映画board

心に響くSF映画3選

①『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)

https://www.imdb.com/title/tt0086190/mediaviewer/rm602420224?ref_=tt_ov_i

作品情報・あらすじ

公開:1983年
製作国:アメリカ
監督:リチャード・マーカンド
出演:マーク・ハミル/ハリソン・フォード/キャリー・フィッシャー/アンソニー・ダニエルズ/ビリー・ディー・ウィリアムズ/イアン・マクダーミド ほか

遠い昔、はるか彼方の銀河系で・・・。
ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)は、卑劣な悪党ジャバ・ザ・ハットに囚われの身となっている盟友ハン・ソロ(ハリソン・フォード)を救出するべく故郷の惑星タトゥイーンへと戻った。
だが、ルークの知らぬ間に銀河帝国は秘密裏に新たな宇宙要塞の建造に着手していた。
それはあの恐るべき初代デス・スターをはるかに上回る強力な装備を持っていた。
この究極兵器が完成してしまったら銀河系に再び自由をもたらすため戦い続けている少数の反乱軍はひとたまりもなく壊滅してしまうだろう・・・。

予告編・見どころ

「スター・ウォーズ:旧3部作」の完結編となったのが、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』。
当初は、『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』という邦題だったのも記憶に新しい。
筆者の個人的な印象としては、この「スター・ウォーズ:旧3部作」は、ナチスドイツへのユダヤ人の抵抗と重ねて描いているように感じ、全体的な戦争描写が非常にリアル。
そういったことから、SFというジャンルでありながら、戦争が残した傷跡にどこか心を掴まれているように感じさせるのです。
そもそも「スター・ウォーズ」は戦争を描いているため、当たり前なのですが、一種の戦争映画として鑑賞すると、より心に響くことでしょう。
ちなみにダース・ベイダーのベイダーは、ドイツ語で父という意味でもあります。

Netflixで見られるおすすめの冒険映画 10選|今こそ、“冒険”しよう。
次のページ : 恐竜と人間の絆

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  4枚

Writer info

かげろうお銀

その昔、女優として幾つかの舞台に立ち、ニューヨークで演技講師をしていました。現在...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

えいこ

2020/11/20 08:33

ばるぼら

4

「ばるぼら」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/11/24 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 アン・ハサウェイ ミステリー・サスペンス おすすめ映画まとめ インタビュー マーベル カメラを止めるな! 名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト) バイオハザード コットンクラブ

Pick Upピックアップ