映画board

「スター・ウォーズ」シリーズの観る順番を公開順や時系列でご紹介!おすすめの順番は?[ネタバレあり]

【スター・ウォーズ】とは?

LOS ANGELES - NOVEMBER 11: CBS Television advertisement as appeared in the November 11, 1978 issue of TV Guide magazine. An ad for THE STAR WARS HOLIDAY SPECIAL which aired on CBS, Friday, November 17, 1978. (Photo by CBS via Getty Images)

『スター・ウォーズ』は、1977年にアメリカで初公開を迎えたSF映画です。
ジョージ・ルーカスが作った世界観を軸に、スペースオペラというジャンルを映画界に定着させた、歴史を作った作品として、いま現在も多くのファンを有する人気シリーズ。
日本では、1978年に第1作目となる『スター・ウォーズ』が公開され、その後3部作を一区切りに、1999年と2015年に新しい三部作が順次公開されました。
それ以外にも、『スター・ウォーズ』のさまざまな登場人物達を主人公にしたスピンオフシリーズなどが展開され、大きな世界観を形成しています。
ストーリーは2019年に公開した、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』で一区切りを迎え、現在では新たなスター・ウォーズとなる新シリーズが、ライアン・ジョンソン指揮の元、製作中。
それ以外にもディズニー・プラスのドラマ作品として、さまざまな登場人物に脚光を集めた物語が公開予定。
初公開から40年以上が経過した現在、その世界観の広がりがより大きなものになり、今も進化を遂げ続けているSF作品、それが『スター・ウォーズ』です。

『スター・ウォーズ』の特徴

UNIVERSAL CITY, CA - OCTOBER 15: Darth Vader speaks onstage during Spike TV's "SCREAM 2011" awards held at Universal Studios on October 15, 2011 in Universal City, California. (Photo by Kevin Winter/Getty Images)

スター・ウォーズの醍醐味は、正義と悪の対決。
正義はジェダイ、悪をシスとなり、彼らは特別な力を持った存在。
その力を”フォース”といいます。
この”フォース”には、常に陰と陽があり、表がジェダイならば、暗黒面となるシスが隣り合わせになっています。
シスの暗黒面に落ちた戦士の多くは、本来ジェダイだった人物も多くおり、まさしく表裏一体の様な関係性なのです。
この因縁が、よりこの作品の重要な部分を形成しており、単純な正義と悪の物語にはなっていない部分も、醍醐味のひとつです。
そして、この”フォース”の力で扱う特有の武器、”ライトセーバー”もスター・ウォーズの特徴となっています。

まず最初に観るべきは、スカイウォーカー・サーガから!

LOS ANGELES - AUGUST 23: The robot R2D2 star and Anthony Daniels (as C3PO) star in the CBS television "THE STAR WARS HOLIDAY SPECIAL." Image dated August 23, 1978. (Photo by CBS via Getty Images)

1977年に公開し、これまで公開されている全ての『スター・ウォーズ』作品は、”スカイウォーカー”という家系をベースにストーリーが展開しています。
それを「スカイウォーカー・サーガ」と名付けられ、時系列が設定されています。
この「スカイウォーカー・サーガ」の本筋のストーリーが1本大きな木の幹の様になっており、そこから枝分かれするようにスピンオフやその他のシリーズが付随する形で形成。
なので、まず、初めに『スター・ウォーズ』 を観るのであれば正史となる映画の本筋となる9作品から。
そしてこの9作品は、全て公開順に観ていくべきなのです。
まず、『スター・ウォーズ』の大きな特徴としては、公開順=時系列でありません。
しかし『スター・ウォーズ』は、公開順でストーリーが保管されていく展開ですので、時系列順だと物語の把握がとても難しいのです。
以下より、『スター・ウォーズ』を公開順に紹介していくので、この記事の紹介順にスターウォーズ各作品を観て行くと、より正しく楽しめるのではないかと思います。

スカイウォーカー・サーガはどの順番で観るのが最適?

スター・ウォーズを理解するためにも、まず見るべき順番である「スカイウォーカー・サーガ」。
単純に、「スカイウォーカー・サーガ」の本筋となる映画でも、9本存在しています。
しかも、前述した通り、この9本を公開順に見ても時系列通りではありません。
では、その順番で観ていけば良いのか…

それは当然、公開順に見ていくのが最適でしょう。

まず、 「スカイウォーカー・サーガ」とはスター・ウォーズで代々受け継がれてきた主人公の家系を表します。
最初の三部作では、ルーク・スカイウォーカーが主人公です。
1999年から始まった新三部作では、ルークの父親となるアナキン・スカイウォーカーが主人公となります。
ここまでの6作品を経て、続三部作となる、レイが主人公になるのですが…
これを時系列で見てしまうと、先に公開していた作品のストーロリーを前提にして進んでいくので、様々な謎が明かされないまま、時代が経過していくこともあるのです。
その為、「スカイウォーカー・サーガ」を見ていくには、劇場公開した順番で鑑賞していくのが、1番最適となるのです。

スター・ウォーズ年表

SINGAPORE, SINGAPORE - JANUARY 29: The Millenium Falcon starship on display at The Star Wars Identities exhibition during a media preview at The ArtScience Museum on January 29, 2021 in Singapore. The Star Wars Identities: The Exhibition will run from January 30 to June 13 and is the final stop of a world tour that has spanned six years. (Photo by Suhaimi Abdullah/Getty Images)

下記にスターウォーズの劇場公開作品を、公開順に並べてあります。
この一覧表は、ストーリーの把握よりもスター・ウォーズがこれまで、どのような歴史を遂げてきたかということに重きを置いてあります。
それ故、一緒にされがちな1997年の特別編も掲載してあります。
ちなみに、この特別編というのは、エピソード1公開前に全シリーズを今の世代のこと阿知にも映画館で見てもらおうと、新しいテクノロジーを駆使して再編集されたもの。
エピソード4〜6までが、1997年に劇場公開されました。
今の時代でいう、デジタルリマスター版と呼ばれるもので、現在視聴する全て媒体で、この特別編をベースに手を加えられたバージョンを使用しています。
なので、1978年殻がじまった当時のバージョンを鑑賞する事は、ほぼありません。
当時のバージョンで発売していたVHSなど、現存するものを探す方が困難と言える状態になっています。
その特別編の掲載に加え、物語の間の時系列を保管するスピンオフも含め、劇場公開作品の全てを一覧で網羅してい流ので、ぜひ鑑賞する順番の参考にしてみてください。

スター・ウォーズ歴代映画公開順一覧

公開年作品タイトルエピソード数監督
1978年スター・ウォーズ/新たなる希望エピソード4ジョージ・ルーカス
1980年スター・ウォーズ/帝国の逆襲エピソード5アーヴィン・カーシュナー
1983年スター・ウォーズ /ジェダイの帰還エピソード6リチャード・マーカンド
1997年スター・ウォーズ/新たなる希望 特別編エピソード4ジョージ・ルーカス
1997年スター・ウォーズ/帝国の逆襲エピソード5アーヴィン・カーシュナー
1997年スター・ウォーズ /ジェダイの帰還 特別編エピソード6リチャード・マーカンド
1999年スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナスエピソード1ジョージ・ルーカス
2002年スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃エピソード2ジョージ・ルーカス
2005年スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐エピソード3ジョージ・ルーカス
2008年スター・ウォーズ/クローン・ウォーズエピソード2後デイブ・フィローニ
2015年スター・ウォーズ/フォースの覚醒エピソード7J・J・エイブラムス
2016年ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーエピソード4前ギャレス・エドワーズ
2017年スター・ウォーズ/最後のジェダイエピソード8ライアン・ジョンソン
2018年ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーエピソード4前ロン・ハワード
2019年スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けエピソード9J・J・エイブラムス

ここからは、各三部作をネタバレを含みあらすじ解説をしていきます。
公開順にそれぞれの作品を、ご紹介!

旧三部作/オリジナル・トリロジー

旧三部作と呼ばれる、1978年から公開された三部作シリーズ。
映像的にはかなり古くテクノロジーも、現代のものとはかなり違うので、古い映画をあまり観ないひとは少し苦手な部分もあるかもしれません。
しかし全てのスターウォーズは、この旧三部作を中心に物語が形成されているので、『スター・ウォーズ』の世界に入るなら、必ず最初に見ておくべきシリーズとなります。
主人公は、三部作通してルーク・スカイウォーカー。
この構図を主軸に、ストーリーが展開する旧三部作です。

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望

スター・ウォーズ

スター・ウォーズ

1977年/アメリカ/121分

作品情報 / レビューはこちら

ルーク・スカイウォーカーがジェダイとしての素質を見出され、かつてのジェダイの騎士オビ=ワン・ケノービと共に宇宙へ飛び出す物語。
ルークとR2-D2やC-3PO、レイア姫救出やハン・ソロの登場など全ての始まりが描かれる作品。
ルーク・スカウォーカーを、マーク・ハミル。
ハン・ソロをハリソン・フォード。
レイア姫を、キャリー・フィッシャー。
多くの俳優が、この作品を機に大ブレイクを果たしています。

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲

スター・ウォーズ 帝国の逆襲

スター・ウォーズ 帝国の逆襲

1980年/アメリカ/124分

作品情報 / レビューはこちら

前作から2年後に公開した、2作品目となる『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』。
エピソード4では、ジョージ・ルーカスが監督していますが、2作品目ではアーヴィン・カーシュナーがメガホンを取ります。
新たなる希望では、帝国が悪、共和国が正義という構図でストーリーが展開。
ここにジェダイとシスという、スターウォーズの代名詞ともなる大きな部分がハッキリと提示されます。
ルークとダース・ベイダーの因縁に、2人は特別な関係であることが明かされる衝撃的な展開が肝となる2作目。
伝説のジェダイマスター、ヨーダの初登場も見どころ。

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還

スター・ウォーズ ジェダイの復讐

スター・ウォーズ ジェダイの復讐

1983年/アメリカ/133分

作品情報 / レビューはこちら

旧三部作が簡潔となる3作目、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』。
ジェダイとシス、ルークとダース・ベイダー、 帝国と共和国、これまで描かれてきた戦いの決着が描かれる作品。
本作に登場する愛らしいキャラクター、イウォーク族のスピンオフ作品もアメリカでは製作されるほどに、大きな反響を生みました。
現代で展開されているスター・ウォーズは、最新作の『マンダロリアン』などはこの作品の後の展開へと続く時系列になります。

新三部作/プリクエル・トリロジー

1999年から始まった、スター・ウォーズ始まりの物語となる新三部作となるシリーズ。
新三部作という呼称になっていますが、時系列的には旧三部作より前の時代の話になります。
これまで幾多にもなる全てのスター・ウォーズ作品の中でも、この新三部作以前の時系列は存在しません。

旧三部作で悪役だったダース・ベイダーことアナキン・スカイウォーカーが、ジェダイの騎士として有望な戦士として見出され、いかにしてダース・ベイダーになって行くのか…
その経緯を描くストーリー。
テクノロジーの進化により、アクロバティックなライトセーバー・バトルや、壮大な世界観など見どころが豊富な新三部作です。

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス

1999年/アメリカ/132分

作品情報 / レビューはこちら

ジェダイマスター、クワイ=ガン・ジンがアナキン・スカイウォーカーのジェダイとしての素質を見出した経緯が描かれる、スカイウォーカーの始まりの物語。
まだ子供となるアナキン・スカイウォーカーをジェイク・ロイドが演じています。
リーアム・ニーソンがクワイ=ガン・ジン、オビ=ワン・ケノービをユアン・マクレガー、アミダラ女王をナタリー・ポートマンが演じ、スターウォーズに新たな風を吹き込んだSFアドベンチャー作品。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃

2002年/アメリカ/142分

作品情報 / レビューはこちら

アナキン・スカイウォーカーが成長し青年となった姿を描く、エピソード2となる『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』。
成長したアナキンを演じるのは、ヘイデン・クリステンセン。
本作の白眉となるのは、ヨーダのライトセーバーバトル。
さらには、史上最大級となる数のジェダイが登場し行われるクローン戦争。
このクローン戦争は、この後に続くアニメシリーズがここから枝分かれします。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐

2005年/アメリカ/141分

作品情報 / レビューはこちら

新三部作の完結編となる『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』は、ついにアナキン・スカイウォーカーがダース・ベイダーになる瞬間が白眉の作品。
兄同然であり師匠のオビ=ワン・ケノービとアナキン、ヨーダとパルパティーンの2つの対峙がクライマックス。
ここから帝国が、エピソード4に向けて勢力を高めて行くことになる重要作品。

続三部作/シークエル・トリロジー

2015年から始まったエピソード7〜9は続族三部作となりスカイウォーカーを中心に展開してきた物語の完結編となるシリーズです。
元々ジョージ・ルーカスは、『スター・ウォーズ』は、9つのエピソードの構想があることを明言していました。
その構想通りのストーリーではないとの意向を示していますが、ジョージ・ルーカスが持つ構想を軸に次なる世代が映画化に着手したシリーズです。
この三部作は、J・J・エイブラムスが主導し製作されたシリーズ作品で、エピソード7と9は、監督も務めています。
エピソード8はライアン・ジョンソンが監督。
この三部作では、デイジー・リドリー演じるレイと、アダム・ドライバー演じるベン・ソロことカイロ・レンを主人公としたストーリー。
その他、ジョン・ボイエガやオスカー・アイザックなどがメインキャラクターを務めます。
旧三部作のメインキャラクターだったレイア姫、ルーク・スカイウォーカー、ハン・ソロなどが、再登場を果たすなど旧三部作ファンにとって、懐かしくもある新シリーズとなりました。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

スター・ウォーズ フォースの覚醒

スター・ウォーズ フォースの覚醒

2015年/アメリカ/136分

作品情報 / レビューはこちら

エピソード7となる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、エピソード6から約30年後からスタートします。
帝国が滅び、平和な世界が訪れたはずの世界でしたが再び帝国に代わるファースト・オーダーが台頭。
再び世界を牛耳ろうとしている中、共和国に代わる組織レジスタンスが辛うじて対抗。
その戦いを軸に、新たなジェダイの騎士となる素質を持つ謎の女性レイが現れる。
出自がわから図、この戦いに巻き込まれていくレイ、彼女は大きな波の渦中に身を投じることに。
スター・ウォーズで育ったJ・J・エイブラムスが監督として、スター・ウォーズファンが唸る作品を見事に作り上げ高評価を獲得している作品です。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

2017年/アメリカ/152分

作品情報 / レビューはこちら

キャリー・フィッシャーやハン・ソロが登場した前作「フォースの覚醒」、今回はついに伝説のジェダイとしてルーク・スカイウォーカーが満を持して登場します。
しかし「フォースの覚醒」にて、さまざまに張り巡らしていた伏線を監督を務めたライアン・ジョンソンがかなりぶち壊し、独自の展開を多く盛り込み、軽い炎上騒動に発展するなど物議を醸した「最後のジェダイ」。
スター・ウォーズファンからは、このエピソード8を正史から外そうというような署名活動に発展する一方、批評家たちからは新しいスター・ウォーズだと大絶賛を受けています。
その結果、ライアン・ジョンソンは評価そのままに、次のシリーズとなる新しいスター・ウォーズの陣頭指揮を任されることになります。
批評家と観客の評価が真逆となった本作ですが、ルークがライトセーバーをついに握るなど胸熱な展開も多く魅せている重要作品であることに変わりはありません。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

2019年/アメリカ/142分

作品情報 / レビューはこちら

続三部作の完結編となるエピソード9に位置付けられている「スカイウォーカーの夜明け」。
エピソード8撮影後に死去したキャリー・フィッシャーは、CGなどのテクノロジーを駆使したり、撮影済みの未カット部分を再使用するなどして出演を果たしています。
事実上、この作品が遺作となる。
そんなレイア姫へのリスペクトが込められている本作は、レイが何者か、これまで暗躍していた悪役が遂に登場するなど最後の戦いが描かれていきます。
エピソード6の舞台だったエンドアも登場するなど、物語は再びジェダイとシスの戦いに陥っていく、堂々の完結編です。

以上、スカイウォーカー・サーガの本筋となる各三部作の解説でした。
次のページでは、時系列順でご紹介します。

『ポンキッキーズ』の人気&おすすめの歌 7選|安室奈美恵も出演してた!
次のページ : 時系列順で観てみる?

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  9枚

Writer info

ユキムラユキオ

映画好きです。とにかく映画が好きなんです。1日1映画鑑賞をモットーに生きてます。

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/2/22 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ ミステリー・サスペンス あの人は今 邦画 かわいい きれい かっこいい ラブロマンス ホラー

Pick Upピックアップ