映画board

【『あの頃。』原作者・劔樹人さんインタビュー】日本映画史に残る名シーンを松坂桃李さんが演じてくれた

 

『あの頃。』

 

©2020『あの頃。』製作委員会

 
2021年2月19日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
配給:ファントム・フィルム
©2020『あの頃。』製作委員会
 
 

 
 
映画『あの頃。』の作品紹介はこちら ↓

 
 
映画『あの頃。』の原作である自伝的コミックエッセイ「あの頃。男子かしまし物語」(イースト・プレス)を執筆された劔樹人さんは、1979年5月7日生まれ、新潟県出身。
漫画家、「あらかじめ決められた恋人たちへ」のベーシストであり、過去にはパーフェクトミュージックで「神聖かまってちゃん」や「撃鉄」のマネジメントを担当されていました。
入江悠監督の映画『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴りやまないっ』には 俳優として出演。
さらに、数々のウェブサイトにて漫画コラムを寄稿するなど、幅広く活躍されています。
2014年にエッセイストの犬山紙子さんと結婚し、兼業主夫生活を描いたコミックエッセイ「今日も妻のくつ下は、片方ない。妻のほうが稼ぐので僕が主夫になりました」(双葉社)が話題となり、「主夫の友アワード2018」を受賞。
2020年12月には新作コミック「僕らの輝き ハロヲタ人生賛歌」(イースト・プレス)が発売されました。
 
 

劔樹人さん

 
 

「あの頃。男子かしまし物語」(イースト・プレス)

 
 

「僕らの輝き ハロヲタ人生賛歌」(イースト・プレス)

 
 
――映画『あの頃。』、すごく感動しました。原作者である劔さんはご覧になっていかがでしたか?

◆自分の話なのに、再現性が高くて、こっ恥ずかしいと言うか、照れくさいというのが まずありました。若い頃の話ですしね。出演者の方々のお芝居が素晴らしくて、何とも言いようのない気持ちになりました。本当に良い映画だなぁと思いましたが、僕が良いと言っているのは客観的なのか、ちょっと分からないですね(笑)。

――映画化のオファーが来た時、どんなお気持ちだったか教えていただけますか?

◆最初は、そんなに深刻に受け止められなかったです。あの本自体は、人生であれ以上のことはもうできないんじゃないかという感覚はあったので、自分の本が原作として映像になるというチャンスがあるとしたら、あれしかないだろうなという気持ちはありました。映画化のお話をいただいて本当にありがたかったですが、果たして本当に実現するのかどうかは あまり期待しないでおこう、というのが最初の印象でした。
 
 

【全28作品】映画クレヨンしんちゃんの歴代興行収入ランキング
次のページ : 今泉監督と出会ったきっかけは…

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  20枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経て、1996年にフリーライターに。...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/4/19 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Popular Tags人気のタグ

洋画 アメコミ ミステリー・サスペンス おすすめ映画まとめ マーベル セクシー きれい 邦画 アクション コメディ

Pick Upピックアップ