映画board

クリストファー・ノーラン監督はアカデミー賞のルールを変えた!|映画『TENET テネット』

映画『TENET テネット』のウィスプ

クリストファー・ノーラン監督はアカデミー賞のルールを変えた!

解説

クリストファー・ノーラン監督作「ダークナイト」は、世界中で大ヒットして多くの批評家から絶賛されました。しかし第81回アカデミー賞では助演男優賞と音響編集賞の2部門を受賞しただけで、作品賞ではノミネートすらされませんでした。アカデミー賞では元々アメコミムービーに対して厳しいジャッジを下すのが通例でしたが、ダークナイトが作品賞候補にならないのはおかしいとマスコミや映画ファン達から批判が出たのです。

その結果より多くの映画が作品賞候補になるようにと、映画芸術アカデミーは翌年からアカデミー作品賞の候補枠を5作品から最大10作品に拡大しました。クリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」がアカデミー賞のルールを変えたのです。

作品紹介

ウクライナのオペラハウスで勃発したテロ事件を解決するため、特殊部隊の隊員である名もなき男(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は館内に突入しますが、仲間を救うために身代わりとなって捕らえられ毒薬を飲まされます。しかしその薬は何故か鎮痛剤にすり替えられていました。目を覚ました名もなき男は、未来からやってくる敵と戦い世界を救うというミッションをフェイと名乗る人物から言い渡されるのですが…。

クリストファー・ノーラン監督の作品は難解だとよく言われますが、本作も未来が逆行するという入り組んだ物語や複雑な状況に戸惑う場面があります。しかしノーラン監督は以前、自分の映画を一言で言うならば「funny/おかしい、こっけい」だと語っています。「TENET テネット」では自身の過去作からのセルフオマージュシーンを取り入れるなどの遊び心ある場面もあり、本作はブロックバスタームービー好きなノーラン監督ならではのエンタメ作品となっています。

-----

『TENET テネット』9月18日(金)公開

監督・脚本・製作:クリストファー・ノーラン 
製作:エマ・トーマス 製作総指揮:トーマス・ヘイスリップ
出演:ジョン・デイビッド・ワシントン、ロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキ、ディンプル・カパディア、アーロン・テイラー=ジョンソン、クレマンス・ポエジー、マイケル・ケイン、ケネス・ブラナー
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト:http://tenet-movie.jp
オフィシャルTwitter:https://twitter.com/TENETJP #TENETテネット

その他のウィスプはこちらから!

「コトブキツカサのウィスプ」一覧 | 映画board

コトブキツカサ

73年静岡県生。映画パーソナリティとしてTV,ラジオ、雑誌などで活躍中。年間映画鑑賞数は約500本。その豊富な知識を活かし日本工学院専門学校 放送・映画科非常勤講師を務める。

平成・令和 仮面ライダー歴代ヒロイン女優 人気ランキングTOP10

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

この記事の画像  2枚

Writer info

映画board編集部

今日見る映画が見つかる。 映画boardは映画に関連するニュースや作品情報、レビュー...

more

Recommend関連記事

この記事について報告する

ますかた一真の映画 星占い - 今週の運勢

Review最新のレビュー

かにこ

2020/10/20 22:47

安堵した

3

「空に住む」

Comment記事へのコメント

Ranking動員数ランキング

2020/10/26 更新

映画動員数ランキングへ

Popular人気記事&コンテンツ

Weekly Vote今週の対決

投票する

Pollアンケート

あなたの好きな映画の見かたは?

あなたの好きな映画の見かたは?
絶対、字幕版
どちらかというと字幕版
どちらも観る
どちらかというと吹替版
絶対、吹替版
アンケートに答える

Official SNS公式SNS

PR Storyいま読みたい記事

Popular Tags人気のタグ

おすすめ映画まとめ 洋画 アベンジャーズ/エンドゲーム ミステリー・サスペンス セクシー アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー ランキング ワンダー 君は太陽 最強のふたり 邦画

Pick Upピックアップ