映画board

Birthday!

ベッキー

【アメリカやフランスを映画で旅する!】「ロードムービー」おすすめ洋画9選

1.『グッバイ、サマー』

舞台となる国:フランス

イントロダクション

『エターナル・サンシャイン』などで知られるミシェル・ゴンドリーが、自らの体験をもとに少年たちの冒険を描いた青春映画。
息苦しい日常から抜け出し、改良した車でフランスを旅しながら、様々な経験を経て成長していく少年たちの姿を、みずみずしく描いています。

あらすじ

14歳。子供でもなく、大人でもない狭間の時期。画家を目指すダニエル(アンジュ・ダルジャン)は、たくさんの悩みを抱えていた。中学生になっても女の子のような容姿で、クラスメイトからは“ミクロ”と呼ばれてバカにされ、恋するローラ(ディアーヌ・ベニエ)からは全く相手にされない。おまけに母親は過干渉で、兄貴は暴力的なパンク野郎。誰も本当の自分を理解してくれない……。そんなある日、ダニエルのクラスに風変わりな転校生がやって来る。名前はテオ(テオフィル・バケ)。目立ちたがり屋で、自分で改造した奇妙な自転車を乗り回し、家業のせいで身体からガソリンの匂いを漂わせている。周囲から浮いた存在のダニエルとテオは意気投合し、すぐに親友になる。学校や家族、仲間など周囲が2人を枠に当てはめて管理しようとする息苦しく、うんざりするような毎日。そんな日々から脱出するため、彼らは“ある計画”を思いつく。それは、スクラップを集めて“夢の車”を作り、夏休みに旅に出る事だった……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/86291

グッバイ、サマー

グッバイ、サマー

2015年/フランス/104分

作品情報 / レビューはこちら

2.『グリーンブック』

舞台となる国:アメリカ

イントロダクション

白人の用心棒と黒人の天才ピアニストの交流を描いた、実話に基づく物語。
人種差別という問題をテーマにしながらも、旅を通じて友情を深めていく2人の姿を、ユーモラスに描いた作品です。
第91回アカデミー賞で作品賞や助演男優賞を受賞。

あらすじ

1962年、アメリカ。ニューヨークのナイトクラブで用心棒を務めるイタリア系のトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、粗野で無教養だが、家族や周囲から愛されている。“神の域の技巧”を持ち、ケネディ大統領のためにホワイトハウスで演奏したこともある天才黒人ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)は、まだ差別が残る南部でのコンサートツアーを計画し、トニーを用心棒兼運転手として雇う。正反対のふたりは、黒人用旅行ガイド『グリーンブック』を頼りに旅を始めるが……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/91098

グリーンブック

グリーンブック

2018年/アメリカ/130分

作品情報 / レビューはこちら
絶対に泣ける『ドラえもん映画』おすすめ感動ランキングベスト16
次のページ : ワインを巡る大人の珍道中

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  3枚

Writer info

Lady RED

映画サイトやWEBメディアなどの媒体で記事を執筆しています。 ありふれた日常を切り...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

パリピ あゆみ

2021/03/01 15:47

北川景子

1

「ファーストラヴ(2021)」

パリピ あゆみ

2021/03/01 15:46

良かった❤

4

「映画 えんとつ町のプペル」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/3/1 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

ファミリー 洋画 おすすめ映画まとめ ミステリー・サスペンス ホラー 邦画 アメコミ かっこいい あの人は今 ラブロマンス

Pick Upピックアップ