映画board

【2019年、注目すべき俳優】『愛唄 ー約束のナクヒトー』飯島寛騎 単独インタビュー

『愛唄 ー約束のナクヒトー』
1月25日(金) 全国公開
© 2018「愛唄」製作委員会
出演:横浜流星 清原果耶 飯島寛騎 成海璃子 財前直見 富田靖子 中山美穂
監督:川村泰祐
脚本:GReeeeNと清水匡
音楽:GReeeeN
主題歌:GReeeeN「約束 × No title」(ユニバーサル ミュージック)
配給:東映
 
 

 
 
概要:
2017年に大ヒットを記録した映画『キセキ ーあの日のソビトー』のチームが新たに贈る青春物語。
脚本のGReeeeNと清水匡が実話エピソードから着想を得て、名曲「愛唄」に込められたメッセージと同じ想いで描いた新たな物語。

ある日、自分の人生のタイムリミットを突然告げられたトオル(横浜流星)は失意の中、元バンドマンの旧友・龍也(飯島寛騎)との再会と、偶然見つけた“詩”との出逢いによって、生きる勇気をもらう。
そして、トオルは運命の少女・凪(清原果耶)と出会い、今を夢中で生きることの意味を彼女から教わるのだが…。

※“ナクヒト”とは:泣く人。涙するほど全力な人のこと。 GReeeeNによる造語。
 
 

 
 
1996年生まれ、北海道出身の飯島寛騎さんは、2015年の「第28回ジュノンスーパーボーイコンテスト」でグランプリを受賞し、翌年「仮面ライダーエグゼイド」の宝生永夢/仮面ライダーエグゼイド役で主演デビューを飾りました。
2017年、男性エンターテイメント集団「男劇団青山表参道X」の一員となり、旗揚げ公演の「SHIROTORA~beyond the time~」で主演を務め、公開待機作には『PRINCEOF LEGEND』などもある、2019年、最も注目したい若手俳優の一人です。

『愛唄 ー約束のナクヒトー』では、ストーリーを大きく動かす、主人公の生涯の友・坂本龍也を演じており、歌とギターに初挑戦しています。

今回は、長年、東映・特撮シリーズ出身俳優に注目してきた私・清水が、飯島寛騎さんに単独インタビューし、たっぷりとお話を伺ってきました。
 
 

 
 
――龍也を演じることが決まった時、どう思いましたか?

◆今までに演じたことがない役柄だったので、これは自分の新しい壁を打ち破るチャンスだと思いました。でも、もちろん簡単なことではなく、いろいろな壁にぶち当たりましたし、この映画のメッセージを伝えるために龍也としてどうしたらいいのだろうかと悩んだりもしました。音楽も全く初めてだったので、準備には結構苦労しました。

――公開を控えて、今のお気持ちは?

◆たくさんの苦労があったからこそ、早く公開して、みなさんに見てほしい気持ちでいっぱいです。撮り終わってすぐに、プロデューサーに「まだ公開じゃないんですかね?」と言ってしまったくらいです(笑)。スタッフ・キャスト全員が早く公開してほしいと思っているような素晴らしい作品だと思うので、早く見てほしいです!
 
 

次のページ : トオル役の横浜流星さんが…

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  9枚

Writer info

清水久美子 Kumiko Shimizu

メーカーOL、洋楽誌アシスタント、パソコン誌編集を経て、1996年にフリーライターに。...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

board作品へのコメント

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2019/7/8 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

ボヘミアン・ラプソディ セクシー おすすめ映画まとめ 編集部選(おすすめ映画特集) シンクロナイズドモンスター プレステージ(2006) かわいい サンドラ・ブロック 3D彼女 リアルガール ブレックファスト・クラブ

Pick Upピックアップ