映画board

新作「ROMA/ローマ」が称賛の嵐!アルフォンソ・キュアロンの略歴と作品を紹介!

アルフォンソ・キュアロンの略歴を紹介!

2019年のアルフォンソ・キュアロン監督

BEVERLY HILLS, CALIFORNIA - JANUARY 19: Alfonso Cuaron attends the 2019 PGA Nominees Breakfast on January 19, 2019 in Beverly Hills, California. (Photo by Alberto E. Rodriguez/Getty Images for THR)

アルフォンソ・キュアロンは、メキシコ出身の映画監督で現在57歳。

元々はテレビディレクターとして活動をしていたが、長編映画監督処女作「最も危険な愛し方」(1991年)を制作し、ハリウッドに渡り、第2作「リトル・プリンセス」(1995年)が評価される。

その後、1998年にイーサン・ホーク、グウィネス・パルトロウが主演をし話題となった第3作「大いなる遺産」でディケンズ原作の物語に挑戦した。

そして、メキシコで製作されたガエル・ガルシア・ベルナル主演の第4作「天国の口、終りの楽園。」(2001年)がヴェネツィア国際映画祭の脚本賞を受賞、第74回アカデミー賞脚本賞にノミネートされるなど世界的な評価を得た。

2004年の第5作「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(2004年)からエンターテインメント映画の監督にも進出し、第6作「トゥモロー・ワールド」(2006年)の監督も担当する。

しかしやはり彼が一般的な知名度を獲得したのは、第8作「ゼロ・グラビティ」(2013年)であろう。サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー主演の本作は第86回アカデミー賞7部門を受賞した。

そして、満を持して発表された第9作目「ROMA/ローマ」(2018年)は「ゼロ・グラビティ」を上回る絶賛の嵐を巻き起こし、第91回アカデミー賞で監督賞・撮影賞・外国語映画賞の3部門を受賞、10部門にノミネートされた。

今一番映画界が注目する監督と言ってもいいであろう。

次のページ : アルフォンソ・キュアロン監督作品第1作:「最も危険な愛し方」(1991年)

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  12枚

Writer info

ミラクト

文筆を生業にしている男。

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/2/17 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

スター・ウォーズ ランキング おすすめ映画まとめ 洋画 セクシー グレイテスト・ショーマン プライベート・ライアン アベンジャーズ/エンドゲーム インセプション ドラマ

Pick Upピックアップ