映画board

癒し系のアニメおすすめ15作品!恋愛や日常でほのぼのしたい方に!

映画『聖☆おにいさん』(2013)

聖おにいさん(2013)

聖おにいさん(2013)

2013年/日本/89分

作品情報 / レビューはこちら

原作:漫画『聖☆おにいさん』
主な声優:星野源/森山未来 他
主題歌:『ギャグ』
評価:Filmarks★3.3/5 Amazon★3.9/5
視聴方法:NETFLIX/ビデオマーケット/TSUTAYA TV

あらすじ

聖人イエス・キリストとブッダは世界が滅びるとされていた世紀末を無事超えることができたため、バカンスとして東京の立川で暮らしています。

素性がバレぬよう、ひっそり暮らしているのですが、彼らは小さな奇跡を何かと起こしてしまうのです。

おすすめポイント

本作品は中村光の人気漫画『聖☆おにいさん』のアニメ映画化作品です。
ギャグ満載な漫画の世界を崩すことなく描き切っているところはギャグ漫画好きにはたまらないだけでなく、
ともすれば罰当たりになってしまうこの作品をゆるい日常系に落とし込んでいます。

何も起きぬ様のんびりと立川で暮らす彼らが、思わず周囲の人間に対して起こす奇跡の面白さ。
遊園地やスーパーの買い物にまで神と仏がひっそりと行っている様は思わずニヤリとしてしまいます。

2人の掛け合いもテンポよく、あっという間に作品が終わってしまう。そんな時間泥棒な作品です。

TVアニメ『男子高校生の日常』(2012)

男子高校生の日常

https://www.amazon.co.jp/images/I/812TigQHLJL._SX600_.jpg

出典元:Amazon

原作:漫画『男子高校生の日常』
主な声優:杉田智和/入野自由/鈴村健一 他
主題歌:『Shiny tale』
評価:Filmarks★3.8/5 Amazon★4.5/5
視聴方法:NETFLIX/U-NEXT/Amazonプライムビデオ 他

あらすじ

男子校に通うおバカな3人組・タダクニ、ヒデノリ、ヨシタケ。

男子高校生たちの日常は、彼女の作り方をシミュレート、自作漫画を作成、2度と来ない夏祭りを堪能、怖い話......など、ダラダラとくだらないことをするばかり。やってることはバカらしくもなぜか憎めない、そんな彼らの生態をリアルに描きます。

おすすめポイント

男子高校生が繰り広げるシュールな笑いが魅力の日常ギャグアニメ。

成績優秀なわけでもなく、部活に打ち込むわけでもない平凡な男子高校生3人が、ひたすらバカなことをしているだけなのですが、キレのあるボケツッコミに中毒性があるので、何度も繰り返し見てしまう人が続出。

高校生活を送ったことがある人ならば、誰もが「こんなこともあったな」と思わず共感してしまうネタがたくさん登場します。楽しかった学生時代を振り返りたい人や、男の青春を感じたい人におすすめの作品です。

映画『ペンギン・ハイウェイ』(2018)

ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ

2018年/日本/119分

作品情報 / レビューはこちら

原作:小説『ペンギン・ハイウェイ』
主な声優:北香那/蒼井優/釘宮理恵 他
主題歌:『Good Night』
評価:Filmarks★3.7/5 Amazon★4.1/5
視聴方法:Amazonプライムビデオ/NETFLIX/FOD

あらすじ

小学4年生のアオヤマくんは「きっと将来は偉い人間になるだろう」と自ら思うほどの真面目で研究熱心です。
そんな彼が一番興味を持っているのは通っている歯科医院の受付をしているお姉さん。
彼はコッソリお姉さんのことも真面目に研究をしているのです。

お姉さんはある日、アオヤマくんの目の前で、コーラの缶を投げます。
するとコーラの缶はペンギンに変身してしまいました。

「この謎を解いてごらん。どうだ、君にはできるか?」そうアオヤマくんにお姉さんは投げかけます。
そしてアオヤマくんはその謎を解き明かそうと奮起するのです。

おすすめポイント

この作品のおすすめポイントは、真面目すぎる少年とその周りの人たちの日常系と思わせておきながら、気がつくと壮大なファンタジーになっている点です。

そして、町中に溢れ、ヨチヨチと歩き出すペンギン達はまさに癒し系。
かわいいペンギンたちに存分に癒されてください!

映画『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』(2019)

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ

2019年/日本/66分

作品情報 / レビューはこちら

主な声優:井ノ原快彦/本上まなみ
主題歌:『冬のこもりうた』
評価:Filmarks★3.6/5 Amazon★4.6/5
視聴方法:Amazon プライムビデオ/RakutenTV/FOD 他

あらすじ

すみっコとよばれるちょっとネガティブな個性を持ったキャラクターたち。
彼らはある日、行きつけのカフェ「喫茶すみっコ」で古い1冊のとびだす絵本を見つけます。

絵本を眺めていると突然、すみっコたちは絵本の世界に吸い込まれてしまうのです。
そこで自分自身が何者なのか、どこから来たのかもわからないひとりぼっちのひよこと出会いました。

かわいそうに感じたすみっコたちは、「このコのおうちを探そう!」と絵本の世界で冒険を始めるのです。

おすすめポイント

この作品は愛らしいキャラクターで大人から子供まで人気の『すみっコぐらし』の映画化作品です。
まさに癒されたい時に見る映画としてピッタリな作品ですね。
作中では言葉は発しませんが、表情豊かなすみっコやナレーターのおかげで情報量不足は感じることなく鑑賞できますよ。

色々な絵本の世界で一生懸命ひよこのおうちを探し回る姿に、ほのぼのとして癒されることでしょう。
ストーリーはほのぼのと進んでいきますが、ラストシーンはむしろ大人が思わず泣いてしまう展開となっています。

ゆるい見た目で敬遠している人も多いかと思いますが、是非見ていただきたい作品です。

TVアニメ『亜人ちゃんは語りたい』(2017)

亜人ちゃんは語りたい

https://www.amazon.co.jp/images/I/81rbs1VGcWL._SX600_.jpg

出典元:Amazon

原作:漫画『ぺトス』
主な声優:諏訪部順一/本渡楓/夏川椎菜 他
主題歌:『フェアリーテイル』
評価:Filmarks★3.6/5 Amazon★4.5/5
視聴方法:Amazonプライムビデオ/NETFLIX/U-NEXT 他

あらすじ

"亜人"。それは近年"デミ"とも呼ばれ、サキュバス、デュラハン、雪女、バンパイアなど、人間とは少し違う存在のことを指します。

高校教師の高橋鉄男は、学生時代から周りとは少し違った個性豊かな亜人(デミ)と語りたい!と夢に描いていました。そんな鉄男の前に現れたのは、数学教師として赴任したサキュバスの亜人・佐藤早紀絵。

亜人(デミ)ちゃんたちと鉄男は、不思議で刺激的な心温まる学園コメディを送ることができるのか!?

おすすめポイント

この作品は、優しくも味わい深い会話が魅力の日常アニメです。亜人アニメといえば、グロテスクやホラーなイメージを抱いている人が多いかもしれません。しかし、本作の亜人アニメはとにかくハートフル。怖い系が苦手な人でも安心して観ることができます。

人とは違う個性を持った亜人たちを通して「違いとは何か」「差別とは何か」「個性を尊重するとは何か」など、押し付けがましくない程度に、優しさを教えてくれます。心を浄化したい時や気持ちに余裕がない時などに見れば、心境に変化をもたらしてくれるかもしれません。

(PR)夏休み目前!親子で大満足の恐竜映画『ディノ・キング 恐竜王国と炎の山の冒険』がおすすめ
次のページ : 最後は笑って泣ける癒し系の紹介です!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  5枚

Writer info

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/7/26 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ 邦画 ミステリー・サスペンス アクション スパイダーマン:ホームカミング ゴジラ キング・オブ・モンスターズ ホラー ドラマ かわいい

Pick Upピックアップ