の精”神話を 大胆に現代に置き換えて映画化。
「愛する男に裏切られた時、その男を殺して、水に還らなければならない」という切ない宿命を背負った水の精・ウンディーネの物語を、現代都市ベルリンに幻想的に蘇らせた。
官能的なバッハの旋律にのせて、繊細に描写されるミステリアスな愛の叙事詩『水を抱く女』。

ストーリー:
ベルリンの都市開発を研究する歴史家ウンディーネ(パウラ・ベーア)は、アレクサンダー広場に隣接する小さなアパートで暮らし、博物館でガイドとして働いている。
恋人のヨハネス(ヤコブ・マッチェンツ)から別の女性に心移りしたと告げられ、悲嘆にくれていたウンディーネの前に、愛情深い潜水作業員のクリストフ(フランツ・ロゴフスキ)が現れる。
数奇な運命に導かれるように、すぐに惹かれ合い、付き合い始める二人だったが、次第にクリストフは ウンディーネが何かから逃れようとしているような違和感を覚え始める。
その時、ウンディーネは自らの宿命に直面しなければならず……。
 
 

 
 

【観て損なし!】出会ってよかったと満足できるおすすめアニメ50選 (2021年版)
次のページ : 人魚姫の基にもなった神話

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  13枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経て、1996年にフリーライターに。...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

株式会社doroguba(ドログバ)

2021/05/14 22:32

おもしろかったです

5

「名探偵コナン 緋色の弾丸」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/6/14 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 ゴジラ キング・オブ・モンスターズ ドラマ アメコミ ミステリー・サスペンス おすすめ映画まとめ マーベル アクション ホラー スパイダーマン:ホームカミング

Pick Upピックアップ