映画board

【ネタバレ】映画『AKIRA』あらすじ&解説!未来を予測?原作漫画とどう違う?

『AKIRA』あらすじ

2019年、ネオ東京。
第三次世界大戦により壊滅した東京は、復興を遂げ新たな都市へと急速に発展を遂げる。しかし、反政府ゲリラと軍(アーミー)の衝突や無法者たちの増加により治安は急激に悪化。猥雑で混沌とした街となっていた。

暴走族のリーダー金田はある夜、仲間と共に敵対するチームとの攻防を繰り広げ、警察にも追われることとなる。
その最中、仲間の一人で幼馴染でもある鉄雄が奇妙な子ども(タカシ)と接触して事故を起こし、突如現れた軍によって連れ去られてしまう。

謎の研究施設で目覚めた鉄雄は自分の中に強い力が芽生えていることに気付く。これまで金田の庇護にあったことに劣等感とコンプレックスを感じていた鉄雄は、その強大な力に心酔していく。

実は、軍は長年不思議な力を持つ子どもを施設に収容し制御する研究を進めていた。
博士は鉄雄の力が、かつてその強大な力で東京を壊滅させた実験体「アキラ」と同程度の力を有しているとして支配下に置こうとするが、能力者であるタカシ、マサル、キヨコは、彼の力が危険なものであることに感づいていた。

やがて、金田は鉄雄の行方を追って反政府ゲリラのケイらとともに研究施設に侵入し、鉄雄と再会。しかし、鉄雄は再会を喜ぶどころか金田に憎悪の言葉を投げつける。
そして「アキラ」がオリンピックスタジアムの地下に眠っていると知り、彼を目覚めさせようと施設を脱出するのだった。

変わってしまった鉄雄の様子に困惑する金田は、鉄雄が暴走族の仲間にまで手をかけたと知り、彼を止める決意をする。

一方、「アキラ」を目覚めさせまいとする軍は軍事衛星「SOL」を起動させ鉄雄を止めようとするが、それをきっかけに鉄雄はますます力を増幅させ暴走していく。
混乱に陥ったネオ東京の運命は……。

大友克洋監督が自身の連載漫画を破格の予算をかけて映画化した、ジャパニメーションの傑作。

AKIRA

AKIRA

1988年/日本/124分

作品情報 / レビューはこちら
【ページをめくる手が止まらない】おすすめ小説30選(2021年版)
次のページ : ある描写が「未来を予測している!」として話題に

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  1枚

Writer info

ナオミント

ただの映画好き三十路主婦。2児の母。好きなジャンルはホラーコメディ、ダークファン...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/7/19 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ ドラマ アクション かわいい ミステリー・サスペンス ゴジラ キング・オブ・モンスターズ スパイダーマン:ホームカミング マーベル

Pick Upピックアップ