映画board

【究極のバッドエンド映画】誰も助からない?希望のかけらもない「人類が滅亡する映画」名作7選

地球滅亡映画傑作選(1) 核戦争編

かつてアメリカとソビエト連邦(当時)を中心にした東西冷戦が深刻だった時代(主に1950~80年代)、第三次世界大戦の核戦争で人類が滅亡するかも知れないという危機感が世界中にみなぎっていた。そんな恐怖を映像化した映画も、この時代には数多く作られた。

◎渚にて(1959年 アメリカ)

『渚にて』DVD(販売元 : ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社)

https://m.media-amazon.com/images/I/51Q86DMR0FL._AC_UL320_.jpg

1964年、第三次世界大戦が勃発し北半球は死滅したが、南半球はまだ無事だった。オーストラリアにもまだ放射能の影響は出ておらず、人々はそれまで通りの生活をしていた。ある日、戦争が発生した時に深海を潜航していたため難を逃れたアメリカ海軍の原子力潜水艦「ソーフィッシュ」がメルボルンに入港する。艦長のタワーズ(グレゴリー・ペック)は、オーストラリア海軍の若い少尉ピーター(アンソニー・パーキンス)の自宅でのパーティに招かれ、モイラ(エヴァ・ガードナー)と知り合い、互いに惹かれ合う。
そんな時、すでに死滅しているはずのアメリカ・サンディエゴから、意味不明のモールス信号が発信されていることが判明、ソーフィッシュは各地の状況を確認しながらサンディエゴに到着するが、そこで彼らは衝撃の真実を知る。そしてオーストラリアへも、予想より遥かに速く放射能が近づいていた…。

1957年にネヴィル・シュートが発表した小説を、『手錠のまゝの脱獄』(1958)など社会派の映画を数多く手がけたスタンリー・クレイマーが映画化した作品。後続の「第三次世界大戦もの」が戦争の勃発から経緯までを描いた作品がほとんどなのに対して、本作は辛うじて生き残った人々が、確実に迫ってくる滅亡を前に繰り広げるさまざまなドラマを描いているため、終末テーマのSF映画とは思えない静けさに満ちている。特にタワーズとモイラのラブロマンスが中心に据えられていて、演じるペックとガードナーも当時のハリウッド映画を代表する人気俳優だったあたりは、いかにもハリウッド的な映画化と言えないこともないが、全体を覆う絶望感、特に登場人物たちが運命を受け入れて自分たちの手で“最期”へと赴くクライマックスは、当時のハリウッド映画としてはかなり異質なものだった。無人と化した街を映し出すラストシーンに現れる「まだ時間はある」と書かれた垂れ幕が、強烈なメッセージとして印象に残る。
本作の翌年にヒッチコックの『サイコ』(1960)のノーマン・ベイツ役で変な方向に(?)ブレイクするパーキンスが、まだ「爽やか青年」のイメージでピーターに扮していたり、ミュージカル映画の大スターだったフレッド・アステアが歌も踊りも抜きでシニカルな学者を好演して演技派俳優としての才能を披露するなど、スターの使い方にクレイマーらしい才気が感じられる。

◎世界大戦争(1961年 東宝)

『世界大戦争』DVD(販売元 : 東宝)

https://img.omni7.jp/co/productimage/0001/product/41/1400630441/image/1400630441_main_l.jpg

終戦から16年で目覚ましい復興を遂げた日本。外国人記者クラブの運転手・田村(フランキー堺)は、病身の妻・お由(乙羽信子)と3人の子供たちに囲まれ、彼らの幸せのために懸命に働いていた。長女の冴子(星由里子)は、田村家に下宿していた貨物船の通信士・高野(宝田明)との愛を育んでいた。しかし、彼らを含め多くの市民が知らないうちに、世界各地では全面戦争への危機が頻発していた。そしてついに、第三次世界大戦の開戦が避けられない事態が発生する…。

『渚にて』の大好評を受けて、日本でも東宝と東映が核戦争の脅威を描いた映画の製作を決定、東映は子会社の第二東映で『第三次世界大戦 四十一時間の恐怖』(1960)を製作した。東宝は巨匠・橋本忍の脚本による作品の製作準備を進めていたが、東映の作品とあまりにもストーリーが似ていたため製作を一旦白紙に戻し、仕切り直しの上で翌年に製作されたのが本作だった。結局、「一般市民のドラマを通して核戦争の恐怖を描く」という基本姿勢はまたもやほぼ同じになってしまったが、完成作品はまったく違った印象になった。東映作品は、クライマックスの核戦争シーンは精巧なミニチュアワークで十分に描いているものの、それまでの各地の紛争などはニュースのアナウンスなどで語られるのみで、複数の家族の物語をメインにした悲壮感あふれる人間ドラマがメインの作りになっている。予算の都合もあったのだろうが、これが結果的に『渚にて』と似たような雰囲気を生み出すことになった(アルゼンチンなど南半球の国々が生き残るという結末も『渚にて』の前半を連想させる)。
一方の本作は、田村家の人々をメインにした構成で市民側のストーリーをしっかりまとめつつ、各地で発生する紛争などは円谷英二率いる東宝特撮チームが存分に腕を振るい、クライマックスの各国首都の壊滅に至るまで、当時のアナログ特撮の水準をはるかに上回る驚異的なクオリティで描いている。
一方、人間ドラマ部分の監督を務めた松林宗恵は、僧侶出身で海軍軍人としての経験もあることから、後の『連合艦隊』(1981)に至るまで、静かだが力強い反戦・厭戦のメッセージを込めた作品を多数手がけてきた。本作もベースに仏教における「無常」を据えて独特の雰囲気を漂わせている。冴子が覚えたてのアマチュア無線のモールス信号で、遠い洋上にいる高野と最後のメッセージのやり取りをするシーンは、ネットもスマホもない時代の「永遠の別れの挨拶」を描いた名場面。そして、自分たちの家族の幸福を理不尽に奪われようとする怒りに田村が絶叫するシーンも、涙なくしては観れない。
無人の焦土と化した東京に作り手たちの真摯なメッセージが字幕として表れるラストシーンの力強さ。日本人にしか作れない、日本人だからこそ描けたメッセージに満ちた作品だ。

◎博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(1964年 アメリカ=イギリス)

『博士の異常な愛情』DVD(販売元 : ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)

https://i.pinimg.com/originals/73/3d/51/733d51804be9a770a424658a61e30eeb.jpg

ある夜、アメリカのバープルソン空軍基地の司令官リッパー准将(スターリング・ヘイドン)が精神に異常をきたし、基地に所属するするB-52戦略爆撃機34機にソ連のへの水爆攻撃を命令したまま基地に籠城する。この異常事態を知ったマフリー大統領(ピーター・セラーズ)ら米政府の首脳たちは、国防省の戦略会議室で対策を協議するが、爆撃命令は特殊な通信回路を通して出されていて、命令を解除する暗号はリッパーしか知らなかった。しかも、あえて会議室に召集された駐米ソ連大使のサデスキー(ピーター・ブル)は、ソ連が原水爆攻撃を受けた場合に自動的に爆発して地球上の全生物を放射性降下物で絶滅させる爆弾を配備していることを告げる…。

前の二本が公開された後でキューバ危機が発生し、現実社会でも第三次世界大戦の勃発がリアリティを持った恐怖として世界中の人々に認知された頃の作品で、4年後に、映画史に残る名作『2001年宇宙の旅』(1968)を発表することになるスタンリー・キューブリックが手がけた、「核戦争を題材にしたブラック・コメディ」という異色作。ほぼ同時期に「誤った命令で米軍機がソ連を爆撃しようとする」というほぼ同じ内容の『未知への飛行』(1964)も製作されていたが、そちらは非常にシリアスなタッチ。本作のメインキャラはほぼ全員が「ちょっとおかしい」連中ばかりで、事態がどんどん思わぬ方向へ進んで行って、ついに…という展開は、最初の方こそ笑えるものの、「大国の指導者たちが本当にこんな人間だったら…」と考えると、次第に薄ら寒くなってくる(キューブリックの狙いもそこにあったのかも)。
本作の前年から始まった『ピンクパンサー』シリーズ(1963~82)のクルーゾー警部役で大ブレイクしたピーター・セラーズが、大統領の他にも、パープルソン基地に派遣されていたイギリス軍の将校、そして原題のタイトルロールでもある元ナチスの科学者ストレンジラブ博士という、人種も性格もまったく違う三人のキャラクターを見事に演じ分け、多才ぶりを披露している(本来はさらに爆撃機の機長も演じていたが、撮影中の負傷で降板)。
各地で次々に起こる核爆発の映像で人類の滅亡を暗示させるバックに、第二次世界大戦の頃のメロウな流行歌『また会いましょう』が流れるという究極のブラック・ジョークで、この映画の幕は下りる。

【2021年以降】実写化が予定されているディズニー映画21作品まとめ
次のページ : 地球滅亡映画傑作選(2) 松竹二大異色作編

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  8枚

Writer info

上妻 祥浩

熊本県出身・在住。地元の新聞・雑誌・テレビ・ラジオ等で新作映画の解説の仕事を行な...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ユキノナーニー

2021/04/03 19:53

私はイマイチ!

3

「あのこは貴族」

2021/03/26 05:32

4

「アウトポスト」

清水久美子 Kumiko Shimizu

2021/03/11 23:12

女性同士で争う必要はない

5

「あのこは貴族」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/4/5 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ セクシー ミステリー・サスペンス アメコミ 邦画 マーベル ドラマ アクション きれい

Pick Upピックアップ