映画board
人気

おすすめスプラッター・グロ映画5選!これを見ればグロ耐性爆上がり!?

ザ・フライ

ザ・フライ

ザ・フライ

1986年/アメリカ/96分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
物質移動と遺伝子組みかえの研究をしている科学者のセス・ブランドル(ジェフ・ゴールドブラム)は、エレクトリック展覧会の会場で科学雑誌の女性編集者ヴェロニカ・クエイフ(ジーナ・デイヴィス)と知り合った。ブランドルは彼女を自宅兼研究室に招き、研究中のテレポッドを披露した。テレポッドとは物質転送装置で、生き物の場合は解体と再生により遥か離れた場所に移動できるという画期的な発明だった。ヴェロニカはスクープ記事にしたいと言ったが、発表するには早すぎるとして、ブランドルはそれを止めた。ヴェロニカは最近まで上司の編集長ボーランズ(ジョン・ゲッツ)と恋愛関係にあったが、ブランドルの真面目な研究態度に徐々に惹かれはじめ、やがてベッドを共にする仲になった。テレポッドの実験は大詰めの段階を迎え、ヒヒを転送したが失敗し、ヒヒは肉塊と化した。その時、電子部品がブランドルの背中に突きささり切り傷をつけてしまった。数日後、ボーランズはテレポッドを記事にしてしまい、腹を立てたブランドルはテレポッドに入り自分の肉体を使って転送実験を行なった。その時、テレポッドの中に蝿が1匹入ったのに気がつかなかった。転送は見事に成功したかにみえたが、その夜以降、ブランドルの生活と肉体に異変が生じはじめた。

出典元:https://eiga-board.com/movies/3841

難解なホラーを撮ることが多い巨匠デヴィッド・クローネンバーグの作品の中で、もっとも分かりやすく、そしてグロい映画。そして一番エモく泣ける映画でもある。

1958年の『蠅男の恐怖』のリメイクだが、約30年の時を経て、アカデミー賞も受賞したクリス・ウェイラスとステファン・デュプイの圧巻の特殊メイクで、蠅と遺伝子レベルで人間が融合したらこうなるというのを徹底的にエグぐ見せつけてくる。

有名な蠅男状態の主人公が出てくるのはクライマックスまで待つことになるが、それまでにも蠅遺伝子のおかげでいったん超人化した主人公が、酒場で腕相撲した相手の腕を骨が出るまで折ったり、ヒロインが妊娠して巨大なワーム状の虫を生む悪夢を見るなど、クローネンバーグらしい嫌~なゴア・グロ描写が続く。
本作が優れているのは主人公がたどる姿の悲惨さがそのまま彼の失敗の悲哀に直結し、それでも最後まで彼を人間として愛そうとするヒロインとの純愛も際立つようになっている点。

主演のジェフ・ゴールドブラムは名演を見せているほか、そもそもの顔がちょっと蠅っぽいのもはまり役といえた。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BYmQwYTNhNDItZTYwYi00Yzk1LWEwODMtZDM1OTkxNTkwMjIwXkEyXkFqcGdeQXVyOTc5MDI5NjE@._V1_SX1777_CR0,0,1777,962_AL_.jpg

【観て損なし!】出会ってよかったと満足できるおすすめアニメ50選 (2021年版)
次のページ : ファミリー・ウォーズ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  6枚

Writer info

whitestonetaichi

映画大好き会社員。副業でいくつか媒体に記事書いてます。 2018年ベストはアンダーザ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

Koutarou Kurimoto

2021/10/04 19:19

試写会行きました!

5

「神在月のこども」

ひろぴ

2021/09/15 14:56

日本人は先祖の国籍

4

「GO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2021/10/11 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 おすすめ映画まとめ 邦画 アクション ドラマ ミステリー・サスペンス スパイダーマン:ホームカミング ホラー ゴジラ キング・オブ・モンスターズ コメディ

Pick Upピックアップ