映画board

【ライター厳選】今、注目度上昇中!2021年に「さらなる活躍に期待の女優」8選

※五十音順

1. 石橋静河

1994年7月8日生まれ。東京都出身。
コンテンポラリーダンサーとして活動を開始し、女優としても映画や舞台などで活躍。
主演を務めた2017年の映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』や『きみの鳥はうたえる』などに出演し、存在感を発揮。
2020年は、映画『37セカンズ』『人数の町』『ばるぼら』などに出演。
テレビドラマ「この恋あたためますか」や、FODとAmazon Prime Videoで配信のドラマ「東京ラブストーリー」でヒロイン・リカを演じるなど、幅広いフィールドで活躍しました。

今後公開予定の出演映画

2021年は映画『あのこは貴族』などへの出演が控えています。

映画『あのこは貴族』

山内マリコの小説「あのこは貴族」を門脇麦、水原希子をキャストに迎え映画化。
異なる生き方をしてきた女性2人が出会い、それぞれの人生を切り拓いていく物語。
石橋静河は、本作でプロバイオリニストの役を務めています。

あのこは貴族

あのこは貴族

2020年/日本/124分

作品情報 / レビューはこちら

2. 伊藤沙莉

1994年5月4日生まれ。千葉県出身。
子役として2005年のテレビドラマ「女王の教室」などに出演。
近年は様々な映画やテレビドラマでバイプレーヤーとして活躍、若手個性派女優として高い評価を受けています。
高い演技力で存在感を発揮し、映画『劇場』や『ステップ』など、2020年公開の作品だけで9本の映画に出演。
2020年11月には自身が主演する映画『タイトル、拒絶』も公開となり、今最も勢いのある女優の1人です。

2020年に公開された主な出演映画

映画『劇場』や『タイトル、拒絶』など2020年に公開された主な出演映画をご紹介します。

映画『劇場』

又吉直樹のベストセラー小説「劇場」を、山﨑賢人主演、松岡茉優をヒロインに迎え、映画化。
演劇の世界に生きる主人公・永田と、永田を支える彼女・沙希の、夢と恋を温かくもほろ苦く描いています。
本作で伊藤沙莉は、永田を見守る友人・青山を演じました。

劇場

劇場

2020年/日本/136分

作品情報 / レビューはこちら

映画『ステップ』

重松清の同名小説を映画化。
妻を亡くした男性とその娘の「再出発」を描く、ハートフルストーリー。
個性的な役柄を多く演じてきた山田孝之が、等身大の男性を演じたことでも注目を集めた一作です。

ステップ

ステップ

2020年/日本/118分

作品情報 / レビューはこちら

映画『タイトル、拒絶』

セックスワーカーとして生きる女性たちの人間模様とそれぞれの人生を描いた一作。
本作で伊藤沙莉は、デリヘル嬢たちの世話係である主人公を演じています。
伊藤紗莉のほか、恒松祐里や佐津川愛美、片岡礼子、でんでんなど、実力派キャストが多数出演。

タイトル、拒絶

タイトル、拒絶

2019年/日本/98分

作品情報 / レビューはこちら
平成・令和 仮面ライダー歴代ヒロイン女優 人気ランキングTOP10
次のページ : 歌唱力も魅力!話題のドラマに出演したあの女優

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

Lady RED

映画サイトやWEBメディアなどの媒体で記事を執筆しています。 ありふれた日常を切り...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

ユキノナーニー

2021/04/03 19:53

私はイマイチ!

3

「あのこは貴族」

2021/03/26 05:32

4

「アウトポスト」

清水久美子 Kumiko Shimizu

2021/03/11 23:12

女性同士で争う必要はない

5

「あのこは貴族」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/4/5 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ セクシー ミステリー・サスペンス アメコミ 邦画 マーベル ドラマ アクション きれい

Pick Upピックアップ