映画board

「サスペリア」だけじゃない!秀逸なホラー映画のキャッチコピー5選!

まず、なぜ「決してひとりでは見ないでください」というキャッチコピーがいまだに語り草になるほどの名コピーなのかと言うと、

単にインパクトの問題だけでなく、このコピーを見た人が「え、そんな怖いなら友達とか恋人誘っていこう」と、複数人で映画を見に来ることに寄与しているから。

事実映画は配給収入10億円越えとホラーとしては破格の大ヒットを飛ばした。

名コピーと言っても映画の内容をうまく説明したものもあれば上記のように何にもわからないがインパクトがすごいものもある。

この記事では様々なホラー映画の名キャッチコピーご紹介したい。

宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない。(エイリアン:1979年)

エイリアン

エイリアン

1979年/アメリカ/118分

作品情報 / レビューはこちら

言わずと知れた巨匠リドリー・スコットのSFホラーの金字塔。

「スターウォーズ」(1977)や「未知との遭遇」(1977)で明るい宇宙SFや友好的な異星人の映画が流行っていた中、宇宙船という限定空間での恐ろしいエイリアンとの攻防を描いて大ヒットした。

本作では宇宙船内部をゴシックホラーの古城のように描いており、このコピーは宇宙SFと古典的ホラーを組み合わせたものだと的確に伝えている。

あなたは食べるか、食べられるか。(食人族:1981年)

食人族

食人族

1981年/イタリア/95分

作品情報 / レビューはこちら

ジャングルに行って行方不明になった撮影クルーが残したビデオには恐ろしい食人部族の姿が!という「ブレアウィッチ・プロジェクト」にも影響を与えたモキュメンタリー・ホラー映画の元祖。

こんな内容なのに日本では正月映画として公開された。凄い時代だ。

人間が串刺しにされた強烈なポスタービジュアルとこのキャッチコピーで映画は大ヒット。

タイトルとこのコピーだけでだいたいどんな映画か分かってしまうが、やはり人の怖いもの見たさの好奇心はスゴイ。

5分前は人間だった!(ハウリング:1981年)

ハウリング

ハウリング

1981年/アメリカ/0分

作品情報 / レビューはこちら

後に大ヒット作「グレムリン」を撮る鬼才ジョー・ダンテが監督した本格狼男ホラー。

若き特殊メイクの天才ロブ・ボッティンが担当した途轍もなくリアルな狼男変身シーンが見どころ。

それを意識してか、普通の人間が恐ろしいモンスターに変わることを端的に言い表した上記のコピーが作られた。

怖がってください…とても、とても怖がってください…(ザ・フライ:1986年)

ザ・フライ

ザ・フライ

1986年/アメリカ/96分

作品情報 / レビューはこちら

巨匠デヴィッド・クローネンバーグの代表作。

これもサスペリアと同じく内容の説明ではなくインパクト重視のコピー。

本国のアメリカでも同じく「Be afraid. Be very afraid.」というコピーが使われた。


物体を分子レベルで分解して遠方に転送する大発明をした学者が、自分で人体実験をしたところ、装置内に入ってしまったハエの遺伝子と融合して徐々に”ハエ人間”に変わっていってしまうSFホラー。

あまりにもグロテスクな描写の数々が話題になったが、本作は実はハエ人間に変貌してしまう男と彼を支える恋人との泣ける難病モノラブストーリーの要素もある。

「怖がってください…とても、とても怖がってください…」というのは怖がった先に感動が待っているこの映画のスタンスまで示唆しているとも見える。

文学的な名コピーだ。

姿は見えないが、殺意は見える。(インビジブル:2000年)

インビジブル

インビジブル

2000年/アメリカ/112分

作品情報 / レビューはこちら

世界一の変態監督と呼ばれるポール・ヴァ―ホーベンが作ったSFホラーの定番ネタ透明人間モノ。

透明になれる技術を開発した科学者が自ら透明化してみると、薬品の副作用で元々冷酷だった性格がさらに凶暴化し、大事件を起こしていくというホラー。

このコピーの通り、透明人間が次々と人を殺していくところが見どころ。下衆な天才学者をケヴィン・ベーコンが嬉々として演じている。

これも映画の内容を端的に言い表した名コピーだ。

まとめ

上記以外にもホラー映画の名コピーはたくさんある。

ホラーは本来は見世物興業の一つだった映画というメディアの特性がもっとも色濃く残る王道ジャンル。

これからも「うわ!気になる!」というある意味俗な見世物精神にあふれたキャッチコピーを見たいものだ。

【2021年】おすすめ アニメ映画 歴代ランキング TOP50 邦画・洋画

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

whitestonetaichi

映画大好き会社員。副業でいくつか媒体に記事書いてます。 2018年ベストはアンダーザ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/8/2 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 ミステリー・サスペンス おすすめ映画まとめ アクション スパイダーマン:ホームカミング ドラマ ゴジラ キング・オブ・モンスターズ かわいい マーベル

Pick Upピックアップ