映画board

【ラストの長回しの表情が全てを物語る】5日間の恋が一生消えない熱を心に残す『燃ゆる女の肖像』

『燃ゆる女の肖像』


第33回東京国際映画祭 特別招待作品
 


12月4日(金) TOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマ 他全国順次公開
© Lilies Films.
配給:ギャガ
出演:アデル・エネル(『午後8時の訪問者』)、ノエミ・メルラン(『不実な女と官能詩人』)
監督・脚本:セリーヌ・シアマ(『水の中のつぼみ』)

原題:Portrait de la jeune fille en feu/英題:PORTRAIT OF A LADY ON FIRE/2019/フランス/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/122分/字幕翻訳:横井和子 <PG12>




概要:
世界の映画賞44受賞、125ノミネートを果たし、第72回カンヌ国際映画祭脚本賞&クィア・パルム賞受賞。
シャーリーズ・セロン、グザヴィエ・ドラン、ブリー・ラーソンらが絶賛する大注目作。
監督は本作が長編映画4作目のセリーヌ・シアマ。
輝かしい受賞歴を誇るシアマ監督は脚本も担当。
監督の元パートナーで、セザール賞2度受賞のアデル・エネルを主演の一人であるエロイーズ役に抜擢し、彼女との別離の後に、アデルに新境地を開いてほしいと、エロイーズ役をあて書きしたという。
もう一人の主演・マリアンヌを演じるのは、本作でセザール賞にノミネートされたノエミ・メルラン。

18世紀、フランス。
画家のマリアンヌは、ブルターニュの孤島で暮らす伯爵婦人(ヴァレリア・ゴリノ)から、娘のエロイーズの見合いのための肖像画を頼まれる。
だが、エロイーズは結婚を拒み、画家が来ても肖像画を描かせないように顔を隠すため、マリアンヌは“散歩相手”としてエロイーズと行動を共にし、密かに肖像画に取り組むことに。
絵を完成させたマリアンヌは、真実を知ったエロイーズから出来栄えを否定される。
描き直すと決めたマリアンヌに、意外にもモデルになると申し出るエロイーズ。
伯爵夫人がマリアンヌに、描き直すために与えた日数は5日。
キャンバスを挟んで見つめ合い、美しい島を共に散策し、音楽や文学について語り合う内に、マリアンヌとエロイーズは惹かれ合っていくが…。




子どもと一緒に観たい!Hulu フールーでおすすめの面白い映画 ランキングTOP25
次のページ : 静かで、情熱的な恋

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  13枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経て、1996年にフリーライターに。...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

かいちゅん

2021/01/25 13:20

天外者

5

「天外者(てんがらもん)」

ドリーム

2021/01/19 16:03

天外者

5

「天外者(てんがらもん)」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/1/25 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

好きな映画のジャンルは?

好きな映画のジャンルは?
SF
アクション
クライムサスペンス
コメディ
青春
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
ファンタジー
ホラー
ミステリー
ミュージカル
ラブロマンス
戦争
歴史
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 ミステリー・サスペンス おすすめ映画まとめ あの人は今 きれい ホラー かっこいい ラブロマンス ファッション アン・ハサウェイ

Pick Upピックアップ