映画board

「豪華なキャストにプレッシャーを感じつつ、俳優としての自信に」と映画『騙し絵の牙』で宮沢氷魚が語る

<作品概要>

原作はミステリー小説「罪の声」の著者・塩田武士の同名ベストセラー小説。俳優・大泉洋を主人公にあて書きし、2018年本屋大賞にランクインするなど話題・評判ともに世間の注目を集めた。
主人公の雑誌編集長・速水役に大泉洋。その速水の策略に巻きこまれていく新人編集者・高野役には、松岡茉優。薫風社の重役として、大改革を裏で進める東松役に佐藤浩市。 さらに、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、和田聰宏、坪倉由幸、斎藤工、塚本晋也、 リリー・フランキー、小林聡美、國村隼など日本を代表する優陣が脇を支える。

監督は、『桐島、部活やめるってよ』で第36回日本アカデミー賞最優秀作品賞及び最優秀監督賞、『紙の月』で第38回日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞した吉田大八。脚本は『天空の蜂』の 楠野一郎と吉田監督による共同執筆。

<あらすじ>

大手出版社「薫風社」はかねてからの出版不況に加えて創業一族の社長が急逝。次期社長を巡って権力争いが勃発する。社長の椅子に近いと言われる専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに陥った。雑誌「トリニティ」も例外ではない。変わり者編集長・速水(大泉洋)は東松から無理難題を押し付けられて窮地に立たされる。しかし、頼りない男に見える速水は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた。嘘、裏切り、リーク、告発。クセモノ揃いの上層部・作家・同僚たちの陰謀が渦巻く中、速水は新人編集者・高野(松岡茉優)を巻き込んで、生き残りを賭けた“大逆転”の奇策を繰り広げていく。

子どもと一緒に観たい!Hulu フールーでおすすめの面白い映画 ランキングTOP25
次のページ : 主演の大泉洋の印象を尋ねると。。。

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  13枚

Writer info

ほりきみき

映画の楽しみ方はひとそれぞれ。ハートフルな作品で疲れた心を癒したい人がいれば、勧...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ユキノナーニー

2021/04/03 19:53

私はイマイチ!

3

「あのこは貴族」

2021/03/26 05:32

4

「アウトポスト」

清水久美子 Kumiko Shimizu

2021/03/11 23:12

女性同士で争う必要はない

5

「あのこは貴族」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/4/5 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ セクシー ミステリー・サスペンス アメコミ 邦画 マーベル ドラマ アクション きれい

Pick Upピックアップ