映画board

【めげないアポなし突撃取材】マイケル・ムーア監督のオススメ映画7選

『ボウリング・フォー・コロンバイン』(2002)

1999年に2人の高校生が自分の通っている学校に乱入し、10数名を無差別に殺傷したコロンバイン高校銃乱射事件を扱い、銃社会アメリカの闇とその背景に鋭く切り込む。

アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した監督の出世作で、ドキュメンタリー映画では異例ともいえる世界的な大ヒットを記録した。事件の被害者や犯人が心酔していた歌手マリリン・マンソン、全米ライフル協会の会長チャールトン・ヘストン、コロンバイン市民など、多角的な視点から選ばれた関係者たちへのインタビューが興味深い。

カナダはアメリカよりも銃大国なのに、銃犯罪の発生率が低いという知られざる事実。アメリカで銃がなくならない背景には、特定の人種への憎悪と偏見、そして彼らからの復讐を恐れる心理的理由があると考察する。Kマート全店舗で銃弾の販売をやめさせるなど、行動力と影響力を感じさせる作品。

『華氏911』(2004)

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件に対するブッシュ政権の対応を批判し、ブッシュ大統領とビンラディン家、アメリカ国防長官と独裁者フセインとの密接な関係を暴く。

タイトルはSFの名作『華氏451』から。カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。2004年アメリカ大統領選挙でブッシュの再選を阻止する目的で公開された。イラクの大量破壊兵器保有への疑問が提示されており、その後ブッシュ大統領の声明によって、その説が正しかったことが証明された。

内容的に反ブッシュ色が濃く、反論や物議を醸しだしたが、マイケル・ムーアの怒りが炸裂していて、スカッとすることには間違いなし。ゴールデンラズベリー賞でブッシュが最低主演男優賞にノミネートされ、イランではノーカット上映された話題作。

【光源vol.2】Podcastプロデューサー白井太郎、イラストレーター水元さきのにクリエイターの本質を聞く
次のページ : 医療業界と世界金融恐慌

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

夏りょうこ

映画ライター。映画ソムリエ。大体何でも消化できる雑食系だが好物は東欧・アジア映画...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/7/19 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ ドラマ アクション かわいい ミステリー・サスペンス ゴジラ キング・オブ・モンスターズ スパイダーマン:ホームカミング マーベル

Pick Upピックアップ