映画board

【2021年】第93回アカデミー賞(オスカー)ノミネート作品一覧 女性監督二人が候補者に

第93回アカデミー賞授賞式 最多ノミネートは『Mank/マンク』

2021年度、第93回目の開催となるアカデミー賞授賞式。コロナ禍の影響で、例年より約2ヶ月遅れの4月26日(日本時間)に受賞式が行われます。

最多ノミネート作品は、10部門にノミネートされた『Mank/マンク』。続いて6部門にノミネートされているのが『ファーザー』『 Judas and the Black Messiah(原題)』『ミナリ』『ノマドランド』『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』『シカゴ7裁判』の6作品。5部門が『プロミシング・ヤング・ウーマン』『マ・レイニーのブラックボトム』という結果になっています。

まずは、3月15日に発表された主要部門のノミネート一覧をご覧ください。

作品賞

『ファーザー』
『Judas and the Black Messiah(原題)』
『Mank/マンク』
『ミナリ』
『ノマドランド』
『プロミシング・ヤング・ウーマン』
『サウンド・オブ・メタル~聞こえるということ~』
『シカゴ7裁判』

監督賞

トマス・ヴィンターベア『Another Round(英題)』
デヴィッド・フィンチャー『Mank/マンク』
リー・アイザック・チョン 『ミナリ』
クロエ・ジャオ 『ノマドランド』
エメラルド・フェネル『プロミシング・ヤング・ウーマン』

主演女優賞

アンドラ・デイ『The United States vs. Billie Holiday(原題)』
ヴィオラ・デイヴィス『マ・レイニーのブラックボトム』
ヴァネッサ・カービー『私というパズル』
フランシス・マクドーマンド『ノマドランド』
キャリー・マリガン『プロミシング・ヤング・ウーマン』

主演男優賞

リズ・アーメッド『サウンド・オブ・メタル~聞こえるということ~』
チャドウィック・ボーズマン『マ・レイニーのブラックボトム』
アンソニー・ホプキンス 『ファーザー』
ゲイリー・オールドマン 『Mank/マンク』
スティーブン・ユアン 『ミナリ』

助演女優賞

マリア・バカローヴァ『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』
グレン・クローズ『ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌』
オリヴィア・コールマン『ファーザー』
アマンダ・セイフライド『Mank/マンク』
ユン・ヨジョン『ミナリ』


助演男優賞

サシャ・バロン・コーエン『シカゴ7裁判』
ダニエル・カルーヤ『Judas and the Black Messiah(原題)』
レスリー・オドム・Jr『あの夜、マイアミで』
ポール・レイシー『サウンド・オブ・メタル~聞こえるということ~』
ラキース・スタンフィールド『Judas and the Black Messiah(原題)』

脚本賞

『Judas and the Black Messiah(原題)』
ウィル・バーソン、シャカ・キング、ストーリー:ウィル・バーソン、シャカ・キング、ケニー・ルーカス、キース・ルーカス 

『ミナリ』リー・アイザック・チョン

『プロミシング・ヤング・ウーマン』エメラルド・フェネル

『サウンド・オブ・メタル~聞こえるということ~』

ダリウス・マーダー&アブラハム・マーダー、ストーリー:ダリウス・マーダー、デレク・シアンフランス

『シカゴ7裁判』アーロン・ソーキン

脚色賞

『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』
サシャ・バロン・コーエン、アンソニー・ハインズ、ダン・スワイマー、ピーター・ベイナム、エリカ・リビノヤ、ダン・メイザー、ジェナ・フリードマン、リー・カーン、ストーリー:サシャ・バロン・コーエン、アンソニー・ハインズ、ダン・スワイマー、ニーナ・ペドラッド

『ファーザー』クリストファー・ハンプトン、フローリアン・ゼレール

『ノマドランド』クロエ・ジャオ

『あの夜、マイアミで』 ケンプ・パワーズ

『ザ・ホワイトタイガー』ラミン・バーラニ

国際長編映画賞

『Another Round(英題)』デンマーク
『少年の君』香港
『Collective(英題)』ルーマニア
『皮膚を売った男』チュニジア
『Quo vadis, Aida?(原題)』ボスニア・ヘルツェゴビナ

長編アニメ映画賞

『2分の1の魔法 』
『フェイフェイと月の冒険』
『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』
『ソウルフル・ワールド』
『ウルフウォーカー』

長編ドキュメンタリー映画賞

『Collective(英題)』
『ハンディキャップ・キャンプ: 障がい者運動の夜明け』
『老人スパイ』
『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』
『タイム』

短編ドキュメンタリー映画賞

『COLETTE』
『A CONCERTO IS A CONVERSATION』
『DO NOT SPLIT』
『HUNGER WARD』
『ラターシャに捧ぐ ~記憶で綴る15年の生涯~』

短編映画賞

『FEELING THROUGH』ダグ・ローランド、スーザン・ルゼンスキー
『THE LETTER ROOM』エルヴィラ・リンド、ソフィア・ソンデルヴァン
『THE PRESENT』ファラ・ナブルシ
『TWO DISTANT STRANGERS』トラヴォン・フリー、マーティン・デスモンド・ロー
『WHITE EYE』トマー・シュシャン、シラ・ホッチマン

短編アニメ賞

『夢追いウサギ』原題:BURROW マデリーン・シャラフィアン、マイケル・カバラ
『GENIUS LOCI』 アドリアン・メリゴー、アマウリ・オヴィーズ
『愛してるって言っておくね』原題:IF ANYTHING HAPPENS I LOVE YOU ウィル・マコーマック、マイケル・ゴビエ
『OPERA』エリック・オー
『YES-PEOPLE』ギスリ・ダリ・ハルドルソン、アルナル・グンナルソン

作曲賞

『ザ・ファイブ・ブラッズ』テレンス・ブランチャード
『Mank/マンク』トレント・レズナー、アティカス・ロス
『ミナリ』エミール・モセリ
『この茫漠たる荒野で』ジェームズ・ニュートン・ハワード
『ソウルフル・ワールド』トレント・レズナー、アティカス・ロス、ジョン・バティスト

歌曲賞

IGHT FOR YOU『Judas and the Black Messiah』
ヒア・マイ・ヴォイス『シカゴ7裁判』
HUSAVIK『ユーロビジョン歌合戦 ファイア・サーガ物語』
IO SÌ (SEEN)『これからの人生』
スピーチ・ナウ『あの夜、マイアミで』

音響賞

『グレイハウンド』ウォーレン・ショー、マイケル・ミンクラー、ボー・ボーダーズ、デビッド・ワイマン
『Mank/マンク』レン・クライス、ジェレミー・モロッド、デビッド・パーカー、ネイサン・ナンス、ドリュー・クニン
『この茫漠たる砂漠で』オリバー・ターニー、マイク・プレストウッド・スミス、ウィリアム・ミラー、ジョン・プリチェット
『ソウルフル・ワールド』レン・クライス、コヤ・エリオット、デビッド・パーカー
『サウンド・オブ・メタル~聞こえるということ~』ニコラ・ベッカー、ハイメ・バクシュト、ミシェル・クートレンク、カルロス・コルテス、フィリップ・ブラド

美術賞

『ファーザー』 ピーター・フランシス、キャシー・フェザーストーン
『マ・レイニーのブラックボトム』マーク・リッカー、カレン・オハラ、ダイアナ・ストートン
『Mank/マンク』ドナルド・グラハム・バート、ヤン・パスカル
『この茫漠たる砂漠で』デヴィッド・クランク、エリザベス・キーナン
『TENETテネット』ネイサン・クロウリー、 キャシー・ルーカス

撮影賞

『Judas and the Black Messiah(原題)』ショーン・ボビット
『Mank/マンク』エリック・メッサーシュミット
『この茫漠たる砂漠で』ダリウシュ・ウォルスキー
『ノマドランド』ジョシュア・ジェームズ・リチャーズ
『シカゴ7裁判』Phedon Papamichael

メイクアップ&ヘアスタイリング賞

『EMMA』マリース・ランガン、ローラ・アレン、クラウディア・ストルーズ
『ヒルビリー・エレジー』Eryn Krueger、マシュー・マングル、パトリシア・ディーハニー
『マ・レイニーのブラックボトム』セルジオ・ロペス=リベラ、ミア・ニール、ジャミカ・ウィルソン
『Mank/マンク』ジジ・ウィリアムズ、キンバリー・スピテリ、コリーン・ラバフ
『PINOCCHIO』マーク・クーリエ、ダリア・コッリ、フランチェスコ・ペゴレッティ

衣裳デザイン賞

『EMMA』アレクサンドラ・バーン
『マ・レイニーのブラックボトム』アン・ロス
『Mank/マンク』トリッシュ・サマービル
『ムーラン』Bina Daigeler
『PINOCCHIO』マッシモ・カンティーニ・パリーニ

編集賞

『ファーザー』ヨルゴス・ランプリノス
『ノマドランド』クロエ・ジャオ
『プロミシング・ヤング・ウーマン』フレデリック・トラヴァル
『サウンド・オブ・メタル~聞こえるということ~』ミッケル E. G. ニールセン
『シカゴ7裁判』アラン・バウムガルテン

視覚効果賞

『Love and Monsters(原題)』マット・スローン、ジュヌヴィエーヴ・カミレリ、マット・エブリット、ブライアン・コックス
『ミッドナイト・スカイ 』マシュー・カスミール、クリストファー・ローレンス、マックス・ソロモン、デビッド・ワトキンス
『ムーラン』ショーン・フェイデン、アンダース・ラングランズ、セス・モーリー、スティーブ・イングラム
『ゴリラのアイヴァン』ニック・デイビス、グレッグ・フィッシャー、ベン・ジョーンズ、サンティアゴ・コロモ・マルティネス
『TENETテネット』アンドリュー・ジャクソン、デビッド・リー、アンドリュー・ロックリー、スコット・フィッシャー

-----
次のページでは、作品賞8作品の内容と配信&公開日情報をご紹介します!

絶対に泣ける『ドラえもん映画』おすすめ感動ランキングベスト16
次のページ :

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  9枚

Writer info

峯丸ともか

映画&海外ドラマライター。映画の感想や良いところを分かりやすくレビューできればう...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ユキノナーニー

2021/04/03 19:53

私はイマイチ!

3

「あのこは貴族」

2021/03/26 05:32

4

「アウトポスト」

清水久美子 Kumiko Shimizu

2021/03/11 23:12

女性同士で争う必要はない

5

「あのこは貴族」

Comment記事へのコメント

akichia(attack)

2021/04/19 00:20

てすとだよ

「てすとだよ」

Ranking動員数ランキング

2021/4/12 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Popular Tags人気のタグ

洋画 ミステリー・サスペンス アメコミ おすすめ映画まとめ アクション セクシー 邦画 きれい アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー ラブロマンス

Pick Upピックアップ