映画board

第33回東京国際映画祭観客賞は『私をくいとめて』大九明子監督パワハラもジェンダー差別もくいとめたい!

第33回東京国際映画祭が閉幕

10月31日(土)から11月9日(金)の10日間の日程で開催されていた第33回東京国際映画祭が閉幕しました。本年度は、コロナ禍で審査員などの映画関係者の来日が難しいためコンペティション部門を開催せず、観客賞のみが決定。

TOKYOプレミア2020部門のエントリーされた32作品の中から、観客の投票により決定する観客賞。劇場で鑑賞した観客が、4段階の評価を投票し、一番評価の高かった作品が受賞する形です。

観客賞は、大九明子監督作、のん主演映画『私をくいとめて』に決定しました。

観客賞は大九明子監督『私をくいとめて』

©2020『私をくいとめて』製作委員会 / ©2020 "Hold Me Back"film partners

監督:大九明子
原作:綿矢りさ
キャスト:のん、林 遣都、橋本 愛、臼田あさみ、片桐はいり、若林拓也

大九明子監督の受賞コメント

観客賞をいただくのは第30回の『勝手にふるえてろ』以来2度目となります。有難うございます。3年前とは世界はまったく変わってしまいました。各国の映画祭が、リモートで開催されている中、東京国際映画祭は、劇場で実際に映画を見るというリアル開催を実現させたことは素晴らしいと思います。外出がまだまだ不安な中、チケットを買って劇場で鑑賞してくださった観客の皆様に感謝を申し上げます。

©2020 TIFF

主演女優のんの受賞コメント

観客のみなさんに応援していただいて、スタッフを代表して感謝を伝えたいです。個人的なことですが、私にとっての何年ぶりかの主演映画となります。大九監督に呼んでいただいて、参加させていただいて喜びでいっぱいです。映画と言うのは、観客のみなさんに見ていただいて初めて完成するものだと思います。今回この観客賞を大切に受け止めたいです。映画は12月18日に全国公開されますので、たくさんの方に見ていただけるように盛り上げて頑張ってきたいです。

©2020 TIFF

『私をくいとめて』は12月18日(金)公開

私をくいとめて

私をくいとめて

2020年/日本/133分

作品情報 / レビューはこちら
【ランキングboard】あなたが選ぶナンバーワンは?
次のページ : 受賞者記者会見で大九明子監督とのんさんが語った言葉

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  11枚

Writer info

峯丸ともか

映画&海外ドラマライター。映画の感想や良いところを分かりやすくレビューできればう...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

甲斐琴乃

2021/12/05 06:39

懐かしい

3

「超少女REIKO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2022/1/17 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 おすすめ映画まとめ アクション ドラマ ミステリー・サスペンス イラスト ホラー かわいい ラブロマンス

Pick Upピックアップ