映画board

【私も一人で喋ってました…】おひとりさまを極める主人公が恋をしてパニックに『私をくいとめて』

『私をくいとめて』


第33回東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」部門 観客賞 受賞

©2020『私をくいとめて』製作委員会


12月18日(金)より全国ロードショー
©2020『私をくいとめて』製作委員会
原作:綿矢りさ「私をくいとめて」(朝日文庫/朝日新聞出版刊)
監督・脚本:大九明子
音楽:髙野正樹
劇中歌:大滝詠一「君は天然色」(THE NIAGARA ENTERPRISES.)
出演:のん 林遣都 臼田あさ美 若林拓也 前野朋哉 山田真歩 片桐はいり/橋本愛
製作幹事・配給:日活
制作プロダクション:RIKIプロジェクト
企画協力:猿と蛇




概要:
2017年、各地でロングラン上映となり、第30回 東京国際映画祭コンペティション部門で観客賞受賞、第27回 日本映画プロフェッショナル大賞で作品賞と主演女優賞をW受賞した『勝手にふるえてろ』。
同作の原作・綿矢りさ&監督・大九明子が再タッグを組んだ最新作『私をくいとめて』は、2020年、第33回 東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」部門で観客賞を受賞し、大きな話題を呼んでいる。


©2020『私をくいとめて』製作委員会



おひとりさまライフをエンジョイしている黒田みつ子(のん)、31歳。
彼女の脳内には“相談役”「A」がいて、人間関係や身の振り方に迷った時、もう一人の自分「A」がいつも正しいアンサーをくれるので、「A」と会話するひとり暮らしは なかなか快適だ。
「A」と一緒の平和な日常がずっと続くと思っていたみつ子。
ところが、年下の営業マン 多田くん(林遣都)に恋をしてしまったみつ子は、彼との距離感がつかめず、悩んでしまう。
恐らく両想いだと思うのだが、確信がない…。
でも、みつ子は「A」と共に一歩前へ踏み出すことにする―。


【祝・TIFF2020 観客賞受賞!】映画『私をくいとめて』本予告 〈12月18日全国ロードショー〉



【2020年以降】実写化が予定されているディズニー映画20作品
次のページ : おひとりさまは快適

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  16枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経て、1996年にフリーライターに。...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ドリーム

2021/01/19 16:03

天外者

5

「天外者(てんがらもん)」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/1/18 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ ミステリー・サスペンス かっこいい かわいい きれい ホラー ファッション ラブロマンス マーベル

Pick Upピックアップ