映画board

【クリント・イーストウッドの若い頃】下積みから監督デビューまでの出演映画おすすめ10選

クリント・イーストウッドの若い頃のおすすめ出演作品10選(1)

◎半魚人の逆襲(1955年 アメリカ)

『半魚人の逆襲』DVD(販売元:キングレコード)

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/71lmjz%2BJg1L.__AC_SY300_QL70_ML2_.jpg

アマゾンの奥地で捕獲された半魚人ギルマンは、フロリダにある海洋研究所に運ばれる。動物心理学者のファーガソン教授(ジョン・エイガー)は、学生のヘレン(ロリ・ネルソン)とともにギルマンの研究を続けるが、彼がヘレンに好意を抱き始めたことを知った教授は、彼女から引き離す。怒り狂ったギルマンは研究所から脱走してしまう…。

生活のためにさまざまな仕事をしながら俳優を目指していたイーストウッドが、数々のオーディション落選を経てようやく役を手に入れた俳優デビュー作。『大アマゾンの半魚人』(1954)の続編で、当時大流行していた3D映画の一本。『キング・コング』を思わせる「美女と野獣」系のモンスター映画だ。イーストウッドは教授の助手の役で登場する(クレジットなし)。

◎世紀の怪物/タランチュラの襲撃(1955年 アメリカ)

『世紀の怪物/タランチュラの襲撃』DVD(販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51MpSM--1yL.jpg

アリゾナ州の研究所で、食糧不足を解決するために生物を巨大化させる研究が、生物学者のディーマー博士(レオ・G・キャロル)によって行われていた。しかし、博士の助手2名が自ら実験台になった結果、一人は変死しもう一人は錯乱状態に。そして、実験用に飼育されていたタランチュラが巨大化し、暴れ始める…。

『半魚人』シリーズのジャック・アーノルド監督による巨大生物パニック映画で、当時はこの手の作品が大流行していた。本物の蜘蛛を使った特撮は、アナログながら“本物”の持つ不気味さが強烈に伝わってくる。イーストウッドは、クライマックスで怪物を攻撃する空軍機の編隊長役で登場する(いろいろと装備を着けているので分かりにくいが…)。
その後もチョイ役でさまざまな映画に出演したイーストウッドは、本作の3年後に大人気テレビドラマとなる『ローハイド』のロディ役で一気にブレイクし人気スターに。そしてシリーズ後半あたりから、イタリアのセルジオ・レオーネ監督からの依頼で、『荒野の用心棒』(1964)、『夕陽のガンマン』(1965)、『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』(1966)のいわゆる「ドル箱三部作」に出演し世界的にも知名度を上げることに成功した。

◎奴らを高く吊るせ!(1968年 アメリカ)

『奴らを高く吊るせ!』DVD(販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン)

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51SWW266N5L.jpg

牛を輸送していた元保安官でカウボーイのジェド(イーストウッド)は、牛泥棒を追っていたウィルソン元大尉(エド・ベグリー)ら9人の男たちに突然襲われた。ジェドが運んでいたのは、盗まれたものとは知らずに牛泥棒から買った牛だったのだ。彼は釈明も聞き入れられずにリンチを受け、木に吊るされて縛り首にされてしまう。偶然通りかかった連邦保安官のブリス(ベン・ジョンソン)に助けられたジェドはフォート・グラントの町に送られ、フェントン判事(パット・ヒングル)から冤罪を認められた上、判事直属の連邦保安官になるよう勧められる。ジェドは、ウィルソンたちを合法的に裁くために保安官になるが…。

イーストウッドがイタリアでの活躍の後に初めて出演したハリウッド映画で、「ドル箱三部作」で稼いだお金を元手に設立した自身のプロダクション「マルパソ・カンパニー」の第1回作品でもある。まさに“凱旋”を果たした映画だ。ジェドのキャラクターは、『ローハイド』のロディと「ドル箱三部作」の主人公のイメージを合わせたような、まさにおあつらえ向きのものだ。

◎マンハッタン無宿(1968年 アメリカ)

『マンハッタン無宿』DVD(販売元:ジェネオン・ユニバーサル)

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41PZRGPTXFL.__AC_SY300_QL70_ML2_.jpg

アリゾナ州の保安官助手クーガン(イーストウッド)は、同僚からも疎まれるほどの強引な捜査手法を貫く一匹狼。厄介払いしようと考えた上司のマクリー保安官(トム・タリー)は、ニューヨークで逮捕された凶悪犯リンガーマン(ドン・ストラウド)の身柄を引き取ってくるようクーガンに命じる。ニューヨークに到着したクーガンは市警に赴くが、リンガーマンは精神病院に入院中で、釈放の手続きに時間がかかると言う。しばらくはおとなしく待っていたクーガンだが、しびれを切らした彼はリンガーマンを精神病院から強引に連れ出してしまう。しかし、リンガーマンは仲間や情婦たちの手助けて逃亡してしまう…。

後に『ダーティハリー』(1971)など数々の名コンビ作品を生み出すことになるドン・シーゲル監督との初顔合わせとなった作品。クーガンのキャラはまさにハリー・キャラハンの原型とも言える。本作が大ヒットしたためユニバーサル社はイーストウッド主演でテレビシリーズ化を企画したが、まさにその『ダーティハリー』の話が決まったため、設定や主演俳優を変えて製作されたのが『警部マクロード』で、こちらも人気シリーズになった。

【ページをめくる手が止まらない】おすすめ小説30選(2021年版)
次のページ : クリント・イーストウッドの若い頃のおすすめ出演作品10選(2)

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  11枚

Writer info

上妻 祥浩

熊本県出身・在住。地元の新聞・雑誌・テレビ・ラジオ等で新作映画の解説の仕事を行な...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Koutarou Kurimoto

2021/10/04 19:19

試写会行きました!

5

「神在月のこども」

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/10/11 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 アクション 邦画 おすすめ映画まとめ ミステリー・サスペンス ドラマ ホラー スパイダーマン:ホームカミング ゴジラ キング・オブ・モンスターズ コメディ

Pick Upピックアップ