映画board

監督のひとことで主演のプレッシャーを跳ね除けた『ミセス・ノイズィ』主演・篠原ゆき子インタビュー

本作は天野千尋監督が構想に3年かけたオリジナル脚本です。第32回東京国際映画祭・スプラッシュ部門のワールドプレミアで大反響を呼び、劇場公開が熱望されていました。
主演の篠原ゆき子は本作の好演で第59回アジア太平洋映画祭主演女優賞を受賞。また、隣人夫婦役をオーデション選出の大高洋子と宮崎太一が演じ、存在感のある芝居を見せます。真紀の娘には「パプリカ」を歌う人気ユニット「Foorin」のメンバー“ちせ”こと、新津ちせ。母と隣人主婦を繋ぐ重要な役を見事に演じ切りました。
「SNS炎上」は誰の身にも起こり得ること。社会事情も絡みつつ、思わぬ方向に事態が進んでいくサスぺンスフルな展開に最後まで目が離せません。

<あらすじ>

小説家の吉岡真紀(篠原ゆき子)は出産以来、何年もスランプに陥っていた。引越しをして心機一転がんばろうとしていた矢先、けたたましい騒音に襲われる。それは隣の住人・若田美和子(大高洋子)が朝早くから布団を叩く音だった。嫌がらせは日に日に激しくなり、真紀のストレスは溜まっていき、執筆は一向に進まない。おかげで家族ともギクシャクし、心の平穏を奪われていく。真紀は美和子を小説のネタに書くことで反撃に出た。
しかし、それは予想外の事態を巻き起こしてしまう。2人のケンカは日増しに激しくなり、家族や世間を巻き込んでいき、やがてマスコミを騒がす大事件へと発展していった。果たして、この不条理なバトルに決着はつくのか。

おうちでの幼児英語教育ならアメリカNo.1「Rakuten ABCmouse」が今おすすめ(PR)
次のページ : 監督の「篠原さんの声なら、この作品がシリアスになりすぎない」という言葉が自信に

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  10枚

Writer info

ほりきみき

映画の楽しみ方はひとそれぞれ。ハートフルな作品で疲れた心を癒したい人がいれば、勧...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

パリピ あゆみ

2021/03/01 15:47

北川景子

1

「ファーストラヴ(2021)」

パリピ あゆみ

2021/03/01 15:46

良かった❤

4

「映画 えんとつ町のプペル」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/3/1 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 邦画 かっこいい きれい ミステリー・サスペンス ホラー かわいい アメコミ ラブロマンス

Pick Upピックアップ