映画board

【「梨泰院クラス」のイ・ジュヨン主演作】夢と現実の狭間でもがき苦しむ少女の勇気『野球少女』

我が子を想う親の愛、善意から生じる誤解

 見ながら考えていた。スインと同い年の頃の自分であれば、彼女と同じ選択をしていたのかもしれないと。多くを否定してくる大人たちを、「うるさい」「ダサい」「格好悪い」と思っていたに違いないと。結果はどうなるにせよ、自身に宿る可能性を信じていたのだろうと。しかし、大人になった今の自分であれば、彼女の夢を否定する大人たちの気持ちも十分に理解できてしまう。むしろ、それは「否定」ではなく、良かれと思っての言動であるのだと思えてしまう瞬間が幾度かあった。我が子の歩みたい道を、望むがままに歩ませてあげるのも親の愛。けれど、我が子の将来を案じ、ことある毎に口出しするのもまた親の愛。どちらが正しい選択であるかどうかはケースバイケースなので何とも言えないし、劇中においては家庭の金銭問題も関与してくるため、より複雑になってしまっているのだが、そこには間違いなく我が子を想う親の愛が描かれていた。

© 2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

 親に限らず、スインの意思に反する助言をしてくる大人たちの一部にも同じことが言えると思う。むしろ、自分自身の胸に問い質してみて欲しい。良かれと思い、自分の経験談や物事の価値基準を後輩に話したことはないだろうか。無意識の内に自分の考えを「是」とし、善意のつもりで他者に押し付けたり強要してしまったことはないだろうか。素直に聞き入れたり感銘を受ける人も中にはいるだろうが、余計なお世話だと思っている人も中にはいる。そう、自ら経験しない限り、腑に落ちないことや納得いかないことが人生にはたくさんある。それ故に、スインの気持ち、親の気持ち、周囲の大人の気持ち、おそらくそのどれにも理解が及ぶ。理解が及ぶからこそ、何が正しいことであるのかを容易には導き出せない。そんな複雑な人間模様を描いているからこそ、胸揺さぶられるものが大いに溢れており、自分が同じ立場であったのならどうするべきなのかと思い悩んでしまう。ただ、唯一ハッキリとしていたことがある。あらゆることに明確な答えを導き出せない本作であるが、これだけは誰もが間違いなく違和感を覚えるはず。そう、性別による線引きがもたらす弊害、その歪さである。

© 2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

平成・令和 仮面ライダー “悪役”イケメン俳優 人気ランキングTOP10
次のページ : 性別による線引きがもたらす弊害、その歪さ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  7枚

Writer info

ミヤザキタケル

1986年、長野県生まれ。 2015年より「映画アドバイザー」として活動を始める。 WOWOW...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

株式会社doroguba(ドログバ)

2021/05/14 22:32

おもしろかったです

5

「名探偵コナン 緋色の弾丸」

Kenta Koyama

2021/04/30 20:09

5

「ノマドランド」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/5/10 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ 邦画 ドラマ アクション ゴジラ キング・オブ・モンスターズ かわいい ミステリー・サスペンス ホラー アメコミ

Pick Upピックアップ