映画board

ワンダーウーマンは無敵だと思っていませんか?『ワンダーウーマン 1984』で描かれた弱さと脆さ

「最強だと思うヒーローは誰?」と聞くと、多くの人々がスーパーマンかワンダーウーマンと答える。
アメリカン・コミックの老舗DCコミックスが世に送り出した、おそらくは最も有名なヒーローの二大巨頭であろう。
アメリカでは女性ヒーローの象徴として、常にワンダーウーマンが人気のトップを走り続けている。
その誕生から2021年で80周年を迎えるヒーローであり、それだけ長きにわたり、多くの女性たちに勇気を与えたきた存在なのだ。
そんな「ワンダーウーマン」は、2017年に映画『モンスター』(2003)などで知られるパティ・ジェンキンス監督の手により実写映画化され、全世界で大きな話題となった。
その後、ヒーロー集結映画『ジャスティス・リーグ』(2017)での活躍を経て、待望の続編となる『ワンダーウーマン 1984』が2020年に公開された。
ここでは、間もなくブルーレイ&DVDがリリースとなる同作の魅力を紹介しよう。

そもそも『ワンダーウーマン』とは?

『ワンダーウーマン』は、DCコミックスが1941年に発表した、世界初の女性ヒーロー作品だった。
それまでの男性ばかりが世界を守る風潮に一石を投じ、アメコミ界に革命をもたらした一作と言えるだろう。
そんな世界初の女性ヒーローを実写化しようという動きは、これまで幾度となく試みられ、TVドラマ『空飛ぶ鉄腕美女ワンダーウーマン』など、現に実写作品の製作もされてきた。
しかし、アメリカ人の心に残るパイオニア的な作品であるがゆえに、その実写化には大きなリスクを伴うことは否めない。
長年、『ワンダーウーマン』は実写映画化の機会を待ち続けることになる。

そして、時は2017年。ようやく『ワンダーウーマン』実写映画化に相応しい時代へと突入するのだ。

『ワンダーウーマン 1984』(2020)

WONDER WOMAN and all related characters and elements are trademarks of and (c) DC. Wonder Woman 1984 (c) 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

初の実写映画版となった2017年の『ワンダーウーマン』は、2013年の『マン・オブ・スティール』から始まった作品群の一環として製作され、スーパーマンとバットマンというDCコミックスを代表するスーパーヒーローの戦いを描いた『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)で初登場を飾ったダイアナ・プリンス=ワンダーウーマンのオリジンを描く作品だった。
同作の監督を務めたのは、当時、アメコミ映画としては異例の抜擢だった女性監督のパティ・ジェンキンス。
これは、世界初の女性ヒーローを女性監督が映像化するというフェミニズム精神を体現するかのごとく、打ってつけの人選だった。
その大胆な映像表現や力強いアクション描写から、世界中の映画ファン、アメコミ好きを大いに納得させたのである。
こうしてDC映画に欠かせない存在となったワンダーウーマンは、DCヒーローが一堂に会する超大作『ジャスティス・リーグ』(2017)でも堂々とした活躍を魅せ、2020年に満を持しての続編『ワンダーウーマン 1984』が公開となった。

【光源vol.2】Podcastプロデューサー白井太郎、イラストレーター水元さきのにクリエイターの本質を聞く
次のページ : 古き良きアメコミ映画らしさを醸し出した続編

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  8枚

Writer info

zash@Sunset Boulevard

子供の頃から洋画と海外ドラマに精通し、その知識を活かして、2016年より海外ドラマbo...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/7/19 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ ドラマ アクション スパイダーマン:ホームカミング ミステリー・サスペンス マーベル かわいい ホラー

Pick Upピックアップ