映画board

【邦画】興行収入ランキングトップ5の長編アニメーション映画

日本アニメーション映画の魅力

日本は、世界の中でもダントツでアニメ文化に精通しており、幼少期から何かしらアニメを観て育ってきた人が多いのではないでしょうか。日本の持つ作画技術の高さと物語構想の緻密さこそ、日本アニメーション最大の魅力と言えます。

アニメーション映画といえば多くが子ども向けに作られていますが、子どもの頃は観ていて笑えて楽しいだけの作品が、大人になって見直すとメッセージ性の深さに心打たれたり......と観る度に新しい発見や違った感動を与えてくれることがあります。また生身の人間が演じないことによって、自由自在な表現ができるのもアニメーションの持つ魅力ですね。

今回は、日本国内の興行収入ランキングで上位5作品に入っている長編アニメーション映画を選出しました。長編アニメーション映画で何を観るか悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね。(※2021年3月現在の興行収入を参考にしています。 )

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(2020)

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編

2020年/日本/117分

作品情報 / レビューはこちら

興行収入:384.5億円
原作:漫画『鬼滅の刃』
主な声優:花江夏樹,鬼頭明里,下野紘
主題歌:炎
評価:Filmarks ★4.1/5 IMDb ★8.3/10

あらすじ

鬼によって家族を皆殺しにされてしまった少年・炭治郎。しかし、そこには鬼になって生き延びている妹・禰豆子の姿がありました。

炭治郎は、たったひとりの家族である禰豆子を人間に戻す方法を見つけるため、過酷な試練を乗り越え"鬼殺隊"に入隊しました。

それから同期の全逸と伊之助と共に蝶屋敷で更なる過酷な訓練を成し遂げます。

次なる舞台は、短期間で40人以上もの人が行方を眩ませたと言われる"無限列車"。3人は鬼殺隊最強の剣士と呼ばれる"柱"のひとり、炎柱・煉獄杏寿郎と合流し、鬼と立ち向かうため無限列車へと乗り込んでいくのでした。

おすすめポイント

2001年から20年、日本の間興行収入ランキングで不動の1位を築いていた『千と千尋の神隠し』を公開から73日間で破り、日本の興業収入ランキングで堂々1位に君臨したのが『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』です。

2019年から世界的に感染拡大しているコロナウイルスの時期に、沸々と人々の関心を集めていたのがアニメシリーズ『鬼滅の刃』でした。家族を失くした炭治郎が、残されたたったひとりの妹を人間に戻すために鬼殺隊として立ち向かう物語は、家族愛を始め、仲間との友情、逆境に屈しない姿勢などが描かれていました。

ソーシャルディスタンスやステイホームによって、以前の日常を奪われた人々の心に"大切な人のために奮闘する姿"や"一丸となって大きな敵に立ち向かう団結力"などに共感性を呼び大ブームへと発展。

劇場版では、原作漫画やアニメシリーズより一層ダイナミックなバトルシーンと感涙必死な展開に注目です。

【観て損なし!】出会ってよかったと満足できるおすすめアニメ50選 (2021年版)
次のページ : 続いては『千と千尋の神隠し』をご紹介します。

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/9/13 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ スパイダーマン:ホームカミング アクション ゴジラ キング・オブ・モンスターズ ミステリー・サスペンス かわいい ドラマ アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

Pick Upピックアップ