映画board

撮影技術と美術、衣装、メイクのコラボレーションを楽しんでほしい『スパイの妻』黒沢清監督インタビュー

<作品概要>

日本を代表する映画監督であり、世界中にファンを持つ黒沢清の最新作。黒沢自身と濱口竜介(『寝ても覚めても』)、野原位(『ハッピーアワー』脚本)の3人が脚本を務めた。

主演は日本アカデミー賞をはじめ、数々の受賞歴を誇る、実力派女優・蒼井優。儚げでいて芯の強さを持ち、狂気にも近い想いを持って夫を愛し抜く聡子を圧倒的な存在感で演じている。

『ロマンスドール』に続き、蒼井と夫婦を演じるのは高橋一生。スリーピースに身を包み、聡明で正義の遂行のためには手段を選ばぬ優作を魅力的に体現した。

脇を固める俳優たちも実力派が揃った。黒沢組常連となりつつある東出昌大、出演作が数多く控える注目俳優・坂東龍汰のほか、恒松祐里、みのすけ、玄理、そして笹野高史が激動の時代に抗う夫婦を取り巻く人物として、個性豊かに彩っている。

本作は、第77回ヴェネチア国際映画祭にて銀獅子賞(監督賞)を受賞した。

©2020 NHK, NEP, Incline, C&I

<あらすじ>

時代は少しずつ、戦争の足音が日本に近づいてきた1940年。聡子(蒼井優)は貿易会社を営む福原優作(高橋一生)とともに、神戸で洒脱な洋館で暮らしていた。身の回りの世話をするのは駒子(恒松祐里)と執事の金村(みのすけ)。愛する夫とともに生きる、何不自由ない満ち足りた生活を送っていた。

ある日、優作は物資を求めて満州へ渡航する。満州では野崎医師(笹野高史)から依頼された薬品も入手する予定だった。優作と福原物産で働く優作の甥・竹下文雄(坂東龍汰)は赴いた先で偶然、衝撃的な国家機密を目にしてしまう。2人は現地で得た証拠と共にその事実を世界に知らしめる準備を秘密裏に進めていた。

一方で、何も知らない聡子は、幼馴染でもある神戸憲兵分隊本部の分隊長・津森泰治(東出昌大)に呼び出され、夫の不義を匂わせる話を聞かされた。今まで通りの穏やかで幸福な生活が崩れていく不安。存在すら知らない女をめぐって渦巻く嫉妬。優作は何を隠しているのか。聡子はある決意を胸に、行動に出た。

ハロウィンに子どもと見たい!怖くないアニメ映画のおすすめ10選
次のページ : 8Kのよさはきめの細かさ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  13枚

Writer info

ほりきみき

映画の楽しみ方はひとそれぞれ。ハートフルな作品で疲れた心を癒したい人がいれば、勧...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

えいこ

2020/11/20 08:33

ばるぼら

4

「ばるぼら」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/11/24 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Presentプレゼント

ご応募はこちら

Popular Tags人気のタグ

洋画 アン・ハサウェイ ミステリー・サスペンス おすすめ映画まとめ インタビュー マーベル カメラを止めるな! 名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト) バイオハザード コットンクラブ

Pick Upピックアップ