映画board

泣ける&サスペンス『望み』:“加害者の親”と呼ばれた父親の葛藤を描いた、壮絶な家族ドラマ!

『望み』

望み

望み

2020年/日本/108分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ

建築家の石川一登は、自身でデザイン設計した邸宅と、隣に事務所を構え、自宅で校正の仕事をして仕事と家事を両立している妻の貴代美、高校生の息子・規士、私立に進学予定の中学生の娘・雅と暮らし、何不自由ない理想的な暮らしをしていました。
しかし、ある日、息子の規士が家を出た切り帰ってこず、連絡も途絶えてしまいます。
ニュースでは、規士の同級生が殺害され、犯人は逃亡中だと報道がありました。
さらに、一登と貴代美は、家に訪れてきた刑事に、規士の行先について等を質問されますが、事件の詳細については教えてはもらえませんでした。
詳しい状況を知ろうとする貴代美は、記者内藤重彦からインタビューを条件に情報を聞きます。
事件当日、被害者の他に現場には3人の高校生がいて、彼らのうち誰かが犯人ではないかという事、そしてその3人の中に規士がいる事を知らされるのでした。

息子は人を殺したのか?
疑惑が深まり、事実が明らかになる前から、一登たち家族はマスコミや世間の厳しい目に晒されていきます。

(C) 2020「望み」製作委員会

『望み』10月9日(金)全国ロードショー

出演:堤真一 石田ゆり子 岡田健史 清原果耶 加藤雅也 市毛良枝 松田翔太 竜雷太
監督:堤幸彦
原作:雫井脩介「望み」(角川文庫刊) 脚本:奥寺佐渡子
配給:KADOKAWA

(C) 2020「望み」製作委員会

原作紹介

原作は、ミステリー作家・雫井脩介の同名小説。
雫井脩介は、2004年刊行の『犯人に告ぐ』で、2004年版「週刊文春ミステリーベスト10」の第1位に選ばれ、2005年には第7回大藪春彦賞を受賞。豊川悦司主演で映画化もされ、話題となりました。
その他、『クローズド・ノート(2006年刊行)』が行定勲監督によって映画化。最近では『検察側の罪人(2013年刊行)』が、木村拓哉と二宮和也のダブル主演で映画化され、大ヒット。
2019年には、『仮面同窓会(2014年刊行)』がドラマ化され、フジテレビ系列で放送されました。

犯人に告ぐ

犯人に告ぐ

2007年/日本/117分

作品情報 / レビューはこちら
クローズド・ノート

クローズド・ノート

2007年/日本/138分

作品情報 / レビューはこちら
検察側の罪人

検察側の罪人

2018年/日本/123分

作品情報 / レビューはこちら

『望み(2016年刊行)』は、20部超えのベストセラー小説で、2016年版「週刊文春ミステリーベスト10【国内部門】」9位にランクインしました。

【観て損なし!】出会ってよかったと満足できるおすすめアニメ50選 (2021年版)
次のページ : 疑惑と葛藤で混沌とする家族たち

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  11枚

Writer info

itoimiki

海外ドラマboardでもライターをしています。 映画、ドラマ、舞台の企画プロデューサ...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

Review最新のレビュー

甲斐琴乃

2021/12/05 06:39

懐かしい

3

「超少女REIKO」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2022/1/24 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

洋画 邦画 ラブロマンス ミステリー・サスペンス かわいい おすすめ映画まとめ アクション ドラマ アニメ イラスト

Pick Upピックアップ