映画board

ロバート・レッドフォード出演・監督映画おすすめ7選!永遠のイケメン俳優の代表作

明日に向って撃て!

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81a97wFeklL._SX450_.jpg

実在の西部時代のアウトロー、ブッチ・キャシディとサンダンス・キッド、そして二人についていく女教師のエッタの逃避行と青春模様、そして時代に取り残されて滅亡していく様を描いた、アメリカン・ニューシネマ西部劇。

ロバート・レッドフォードと名匠ジョージ・ロイ・ヒルの初タッグ作で、ポール・ニューマンとのコンビで映画史に残るアンチヒーローを演じた。

選曲、映像、セリフ、すべてにセンスあふれるさわやかなアウトローの逃避行劇。ラストのストップモーションは伝説的に有名。

ちなみに、レッドフォードは自身のブレイクのきっかけになったこの役を気に入り、自身主催のインディペンデント系映画祭にサンダンス映画祭と名付けた。

スティング

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51l9NN4g5yL._AC_SY445_.jpg

レッドフォード初のアカデミー賞作品賞への出演となった、映画史に残るスカッとするどんでん返し映画で、再び、ジョージ・ロイ・ヒルのもとにレッドフォードとポール・ニューマンが集結した。

頭を使って、機転とユーモアに満ちた方法で、悪党を騙しぬく痛快なコンゲーム。

映画史上でも最も秀逸な脚本の一つといえるだろう。

華麗なるヒコーキ野郎

華麗なるヒコーキ野郎

華麗なるヒコーキ野郎

1975年/アメリカ/108分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
第一次大戦がやっと終結した1920年代。ここアメリカには『バーンストーミング』と呼ばれる職業があった。単発のプロペラ機で、田舎町を飛びまわり、金をとって人々を飛行機に乗せたり、曲乗り飛行をして見せる商売で、バーンストーマーたちの多くは第一次大戦中に飛行機で戦って、その魅力にとりつかれた者たちで、ウオルド・ペッパー(ロバート・レッドフォード)もそんな男の1人だった。そんな彼らにとって、商売仇ほど憎い者はなく、ある日、ペッパーが中西部の田舎町にやって来ると、そこでは既にアクセル・オルソン(ボー・スベンソン)という元空軍大尉が彼の市場を荒らしていた。ペッパーはためらうことなくオルソンの愛機のタイヤを外した。胴体着陸を余儀なくされたオルソンは、その仕返しとして女性バーンストーマー、メアリー・ベス(スーザン・サランドン)と組んでペッパーのスピード記録を破った上、大戦中ペッパーがドイツ空軍のエース、エルンスト・ケスラーと五分五分に渡り合ったという自慢話を大ボラであると人々に吹聴して廻った。そのケスラー(ボー・ブルンデン)が、ドク・ディルホファー(フィリップ・ブランズ)率いる航空サーカスのメンバーとしてアメリカ各地を巡業していることを知ったペッパーとオルソンは早速見物に出かけた。2人はその場で団長のディルホファーに推められ、チームを組んでサーカスに参加することになった。サーカスに入れば、一匹狼でバーンストーミングしているよりは収入も多く、そうなればペッパーは、友人エツラ・スタイルズ(エドワード・ハーマン)が設計した新しい単発機を作り上げることが出来るかもしれない。しかし、運の悪いことに、新しい曲芸の練習中にペッパーは大怪我をして、スタイルズとその妹で恋人のモード(マーゴット・キダー)が待つ家に送り帰されることになった。やがて、やっとギブスから解放されたペッパーはサーカスに戻り、再びオルソンと組んで大空を駆けることになった。ペッパーは飛行中、翼の上を歩く曲芸を思いつくが、過当競争が激しくなり始め、並の曲芸ではお客は集まらなくなっていた。

出典元:https://eiga-board.com/movies/1989

ジョージ・ロイ・ヒルとレッドフォードが3度目のタッグとなり、初の単独主演作で、実在の自由に生きたヒコーキ乗りの生涯を軽快に、しかし時代に取り残される悲哀たっぷりに描いた隠れた名作。

『紅の豚』など不器用にしか生きられない男の物語、そして飛行機が好きな人は確実に楽しめるだろう。

飛行機の曲芸の映像も今見ても迫力がある。

レッドフォードは、自由に生きる(しかし成功するとは限らない)男がよく似合う。

大統領の陰謀

大統領の陰謀

大統領の陰謀

1976年/アメリカ/139分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
1972年6月17日土曜日の午前2時30分。ワシントンのウォーターゲート・オフィス・ビルの5階にある民主党全国委員会本部に5人の男たちが侵入した。彼らは来るべき秋の大統領選挙にそなえて必勝を期する民主党のキャンペーンを攪乱するために、秘かに雇われた者たちだった。この5人は元CIAの情報部員と大統領再選本部の現役の対策員で固められていた。仕事は手抜かりなくおこなわれる筈であったが、ビルの警備員に見咎められ、たちまち警察に通報された。そして不法侵入の現行犯で逮捕された。まだ入社して9カ月になったばかりのワシントン・ポスト紙の記者ボブ・ウッドワード(ロバート・レッドフォード)は、ウォーターゲート事件が起きてから7時間後に、上司のハワード・ローゼンフェルド(ジャック・ウォーデン)に呼ばれた。一方、同じポスト紙のベテラン記者カール・バーンスタイン(ダスティン・ホフマン)も、この事件に興味を示していた。その朝、彼は現場にいってきた記者たちのメモをコピーし、局長のハワード・サイモンズ(マーティン・バルサム)や主幹のブン・ブラッドリー(ジェイソン・ロバーズ)に、もう少しチェックしてみたいと伝えた。

出典元:https://eiga-board.com/movies/5664

アメリカ史の中でも最も世間を震撼させ、史上唯一の現役大統領の逮捕のきっかけとなった「ウォーターゲート事件」を暴いた記者たちの戦いを描いた、静かで熱い実録社会派映画。

レッドフォードはダスティン・ホフマンと初共演で、ワシントンポストの実在の記者ボブ・ウッドワードを熱演。


最初は何が起きたのかもよくわからないまま、調べていくうちにどんどんと巨大な陰謀と、衝撃の事実明らかになっていく様を淡々と的確に描いた名作。

これを見れば権力の監視をするマスコミがいかに大事かよくわかる。

【光源vol.2】Podcastプロデューサー白井太郎、イラストレーター水元さきのにクリエイターの本質を聞く
次のページ : 80年代

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  3枚

Writer info

whitestonetaichi

映画大好き会社員。副業でいくつか媒体に記事書いてます。 2018年ベストはアンダーザ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/7/19 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ ドラマ アクション かわいい ミステリー・サスペンス ゴジラ キング・オブ・モンスターズ スパイダーマン:ホームカミング マーベル

Pick Upピックアップ