映画board

【Review】主人公2人の魂の‘‘叫び’’を耳にする『マルコム&マリー』(2021)

この映画は‘‘叫び’’である

映画監督のマルコムは自身の映画に対する批評を気にしており、恋人のマリーは女優である自分がなぜ主役に起用されなかったのかに対し怒りを抱えている・・・。
本作は、とある一夜の出来事を描いており、お互いの意見を常に言い合い、仲直りしては喧嘩して、喧嘩しては仲直りしての繰り返しで1時間46分の上映時間を全うする。

『マルコム&マリー』(2021)

Netflix映画『マルコム&マリー』独占配信中

映像作家としてのジレンマを‘‘叫び’’続けるマルコムと愛を‘‘叫び’’続けるマリー。
この本音の‘‘叫び’’が一種のセラピー的な効果をもたらし、それぞれの‘‘愛’’がすれ違いながらも、一つのゴールにたどり着いた時、いつもそこにあるからこそ気づかなかった本当に大切なものが見えてくる。
通常、映画館で上映される映画というのは、観客が常にスクリーンを観ているために、台詞というよりも映像で魅せる作品が多い。一方のTVドラマというのは、視聴者が食事をしながらであったり、家事をしながら視聴することも多くなるため、映画と比べて台詞が多くなる傾向がある。
本作は映像に関する動きはさほどなく、むしろ台詞のみで視聴者を楽しませている作品と言えるのだ。
つまりサブスク全盛の時代だからこそ生まれた傑作だと言えるだろう。
全編モノクロ映像の抜群に洒落たカメラワークや音楽で会話する描写などが際立っており、他愛ない風景をドラマチックに魅せ、美しく昇華させた秀逸な一本である。

『マルコム&マリー』(2021)

Netflix映画『マルコム&マリー』独占配信中

監督・脚本を務めたサム・レヴィンソンは、まだまだキャリアの浅い新鋭であるが、2019年より米HBOにて放映され高い評価を得ているTVドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』で監督・脚本を務めた実力者。
奥深い人間ドラマを描くことに定評のある人物であるため、本作における人物描写もかなり深くまで掘り下げられている。
たった一夜の数時間のみを切り取った作品であるが、登場人物の輪郭がハッキリしているところにはもはや脱帽であり、それだけ脚本構成も素晴らしく、キャラクターの心情の変化を視聴者に感じさせるカメラワークが見事な一本なのだ。

おすすめの子ども向け海外アニメ映画 人気・名作15選【ディズニー以外】
次のページ : ジョン・デヴィッド・ワシントンとゼンデイヤの会話劇

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  5枚

Writer info

zash@Sunset Boulevard

子供の頃から洋画と海外ドラマに精通し、その知識を活かして、2016年より海外ドラマbo...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ユキノナーニー

2021/04/03 19:53

私はイマイチ!

3

「あのこは貴族」

2021/03/26 05:32

4

「アウトポスト」

清水久美子 Kumiko Shimizu

2021/03/11 23:12

女性同士で争う必要はない

5

「あのこは貴族」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/4/12 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ アメコミ 邦画 きれい セクシー アクション ミステリー・サスペンス かっこいい アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

Pick Upピックアップ