映画board

Birthday!

イ・ダヘ

ディズニーのニューヒロインは強靭な戦士『ラーヤと龍の王国』/分断された世界を信じ合う心で一つに

 

『ラーヤと龍の王国』

 

© 2021 Disney. All Rights Reserved. © 2021 Disney and its related entities

 
3月5日(金)映画館 and ディズニープラス プレミア アクセス 同時公開
※プレミア アクセスは追加支払いが必要です。
© 2021 Disney. All Rights Reserved. © 2021 Disney and its related entities

監督:ドン・ホール(『ベイマックス』)、カルロス・ロペス・エストラーダ(『ブラインドスポッティング』)
製作:オスナット・シューラー(『モアナと伝説の海』)、ピーター・デル・ヴェッコ(『アナと雪の女王』シリーズ)
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
 
 

 
 
概要:
『アナと雪の女王』シリーズや『モアナと伝説の海』など、新時代を象徴するヒロインを次々と生み出してきたディズニー・アニメーションから、待望の最新作が誕生。
『ラーヤと龍の王国』は、自分だけを信じて生きてきた“ひとりぼっち”の救世主ラーヤが、バラバラになった龍の王国を救うため、伝説の“最後の龍”シスーの力を蘇らせる冒険を描いたスペクタクル・ファンタジー。

ストーリー:
その昔、この王国は聖なる龍たちに守られ、人々は平和に暮らしていた。
邪悪な魔物に襲われた時、龍たちは自らを犠牲にして王国を守ったが、残された人々は信じる心を失っていった…。
500年もの時が流れ、信じる心を失った王国は、再び魔物に襲われる。
聖なる龍の力が宿るという<龍の石>──
その守護者の一族の娘、ラーヤの旅が始まる。
遠い昔に姿を消した “最後の龍”の力を蘇らせ、再び王国に平和を取り戻すために…
(公式サイトより)
 
 

「ラーヤと龍の王国」本予告【本当の魔法は、信じあう心編】

 
 

Amazonプライムビデオで観られる子ども向け映画 おすすめ25選
次のページ : アジアン・ビューティーなヒロイン

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経て、1996年にフリーライターに。...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ユキノナーニー

2021/04/03 19:53

私はイマイチ!

3

「あのこは貴族」

2021/03/26 05:32

4

「アウトポスト」

清水久美子 Kumiko Shimizu

2021/03/11 23:12

女性同士で争う必要はない

5

「あのこは貴族」

Comment記事へのコメント

akichia(attack)

2021/04/19 00:20

てすとだよ

「てすとだよ」

Ranking動員数ランキング

2021/4/12 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Popular Tags人気のタグ

洋画 ミステリー・サスペンス アメコミ おすすめ映画まとめ アクション セクシー 邦画 きれい アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー ラブロマンス

Pick Upピックアップ